気分屋な彼氏との上手な付き合い方。隠れた心理と対処法教えます!

仲良くしたい
スポンサーリンク

機嫌のいいときはいい人だけど、急に不機嫌になってコロコロ態度が変わる。

気分屋な彼氏に振り回されて、疲れてしまった経験はないですか?

今回は、気分屋な彼氏の特徴と心理、上手な付き合い方をご紹介します!

気分屋な彼氏の特徴4つ

飽きっぽい

気分屋な彼氏は、まるで小さな子供のように移り気で気まぐれです。

コロコロと意見が変わるので、計画性がなく約束もあまり守れません。

そのため周りから「信用できない人」というレッテルを貼られることが多いです。

仕事でもやる気にムラが出ることがあり、上司からは評価されにくいタイプと言えます。

裏表のない性格

気分屋な彼氏は喜怒哀楽がはっきりしていて、本心を隠すことができません。

感情がそのまま態度に出るということは、よく言えば裏表がないのです。

計算高い行動はできないので、信頼した相手には素直に接してくれる可愛い一面も。

ただし周りに合わせた対応もできないため、空気が読めないマイペースな人になりがち。

浮き沈みが激しい

気分屋な人は感情的になりやすく、ちょっとしたことで態度が急変します。

不機嫌になると無視や心ない言葉をかけて、恋人に別れを切り出すケースもあります。

しかしあくまで一時の感情で行動しているだけなので、冷静になると元通り。

関係ないことで八つ当たりすることもあるので、隣にいると振り回されてしまいます。

ドタキャン

彼氏の機嫌がいい時にデートの約束をして、楽しみにしていたら直前でドタキャン。

一気にテンションが下がるのはもちろん、対処に困ってしまいますよね。

こちらとしてはそのつもりで準備していたのに、他の予定まで狂ってしまいかねません。

理由があればまだいいのですが、気が乗らなかっただけということがほとんどです。

気分屋な彼氏の隠れた心理

あまり意味はない

気分屋な彼氏にとって、気まぐれは天気のようなものです。

理由もなくそっけない態度をとるときは、恋愛感情が薄れたわけではありません。

本人も気分をコントロールする方法が分からず、自己嫌悪に陥る人もいます。

そういう場合は、一緒に対応方法を考えていく必要があるでしょう。

自分の思い通りにしたい

気分屋な態度をとることで、自分の思い通りにしようとする男性もいます。

他人が機嫌を取ろうとして合わせてくれることを期待しているわけです。

小さい子供が、駄々をこねてわがままを通そうとするのと同じ心理状態です。

そのため不機嫌になっても相手にしてくれない人に対しては無茶を言いません。

気分屋な彼氏のトラブル対処法

彼氏が不機嫌になったとき

彼氏が不機嫌な態度をとってきたら、相手にしないで距離を置きましょう。

「自分のご機嫌は自分でとってね」というスタンスで接するのがポイントです。

相手が合わせてくれないとなると、自分で気分を直すしかありません。

気分屋な発言や行動が気になったら、相手の気分が落ち着いたときに伝えましょう。

注意点は、こちらは感情的にならないで、あくまで冷静でいることです。

不機嫌な状態のときは話が通じないため、冷静なときに反省させるのが大切です。

彼氏から連絡がこないとき

気分屋な彼氏は、連絡がとれるタイミングもばらばらですよね。

メールやラインの返事がこない、電話をかけても出ないときもあるでしょう。

そんなときは急用でない限り、次々に連続して送信したり、長文を送るのはNGです。

むしろ放っておいて、向こうからの連絡を待った方が効果的です。

あなたから連絡する頻度を減らし、彼からのメールやラインにすぐ返信しないこと。

気分屋の人は寂しがりなことが多いので、そのうち構ってほしくなるはずです。

彼氏がドタキャンしたとき

ドタキャンは正直腹が立ちますが、文句を言っても喧嘩になるだけですよね。

それよりも、万が一ドタキャンされた状況に備えて予定を立てましょう。

いざという時、デートよりも楽しい時間を過ごせる計画を用意しておくのです。

そして彼氏から会いたいと言ったときに、簡単に対応してあげないこと。

こちらばかり合わせていては、ストレスが溜まる一方ですよね。

彼氏の都合に振り回されないよう、自分のスケジュールを優先しましょう。

こちらの記事も読まれています

振り回されないで!気分屋な男性の扱い方

気分屋な彼氏との上手な付き合い方

機嫌のいいときに楽しむ

上手くいかないときは、開き直って彼に振り回されていることを楽しみましょう。

かなりポジティブな発想ですが、楽しむことができればストレスもかなり軽減されます。

彼の機嫌がいい時に思いっきり甘えたり、共有できる楽しみを増やすようにしましょう。

彼女と過ごす時間は楽しいとインプットすることで、機嫌のいいときが増えていきます。

気分屋を自覚させる

気分屋な人は、自分の態度がどれだけひどいか気づいてないことが多いです。

冷静なときに説明するのが一番ですが、それでも分からないなら実力行使です。

あえて同じような気まぐれな態度をとってみて、彼氏に自覚させてあげましょう。

される側になって初めて、「これは直さないとダメだ」と反省するはずです。

気分をコントロールする

彼氏の機嫌が変わるパターンを把握して、コントロールするのも一つの手です。

気分の変化に注目して、どこにスイッチがあるのかよく観察しましょう。

あくまでも彼氏に合わせるのではなく、こちらが手綱を引くつもりで操縦するのです。

かなりの人間力を試されますが、慣れてしまえば子供のように簡単に扱えることも。

結婚を考えるなら意識したいこと

気分屋の彼氏と結婚することを視野に入れているなら、今のうちに改善が必要です。

毎日同じ家で暮らすのに、気分屋に振り回されるのは身が持たないですよね。

まして育児やお金のことも協力するのに、対応にムラがあるとトラブルになる可能性も。

恋愛ならジェットコースターも楽しいけれど、結婚は安定性がないといずれ最後には破綻します。

彼氏自身が気分屋を自覚しているのか、直す気があるのか確認してみましょう。

あなたへの愛情と思いやりがあれば、必ず改善しようと努力するはずです。

もし改善していく気配がなければ、結婚はかなりの波乱を覚悟しなければいけません。

まとめ

気分屋な男性は魅力的であることも多いので、恋人はつい振り回されがちです。

あまりにひどい気分屋だと、共依存的になっているカップルも中にはいます。

けれど一方が疲れてしまう関係性は、なかなか長続きしません。

この先彼氏の気分屋とどう付き合うか、あなた自身が後悔しない道を選びましょう。