【タイプ別】年収1000万円を稼ぐ独身男性の4つの実態と攻略法

彼氏や将来の結婚相手に高年収を希望する女性はとても多いです。

表立って口にすれば反感を買うこともありますが、年収1000万円以上の男性とお付き合いしてみたいと密かに願うのは悪いことではありません。

でも、年収1000万円以上を稼ぐ独身男性についてあなたはどこまで知っていますか?

ハイクラス男性を手に入れたいと望むのは、彼らの実態を理解してからでも遅くないかもしれませんよ。

年収1000万円以上の職業は?

30代男性の平均年収は約450万円です。

これだけを見ても、年収1000万円を超える男性がどれだけ貴重な存在かが分かります。

では、年収1000万円以上を稼いでいる人はどんな職業に就いているのでしょうか?

以下に代表的な例をいくつか挙げてみます。

年収1000万円以上の職業例

  • 医師
  • 弁護士
  • 税理士
  • パイロット
  • マスコミ
  • 金融トレーダー
  • 商社の営業職
  • MR(製薬会社営業)
  • 外資系コンサル
  • 経営者、CEO、役員

医師やパイロットなど人の命にかかわる職業や、弁護士や税理士、MRなど高度な技術や知識を必要とする専門職、大きな額のお金を動かす仕事(金融業、経営コンサルなど)に就いていれば、「1000万円」は難しい数字ではないでしょう。

高年収男性とお付き合いがしたいなら、これらの職業に就いている男性を見つけるところから始めましょう。

年収1000万円を稼ぐ独身男性の4つの実態

年収1000万円以上を稼ぐ30代男性の割合は全体の5%ほどだと言われています。

そのなかでも彼氏や結婚相手は「未婚男性」に限られるので、候補はさらに絞られます。

年収1000万円以上でありながら独身を貫いている男性とは、いったいどんな人物なのでしょうか?

彼らの実態を4つのタイプに分けてみましょう。

仕事が忙しい「リア充タイプ」

性格は社交的で人脈もあり、容姿にも不満はなく恋愛経験もそれなりにある。

さらに年収が1000万円を超えていれば女性にも困ることはありません。

でも今は仕事に集中したいから恋愛はしたくないという男性です。

「結婚なんかしようと思えばいつでもできる」と考えているのがこのタイプ。

めんどくさい恋愛でお金と自由を束縛されるくらいなら一人で遊んでいる方が楽しいと感じています。

攻略法は?

このタイプの男性は非常にモテます。

彼らは結婚できないのではなくしないだけです。

その気になれば多くの女性の中からいつでも結婚相手を見つけることができます。

ライバルも多く、さらに彼らのタイプに一致している必要があるため、攻略はかなり難しいでしょう。

男性の好みの容姿や性格に近づく努力ができるか、彼が「結婚したい」と思うような女性になれるかどうかが鍵となります。

恋愛経験が少ない「奥手君」

上に挙げた職業例を見ても分かるように、高収入を得るには相当な努力が必要です。

学生時代は勉強ばかり、社会人になっても恋愛下手な「奥手男子」が多いのは納得でしょう。

恋愛経験が少ない(もしくはない)ため、せっかく高年収を稼いでいても女性とは縁がない男性も珍しくありません。

お世辞にもお洒落とは言えない人も多く、外見から敬遠されてしまうこともあります。

攻略法は?

恋愛経験が少ない奥手君は、女性に対して慎重になっていることがほとんどです。

押しに弱いからといってがつがつした態度を見せるとすぐに引いてしまいます。

分かりやすいアプローチよりも徐々に親しくなる姿勢を見せましょう。

たとえ冗談のつもりでも、彼の性格や好みを否定したり拒絶したりするのはNGです。

焦らずに時間をかけて信頼関係を築きましょう。

また、奥手タイプの男性には積極的にリードしてもらうとか男らしい振舞いを期待するのは無意味かもしれません。

お金さえあれば…「ステータス妄信型」

高年収であることは一種のステータスです。

男性のなかには「年収1000万円」という肩書を得さえすれば、社会的な評価を得られ、女性からも選ばれると考えている人がいます。

しかし実際に女性が男性を恋愛対象として見るとき、重要なのはステータスだけではありません。

そこにミスマッチが生じていて、「高年収」の肩書があるにもかかわらず「結婚」というステータスを手に入れることができないのです。

攻略法は?

年収やステータスのために頑張ってきた彼らは、承認欲求が非常に強いです。

他人の承認がそのまま自分の価値になってしまう人というのは、実は自分に自信がありません。

このタイプの男性を落とすには、とにかく誉めて認めて立てましょう。

年収という目に見える成果だけでなく、結果までのプロセスや彼が密かに抱くコンプレックスを認めて受け入れる態度を示してください。

「この子といると自信がつく」と無意識に感じられるような存在になるのです。

また、彼らは「女性は経済的に余裕のある男性を選ぶ」と考えている節があり、古典的な結婚観を持っている人が多いです。

家庭的な一面がアピールできるとなおよいでしょう。

愛って何だっけ?「女性不信型」

ただ目の前にある仕事に向き合って毎日働いていたら、いつの間にか年収1000万円を超えていたという男性。

本人は自分が稼いでいる数字にそれほどこだわりがないにもかかわらず、年収1000万円を達成した瞬間に女性からのアプローチが一気に増えた… そんな経験をしているのがこのタイプです。

それなりに恋愛もしてきたし、結婚願望もあるけれど、今の自分に言い寄ってくる女性はみんなお金目当てなんじゃないかと考えると怖くなってしまうのです。

女性不信に陥っているため、近づいてもなかなか心を開いてくれません。

攻略法は?

このタイプの男性を攻略するには、彼らが稼ぐお金に決して興味を示さないようにしましょう。

とはいえ、女性不信に陥っている高年収男性は、女性があざとい生き物だということも知っています。

できれば彼らの年収だけでなく、職業や仕事の内容についても自分からは尋ねないようにしてください。

そのうえで、職業やお金以外で彼が大切にしている趣味や価値観に関心を持ち、彼の内面や考え方を認めて褒めましょう。

「この子は自分の本質をちゃんと見てくれる」という安心感を持ってもらえたら、あとは彼のアプローチを待つだけでいいはずです。

年収1000万円以上の男性が求める女性像

最後に、年収1000万円以上を稼ぐ男性が理想とする女性像をご紹介します。

もしあなたが以下に挙げる4つの要素を兼ね備えている自負があるなら、高年収の独身男性に振り向いてもらえる可能性も十分にありますよ。

年収1000万円以上の男性が理想とする女性像

  • 経済的に自立している
  • 精神的に自立している
  • 知性と教養がある
  • お金ではなく自分自身を愛してくれる

仕事に生きる高年収の男性は家庭的な女性を好むイメージが強いかもしれません。

しかし実際には、男性が社会的に成功していればいるほど、結婚相手の女性に対しても自身にふさわしいステータスと経済力を求める傾向にあるのです。

1000万とは言わないまでもある程度の収入があり、社会とかかわりを持って活躍している女性に惹かれる人が多いです。

そうした女性は男性の仕事にも理解があるため必要以上に依存することもありません。

高年収男性の知的好奇心を刺激する会話ができる知的な女性も好まれます。

ですが、彼らが何より望んでいるのは、お金ではなく男性自身を愛してくれる女性だということを覚えておきましょう。

まとめ

年収1000万円以上の独身男性との出会いは、希少ではあるものの不可能ではありません。

今回ご紹介した職業例やタイプ別の実態を参考にしながら、ぜひ高年収男性との結婚を叶えていただければと思います。

そのためにはあなた自身も男性にふさわしい好条件の女性になることが不可欠です。

あなた自身が自立をすれば、男性の年収に目がくらむこともなくなるでしょう。

お金ではなくきちんと内面を見てくれる女性は、ハイクラス男性にとってかなり貴重な存在です。

年収という数字よりもまずは彼ら自身を愛せるかどうか、一度自分の心に問いかけてみてください。

Writerこの記事をかいた人

ふみ

恋愛は人生を豊かにするひとつの材料です。苦しんだり辛い思いをしているのなら、本物の恋じゃないのかも。 恋愛はテクニックよりも思考法。どうすればもっと楽しく、幸せな気持ちで恋愛ができるのか一緒に考えていきましょう。 好きなものは、文学と哲学、おいしいコーヒー。