別れる?続ける?「彼氏を好きになれない」と悩むあなたへの処方箋

恋人というのは、本来は『好きだからこそ』付き合っている関係のはずですね。

しかし、恋というのは複雑ですし、男女にはそれぞれ事情というものがあります。

今回は、彼氏のことを好きになれないという悩みを持つ女性たちに処方箋をお届けします

告白されて付き合うことにしたけど、どうしても好きになれない。

最初は気持ちが盛り上がったけど、今は全く好きだと感じられない。

そんな場合の対処法をお伝えしていきます。

好きじゃない部分ばかり見つかってしまう…

男女関係は、お互いが生真面目に向き合いすぎると上手くいかなくなります。

相手に注目すればするほど、些細なことが気になるからです。

彼氏のことが好きになれない状態から脱したくて長所を探しているのに、考えても考えてもわからないというのが今のあなたの悩みではないでしょうか。

きっとあなたは、彼氏に注目しすぎているのです

たとえば一緒に仕事をしているメンバーの中から誰か一人を選び、その人の仕事ぶりをずっと観察し続けるとどうなるでしょうか。

「これができていない!」「職場のルールを守ってないじゃん」「こういう風にした方が効率的なのにな…」と、次から次へと欠点が見えてきます。

まして恋人は自分のパートナーですので、チェックの目もより一層厳しくなります。

ちょっとした態度や一言が気に入らなくて、喧嘩を繰り返す男女が多いのは、恋人のことをついつい厳しい目で見てしまうからです。

元彼との恋が忘れられない

過去に大恋愛をした女性の多くは、次の彼氏のことが今いち好きになれないとよく言います。

好きで好きでたまらない人と付き合う経験をすると、別れた後もずっと元彼が色濃く記憶に残ります

そして、知らず知らずの間に今の彼氏と比べてしまいます。

元彼を物差しにして他の男性を見てしまうと、いつまで経っても本気になることはできません。

元彼の記憶を消すことは勿論できませんが、今の彼氏は全く別人だということは自分に言い聞かせる必要があります。

デートは男女関係を深める鍵

彼氏のことが好きになれないという悩みがあったとしても、『どうすれば好きになれるの?』『この人の魅力ってどこ?』など深刻に考えると、答えは余計に見えなくなります。

男女というのは、ふとしたきっかけで突然「相性ばっちりの部分」が見つかるものです。

それは、お互いのことをじっと観察し合っているときではなく、ふたりで何かを楽しんでいるときの方が圧倒的に多いです

悩んでいるあなたにとっての気分転換の意味も含めて、楽しいデートの方に気持ちを向けるのがおすすめですよ。

「共通のもの」を持っている男女は仲が良い

一緒に何かに取り組むカップル

やたら仲が良くて楽しげなカップルや、関係が長続きしているカップルは、共通のものを持っているケースが非常に多いです。

共通のものがふたりの絆を強くする

  • 共通の趣味を持っていて、ふたりで夢中になっている
  • サッカーや野球などで同じチームを応援している
  • 一緒に旅行するため、ふたりで積み立て貯金をしている
  • ふたりで結婚という目標を持っている

びっくりするほど話が合う男女

同じ目標を持っている男女や、一緒に何かに取り組んでいるカップルは、自然と会話が弾みます。

話をする機会がどんどん増え、いつの間にか価値観も似てきます。

「仲が良い夫婦は似てくる」「似たもの夫婦」という表現は昔から使われていますが、気が合う夫婦は顔まで似てくるといわれています。

話が合えばふたりの気持ちも前向きになり、「どうしてこの人と一緒になることにしたんだろう…」というような思いも浮かびにくくなります。

男女がお互いにやたらと『この人のどこが好きなんだろう』と考えたり、態度や行動を気にしてしまうのは、ふたりで楽しめるものがない、または少ないというのも大きな原因です

彼氏のことが好きになれないのは、ふたりの間に共通するものがなさすぎるからかも知れません。

違う角度からふたりの関係を見つめてみる

恋愛というのは基本的に自由なものですし、カップルによって個性があります。

皆が皆、理想通りの相手と付き合っているわけでもなく、ラブラブというわけでもありません。

「彼氏のこと、どれくらい好き?」という質問を受けたとき、「好きで好きでたまらない!」とか「こんなに人を好きになったのは初めて!」というような答えが返ってくる方が稀です。

彼氏に対する女性たちの率直な気持ち

  • とりあえず別れてないってことは、まぁ好きって気持ちがあるってことかな…。
  • アイツとは2年も付き合ってるし、腐れ縁って感じ。
  • 流れで付き合った彼氏だし、気がついたら一緒にいた感じなんだよねぇ。
  • 年上彼氏だし、恋人って感じじゃなくてお兄ちゃんっぽい。
  • 元同級生だからね。今でも友達っぽい雰囲気の方が強いんじゃない?

彼氏のことが好きになれない」というのは、案外珍しいケースではないようです。

頭の中で理想の恋愛や好きなタイプというものを思い描いたからといって、その通り実現できている女性はそんなにはいないということです。

けれど、友達のような彼氏・兄のような彼氏は、『頭で思い描いた理想の彼氏』とは別の形で彼女を幸せにしてくれます。

夢中になったりドキドキしたりという経験ができなくても、思いきり笑わせてくれたり、彼女が自分をさらけ出しやすければ、彼氏としての存在価値は充分あります。

同級生っぽい雰囲気のカップルもいます。兄と妹、姉と弟のようなカップルもいます。

そうかと思えば、ビジネスのパートナーっぽいカップルもいます。

恋人が進む道は1つではありません。

色んな男女関係を模索してみると、悩みはきっと少しずつ解消していきますよ。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。