彼氏が好きと言わない心理とは?~彼は本当にあなたを愛してる?~

あなたの彼氏は「好き」とちゃんと気持ちを言葉にして伝えてくれますか?

男性は口下手でなかなか好きと言わない人も多いですよね。

いくら口下手とはいえ、愛情表現の1つとして女性は言ってもらいたいものです。

彼が好きと言ってくれないのはなぜなのか?

男性心理を詳しくみていきましょう。

感情表現が苦手

恋愛において彼女に限った話ではなく、感情を表にだすのが苦手なタイプは、なかなか好きと言わないことがあります。

しかし、言葉に「したくない」と「したくても出来ない」では大きく違います

言葉にしたくないタイプは、もともとの性格なのでしょうがありませんが、言葉にしたくても出来ないタイプなら、あなたから言いやすいように誘導するのも1つの手です。

好きと言葉にするきっかけやタイミングが分からなかったり、恥ずかしくて言えないようなら、あなたから「私の事好き?」と聞いて言いやすい雰囲気を作ってみて下さい。

古い考えのタイプ

男とはこうであるべきという「古い考えのタイプ」です。

亭主関白だったり女は3歩下がって歩くなど、年配の方や硬派なタイプに多いですよね。

このタイプは、態度で示してるから伝わっているはずだと考えることが多いです

でも、女性はエスパーではありませんし、言葉で好きと伝えてくれないと不信感を抱いたり、自分まで彼のことが好きなのかどうかが分からなくなり、気持ちを見失ってしまうこともあります。

古い考えのタイプに無理強いをすると、余計意地になって好きと言わなかったり、面倒くさがったりします。

とはいえ、そんな古い考えの彼も全く愛情表現をしない訳ではありません。

彼の態度や行動をよく観察してみてください。

好きと言わなくても、あなたを想って特別扱いしてくれている部分があるはずです。

そういうところから愛情を感じ取ってみて下さい。

言葉がすべてではないのです。

軽々しく言うものじゃないと思っている

そもそも彼氏は「好き」を簡単に言葉にするものじゃないと思っているかもしれません。

性格も関係してきますが、日本人は外国人みたいに人前で愛情表現するのが苦手です。

外国人は人前でハグやキスが出来ますが、そもそも日本人はそういった文化がないため、言わないというよりハードルが高いのです。

愛情表現を口にしてくれないと不安になりますが、逆に常に好きと言われても言葉の重みが無くなってしまします

あまり軽々しく好きと言われても信用出来ないですよね。

彼は好きという言葉をすごく大切にしていて、簡単に言葉に出来ないのではないでしょうか?

この手のタイプは、誕生日や記念日など、特別なシーンにはちゃんと言葉にしてくれるはずです。

滅多に気持ちを口にしない彼からの好きという言葉は、より特別で価値を感じられます。

男のプライドが邪魔をしている

素直に好きと言葉にしてほしいと伝えても、プライドが高い男性はなかなか言えません。

それは自分の本意ではなく、彼女に言わされたと感じるからです

好きと言わないことで彼女が不安に感じていることは理解できても、プライドが邪魔をして言えないのです。

他人にコントロールされるのが許せないのでしょう。

そんな彼には、少し危機感を与えても良いかもしれません。

好きと言わないことで彼女が離れていく…。

そんな危機感を持ったとき、プライドを捨ててきちんと言葉にしてくれるようになるでしょう。

あなたの好きが伝わっていない

彼氏が好きだと言ってくれないと不満に思っているあなた。

しかし、自分の言動を思い返してみて下さい。あなたは彼に好きと伝えていますか?

自分は伝えてないのに、彼氏に言ってもらいたいだけじゃ一方的ですよね。

彼氏もあなたが気持ちを伝えてくれないから、不安になって言葉にできないのかもしれません

相手は自分を写す鏡です。

あなたから積極的に好きと伝えることで彼も言いやすくなります。

あなたの態度や言葉が原因なら、あなたから変わっていきましょう。

彼の気持ちが離れてしまっている

彼の気持ちがあなたから離れているかもしれません。

つまり「単純に好きじゃなくなったから言わなくなった」ということ

そうなってしまった以上、今後どうしたいかを考えましょう。

もう1度気持ちを取り戻したいならあなたの行動を見つめ直すことが必要ですね。

彼の気持ちがすっかり冷めてしまったのなら、ちゃんと割り切ってお別れをする。

そして、新しい恋愛に進むことも悪くありません。

まとめ

いかがでしたか?そもそも男性と女性では考え方が違います。

男性は口下手で愛情表現が出来ないし、女性は言葉や態度に示してもらいたいものです。

いくら考え方が違うと言っても、やっぱり好きと言ってもらいたいですよね。

考え方が違うからこそ言葉にする必要があります。

言葉にすることで不安を取り除いて安心したいし、気持ちを確かめたいのです。

好きというたった2文字ではありますが、誰にでも言う言葉じゃないからこそ特別に感じます。

難しく考えすぎてしまっているだけで、解決法は結構単純だったりするものです。

まずは、彼に好きと言ってほしいと素直に伝えてみて下さい。

可愛い彼女からのおねだりなら、案外彼も素直に聞いてくれるかもしれませんね♪