「付き合う前に体の関係になった」…女が知らない男たちの本音

好きな男性と、付き合う前に体の関係になってしまったら?

「私のことが好きだからセックスしたんだよね?」と不安になってしまうはず。

セックスが先になってしまった時、彼の本音や男性心理を知ることで、あなたの中の不安が解消されるかもしれません。

付き合う前に体の関係になると付き合えない?

「付き合う前に体の関係になったら、付き合える可能性は低い?」

この質問に「はい」と答えたいところですが、どうやらその可能性が低いというわけでもなさそうです

これは「セックスを重視するか、しないか」で大きく分かれるのですが、

最近では、付き合う前に体の関係になることを、肯定的に見る女性が多くなってきました。

それだけ、女性にとってもセックスの相性が大切だということでしょう。

ですが、セックスをした後、男性が信頼を欠くような態度をとったなら、答えは間違いなく「付き合えない」に傾きます

あのとき抱きしめられたのはセフレとしてだったのか、それとも本命としてなのか――。

一度確認してみる必要がありそうです。

「本命」または「セフレ」にされた可能性のどちらが高い?

付き合う前に体の関係になったとき、彼も私を愛しているからセックスをしたのだと、信じて疑わなかったはずです。

でも、彼のその後の言葉や行動で、信じていたものが何の意味もなさなくなってしまったら・・・

それは、セフレにされた可能性が高いかもしれません。

ケース1

  • 女:「こういうのは付き合ってる人としたいの」
  • 男:「大丈夫。わかってるから」

男性からこんなことを言われたら、セフレにされた可能性が高いでしょう。

「SEXは、付き合っている人としたい」という女性の誠実な気持ちにたいして、一方的に体の関係を求めるというのは、不誠実な人がすることです。

そこには、男性の欲望しかなく、女性に対する興味は体しかありません

「大丈夫」なんて曖昧な言葉で、強引にセックスに持ち込もうとする人とは、早目に離れた方があなたのためです。

もし、男性が本気であれば、「焦りすぎた。ごめんね」と言って、必ず女性を安心させてくれます。

ケース2

  • 女:「私たち付き合ってるの?」
  • 男:「俺さ、○○ちゃんのこと好きだよ」

セフレにしたいと思っている男性ほど「付き合おう」とは言いません。

その代わり、「好きだよ」は飽きるほど言ってくれます。

女性は、好きだよの言葉に誠実さを覚えて、男性に体を預けてしまうのですが、

「好きだよ」と言いながら、行為が終わったあと恋人らしいことをしてくれず、その度に傷ついてしまう女性がどれほど多いことか・・・。

人の本音は言葉ではなく、行動に現れます

だから、表面的な言葉だけで相手のことを信じすぎないようにしてください。

いくら甘い言葉をささやかれても、心は納得しないと、強い意志を持つことも大切です。

関係をもった女性と「付き合う」男性心理とは?

付き合うよりも先にセックスをしてしまった――。

でも、その後でちゃんと付き合ったのなら、それは女性を心から大切に思っている証拠です

その理由は、好きな人を悲しませたい人なんていないからです。

付き合う前に体の関係になったとしても、「いま彼女は不安なのでは?」「傷ついたのでは?」とちゃんと気づいてあげることができ、不安な要素を取り除いてあげたいという心理が働きます。

セックスが先であっても、「付き合う」ことを選んだ男性は女性を大切にできる人です。

関係をもった女性を「彼女にしなかった」理由とは?

セックスはしたけど、その女性を彼女にしない男性は、一言でいえば「ズルい男」です

彼女にするという責任から一方的に逃げ、女性の気持ちを無視します。

彼女にするつもりがあれば、ヤることはヤったけど責任はとりたくない、なんて残酷なことはできないはず。

だって、誰だって好きな人に嫌われるより好かれたいですよね。

でも、好かれたいよりもヤりたいことが先にきたなら、それはただ自分の性欲を満たしたかったからにすぎません。

自分がしたいときに誘える相手を彼は探していたのかもしれません。

セックスは大事だから相性を確認したいという意見

ときどき、体の相性を確かめないと付き合えないという人もいます。

ですが、体の相性というのは、プレイ内容や体が密着することだけではありません。

どんな気持ちでセックスをしたのか」ということも相性を語る上では外せないはずです。

相手の好きも、自分の好きも、まるごと感じられるのが本当のセックスです。

ただ、抱かれるだけで、心を抱いてくれない男とどんな体の相性があるというのでしょうか。

「遊ばれてるのかな・・」「好きだと思ってくれてるのかな・・」「この後ちゃんと付き合えるのかな・・」なんて不安のなかで、相性の良さなんてわかりませんよ。

まとめ

女性もこんな関係はよくない、間違っていると思っても引き返さないのは、「嫌われたくない」という心の弱さが出てしまっているからでしょう…。

その弱さは、相手を失わないかもしれませんが、代わりに愛されることを失います

都合のいい女になることを選ぶべきではないし、本命かセフレかで悩まないように、ときには自分に厳しくすることも必要です。

世の中の女性が「遊ばれたのかな?」「都合のいい女なのかな?」と悩むのではなく、

「あの人は何が好きだろう」「これ喜んでくれるかな」という嬉しい悩みを持ってくれることを願っています。

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。