恋愛がうまくいかない…「こじらせ女子」になってませんか?

恋ができない
スポンサーリンク

恋愛が出来ない、うまくいかない…

気付いたら“彼氏いない歴=年齢”に…

なんていうあなた。もしかすると『こじらせ女子』になってませんか?

最近アラサー女性を中心に増えているんです。

そこで今回は、恋愛が出来ないあなたに向けて『こじらせ女子』の特徴をご紹介していきます。

こじらせ女子とは

そもそもこじらせ女子とは、いったいどういう意味なのでしょうか?

こじらせる=難しくする、面倒にする

要は周囲の人間から、『面倒な女性』『難しい女性』と思われがちな女性のことを指します。

こじらせ女子の特徴

特徴①ネガティブ思考

こじらせ女子は、すべてにおいてネガティブに考えてしまう傾向があります。

自分の評価がとても低く、何を言っても返事が否定的で、「私には無理」「どうせ私なんて」などと言ってませんか?

そうしていると、男女ともに『この人とは関わりづらいな…』と思われるでしょう。

恋愛に関しても、「私なんかを好きになってくれる人なんていない」と、異常に自分に自信が持てないこじらせ女子。

自分に自信がない女性に、男性は寄ってきません。

特徴②1人行動が当たり前

いわゆる“おひとりさま”という女性です。

もちろん、「1人で買い物をするほうが楽!」「映画は1人で観る方が集中できる」というような女性は少なくありません。

ですが、1人行動に全く抵抗がなく何でもかんでも1人になっていませんか?

こじらせ女子は、「誰かと一緒に居ると劣等感を感じてしまう…」という人が多いため、1人でいるのが気楽になっているんです。

特徴③甘え下手

素直になれず、「ああしてほしい、こうしてほしい」と言えないのが、こじらせ女子です。

相手のことを考えすぎて、『甘えたら迷惑かもしれない…』と不安になるのです。

仕事の場面では、「手伝ってほしい」と言えなかったり、男性には「会いたい」「寂しい」と言えなかったり…。

何かをしてもらった時「ありがとう」ではなく、「すみません」と謝ってしまったりすることはありませんか?

この場合、相手もお礼ではなく謝られてしまうと良い気がしないですよね。

特徴④恋愛は The 受け身

恋愛が出来ないこじらせ女子は、恋愛がしたくないというわけではありませんが、自分から行動することが出来ないのです。

男性に対して、なかなか積極的になれずにいたら気付けばもうアラサーになっていたなんて女性も少なくありません。

いつか理想の王子様が来てくれると思っていたら、恋愛は出来ません。

理想や妄想で満足するのではなく、現実を見て自ら行動するのが大切です。

受け身すぎると、男性は「俺に興味ないんだな」と勘違いして、離れていってしまいます。

特徴⑤イケメンが苦手

こじらせ女子は、キラキラしたイケメンに対して無条件に苦手意識を持っています。

例えば、イケメンにデートに誘われても、「私をからかってるだけ」「遊ばれているだけ」と思い込んでしまいます。

モテるイメージや遊んでいる印象が強いからといって、「イケメンは○○だから…」と心の中で決めつけていては、恋愛も上手くいきません。

特徴⑥可愛い女子を演じられない

ぶりっ子とまではいきませんが、女性はみんな「女」を武器にする瞬間ってありますよね。

  • 重い荷物が持てない
  • 高い場所に手が届かない
  • 固いフタが開けられない

など、男性に頼らざるを得ない場合、普通の女性なら可愛く頼ることが出来ますが、

こじらせ女子はそれが上手く出来ないのです。

素直になれないという面もありますが、上手く“女”をアピールすることが苦手です。

こじらせ女子が言いがちなセリフ

  • 「でも」「だって」
  • 「イイ男がいない」
  • 「私サバサバしてるからー」
  • 「私たちの時はー」
  • 「年下は恋愛対象外」
  • 「必死になってまで出会い求めたくない」

などというようなセリフ、言ってしまっていませんか?

こじらせ女子は、自分が傷付きたくないという思いから、上記のような発言をよくしてしまいます。

周りからも『あの人こじらせ女子だな』と思われてしまうので、要注意です。

こじらせ女子から脱却するには

アラサーのこじらせ女子だろうが、アラフォーのこじらせ女子だろうが、遅くはありません。

一刻も早くこじらせ女子から脱却しましょう。

  • 自分を褒める
  • 自分に自信を持つ
  • 「すみません」ではなく「ありがとう」と言う
  • 否定的な考えはやめてポジティブに考える
  • 一歩積極的になってみる

上記のことをするだけで、周りの人間関係や恋愛ガラッと変わっていくでしょう。

まずは簡単なことから、一歩ずつ意識を変えていけばこじらせ女子から卒業できますよ。

こじらせ女子の特徴まとめ

こじらせ女子の特徴と脱却法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

最近はドラマや本などでも、こじらせ女子が描かれていますよね。

「めんどくさい女性」というレッテルを貼られがちですが、コンプレックスを気にし過ぎずに自分を褒めてあげてください。

そうすることで、自然とこじらせ女子から卒業できるのではないでしょうか?