会いたい気持ちを抑えることができない。会いたい欲求をどうすればいい?

好きな人が多忙男子でなかなかデートができず、毎日会いたい気持ちでいっぱい。

忙しいのは分かってるけど…会いたい
仕事が大変だと思うけど…会いたい

「~だけど、会いたい」という女性の気持ちは、ときには男性を困らせてしまうこともありますね。

会いたい気持ちが抑えられなくなったとき、あなたが取るべき行動は何なのかをお話していきたいと思います。

会いたい気持ちが溢れるのは、なぜ?

どんなカップルにだって、好きな人に会いたいという気持ちは現れるもの。

仕事帰りの電車に揺られる中、彼に会いたいなって思ったり、寝る前に彼のことを思い出して会いたくなることもありますよね。

好きな人のことを考えるのは、人間の本能です

だから、好きな人に会いたくなるのはとても自然なこと。

ですが、会いたくて、会いたくて、会いたくて、どうしても会いたくて…

こんな風に、会いたい気持ちが抑えられなくなってしまうのは、女性の悪い癖が出てしまっているからかもしれません。

会いたい気持ちが抑えられない本当の理由

会えない理由は「遠距離恋愛カップル」「彼氏が多忙な人」など、色々あると思います。

遠距離恋愛は、簡単に解決できない物理的な距離がありますよね。

恋人が忙しい人は、仕事かプライベートのどちらを優先するか?という優先順位の問題があります。

それが原因で、1ヵ月まったく会えない、連絡が来ないなんてこともあるでしょう。

でも、そんな寂しさを乗り越えられる人もいます。

遠距離恋愛でも上手く付き合っているカップルもいれば、どれだけ恋人が忙しくても関係が壊れないカップルもいます。

会いたい気持ちを抑えられる人と、抑えられない人の差は何なのか?

その答えは「自分が一番大事」か「相手が一番大事」かの違いです

相手が一番大事な人

  1. ご飯ちゃんと食べてるかな?
  2. ぐっすり眠れてるかな?

自分が一番大事な人

  1. 彼は会いたいって思わないのかな?
  2. ちょっとでも時間作れないのかな?

相手が一番大事な人は、真っ先に好きな人のことを気遣います

今すぐ会いに行けないから、彼のことが心配になる。多忙な彼だから、体調を崩していないか心配になるのです。

ですが、自分が一番大事な人は、真っ先に自分の寂しさを訴えます

会えない理由があるのに、それがどうしようもないのに、大好きな彼に寂しさをぶつけてしまう。

自分ではそんなつもりがなくても、気づかぬうちに、彼への配慮が欠けてしまうこともあるのです。

そんな自分を変えたい、会いたい気持ちを上手くコントロールしたいと思うなら、まずは自分本位な性格を見つめ直すことから始めなければいけません。

会いたい気持ちをコントロールする方法

男性心理に関係する本を読む

恋愛のピンチに陥ったとき、多くの女性は、男性の気持ちがわからなくて悩みます。

ですが、男性心理や男性の本質を知っていれば、そもそもそんな不安を抱えることはありません。

男性心理を理解することは、相手の考えを正しく知るチャンスでもあります

「彼は私に会いたくないんだ」なんて、自分本位な答えも出てこなくなるかもしれませんね。

出来るだけ多くの人と関わりをもつ

会えない時間を、学生時代の友人や趣味友、家族、職場の仲間など、出来るだけ多くの人と関わるようにしてください。

食事をするだけではなく、テーマパークに行ったり旅行に行くのもおすすめです。

いつも、会えない寂しさでいっぱいだった日々が、刺激的な毎日に変わり、会いたい気持ちをコントロールできるようになります

会えない寂しさを訴えられてきた彼も、あなたと心地のいい距離感ができたと安堵するはずです。

一人の時間を楽しめるようにする

会いたい気持ちを抑えられない人は、一人の時間を上手に使えていません。

時間の使い方が下手だから、1ヵ月会えないことが1年も会えないかのように感じたり、1週間連絡が来ないことが、永遠に来ないかのように感じてしまうのです。

大事なのは、自分の時間を充実させること

とくに、おすすめなのが「何かを育てること」。

野菜でも果物でもハーブでも、乙女ゲームでイケメンを育成するのでもいいでしょう。

彼以外の何かに没頭できる時間が増えれば、一人の時間を楽しめるようになり、会いたいという気持ちを抑えることができます。

まとめ

会いたいのに会えないとき、寂しくなってしまう気持ちはよく分かります。

でも、恋愛でこうした気持ちになることはよくあることで、決して特別なことではありません。

その度に、感情を乱されるよりも、まずは自分の生活を充実させること。

そうすれば、相手の気持ちを最優先して考えてあげることができたり、あなた自身も彼のいない時間を楽しめるようになりますよ。

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。