好きすぎて嫌いになる女の子の心理と対処法

恋ができない
スポンサーリンク

皆さんは“好きな人のことを好きすぎて嫌いになった”という経験はありますか?

恋愛をしていると、「好きな気持ちが強くなりすぎて相手のことが嫌いになりそう…」という不思議な感情を抱くことがあります。

一体あんなに好きだったはずの彼がいきなり嫌いに思えてしまう理由は何なのでしょうか?

今回は、好きすぎて嫌いになる女の子の心理とどうすればそのような気持ちが無くなるのかという対処法をご紹介していきたいと思います!

不安な気持ちから逃げたくなるから

恋愛をして、相手のことが好きな気持ちが高まりすぎると好きだったはずが相手のことを嫌いになりそうになるということがあります。

中には「嫌いになりたい」と思う人もいるかもしれません。

この感情には、恋愛の中で沸いてくる不安な感情から逃げたいという心理が働いています。

例えば、

  • どんなにこっちが努力しても振り向いてもらえそうにない一方的な恋だから。
  • 付き合っているけど自分ばかり相手のことが好きなようで悲しくなる。

など、恋愛をしていて自分の気持ちに相手が応じてくれないような状態であっても好きな気持ちが止められないということがありますよね。

好きというどうしようもなく勝手に強まる感情があるばかりに、「この人のことを好きでいても自分が辛い思い、悲しい思いをするのではないか」と思うことにより、

いっそ相手のことを嫌いになってしまいたいと思うのです。

このような心理から、相手を好きすぎて嫌いになってしまいそうな人への対策法は、”どうすれば自分の不安がなくなるのか”を考えてみることです。

自分のことを振り向いてもらえない不安がある方は、好きな相手には彼女や奥さんがいて自分には振り向いてもらえる見込みが一生なく、自分の気持ちだけが大きくなっていくことに不安を感じているのかもしれません。

もしそのような場合は、本当にこの恋を続けていくべきなのかしっかり自分と向き合わなければ解決することができません。

“自分の好きな気持ちを相手に受け入れてもらえるまで頑張るのか、それとも他に良い人がいると考えて他の恋愛に向けて行動するのか”

という自分の進むべき道をはっきりさせることが大切なのではないでしょうか。

嫉妬してしまい自己嫌悪に陥るから

相手のことが好きすぎて嫌いになってしまう理由に“嫉妬”が隠れている場合があります。

例えば、好きな人や彼氏と仲の良い女性がいて妬いてしまうことって恋愛にはよくあることですよね。

嫉妬すると、相手を妬んだり、自分が惨めに思えたりと自己嫌悪に陥ってしまいます。

できれば抱きたくない不快な感情です。

嫉妬してしまうばかりに自分のことが嫌いになってしまい、

「相手(好きな人)さえいなければこのような感情を持たなくてすむのに」もしくは「嫉妬している相手(好きな人と仲の良い女性など)なんて居なくなってしまえば楽なのに」

と考えているうちに、それが原因となっている相手のことを憎く思えてしまいます。

すると、好きな人のことをずっと好きだったはずが嫌いになってしまったように感じるのです。

嫉妬から自己嫌悪に陥り、好きすぎて嫌いになってしまっている場合、自己肯定感を高めることをおすすめします。

嫉妬は相手より自分が劣っていると感じるから起こるものです。

自己肯定感を高めて自分を受け入れてあげれば、嫉妬しなくなり、「私だってきっと魅力的だからあの子に負けるはずがない」と思えるようになります。

相手に合わせすぎているから

好きになると相手に嫌われたくなくて、相手に合わせてしまうという人もいることでしょう。

相手に合わせすぎていると好きすぎて嫌いになるということがあります。

はじめは「彼のための努力だ」と思ってやっていたことも、何もかも彼色に染まってしまった自分にふと気が付くと

「ありのままの自分じゃ相手に受け入れてもらえないんじゃないか」と不安になってしまいます。

好きだからこそ、相手にはありのままの自分を受け入れてほしいものですよね。

しかし、受け入れてもらえないと気がついた時に好きすぎて嫌いになってしまいそうな気持ちになるのです。

このパターンは、「もっと痩せろよ」「もっと可愛い系の服を着たら?」といった支配したいという気持ちが比較的強い男性のことを好きな女性に起こりやすいです。

対処法としては、

  • 徐々にありのままの自分を相手に出していき、相手に染まっている自分から卒業する。
  • 自分のことを受け入れてもらえないことは不幸なことだと受け入れて相手から離れる。

ということが挙げられます。

好きすぎて嫌いになってしまう心理と対策法

好きな人を好きすぎて嫌いになる女性の心理と対策法についてお話ししてきましたがいかがでしたか?

今回挙げた3つの理由に共通していることは「自分のことを嫌になってしまう」ということ。

自分のことをどうしようもなく嫌いになってしまうという極限状態に陥ってしまった時、その原因になっている好きな人のことが嫌いだと思えてしまうのです。

好きな相手のことを「好きすぎるから」という理由で嫌いになりそうな場合、自分のことをしっかり受け入れ、自分を大切にしてあげるということが解決方法になります。

「自分のことを愛せない人は、他人も愛せない」という言葉を聞いたことがあると思いますが、まさに好きすぎて嫌いになる人はこの言葉が当てはまっている状態です。

相手を好きでい続けるためにも、まずは自分のことを大切にしてあげましょうね。

自分との向き合い方が分かったら新しい出会いを探してください
【徹底比較】マッチングアプリおすすめ9選!安全に恋活できるランキング