「彼氏と別れたくない」なら絶対にしてはいけない3つのこと

トラブル・別れ
スポンサーリンク

二人の関係にヒビが入ってしまったとき、彼氏と別れたくないと思っても、どうすればいいのか分からず1人で考えこんでしまうこともあると思います。

そんな時、焦ってむやみやたらに行動するのはNG

彼氏と別れたくないなら、絶対にしてはいけない3つのことがあるのです。

早速ご紹介していきます。

彼氏の気持ちが冷めた時に見せる3つのサイン

女性は、彼が冷たくて私に冷めたのかもしれない…と勘付く瞬間があります。

気持ちが冷めてしまった男性がみせる、別れのサインは次の3つです。

返信が遅い

気持ちが冷めてしまったサインとして、LINEやメールの返事が遅れがちになることがあります。

連絡頻度と愛情度は、比例していることが多いです

いままで会話のキャッチボールが出来ていたのに急に次の日や3日後に返信を返すようになったり、電話の折り返しが遅くなったりするのは、彼氏の気持ちが冷めている証拠です。

連絡が来なくなる

返信が遅いだけではなく、連絡がこなくなってしまうようになったら、愛情が減っている可能性は高いでしょう

「そういえば、最近彼から連絡をくれなくなったかも…」と思うのであれば要注意です。

連絡を取るとき、いつも自分からになっていないか一度確認してみましょう。

態度がそっけない

一緒にいる時、彼氏にそっけない態度を取られてしまった事はありませんか?

彼氏から冷たくされると寂しくなりますよね。

男性は自分の気持ちにストレートに行動してしまうので、興味がなくなった女性に対して愛情をかけなくなってしまうのです

最近彼の態度がそっけないのは、あなたへの興味を失ってしまったからかもしれません。

以上が彼氏の気持ちが冷めた時にみせるサインです。

彼氏の気持ちが冷めてしまうのは悲しいですが、こんな時こそ諦めてはいけません。

彼氏と別れたくないなら、次のことをしっかり理解しておきましょう。

NG行為1:しつこくする

彼氏が離れていきそうな時「別れたくない!」と思ってしまいますよね。

でも、焦ってしつこく追い回すのは逆効果です

LINEで「別れたくない」と送り続けることも絶対にしてはいけません。

彼氏の家や職場の前で待ち伏せして「別れたくないから考え直して」と頼み込むことも、あなたへの印象を下げるだけです。

しつこくしても、別れを回避することはできません。

好きな人から迷惑と思われるような行動はやめましょう。

NG行為2:喧嘩ごしで問いつめる

彼氏から別れたいと言われた時、喧嘩ごしで「意味わかんない、ちゃんと説明してくれないかな~?」など問いつめることは絶対にNG

彼が別れを選んだのには、ちゃんと理由があるのです。

あなたの嫌な一面を見て気持ちが冷めたのかもしれません。

あなたがいくら別れたくないと思っても、まずは別れの言葉を真摯に受け止めること。

そして、自分の言動が原因で彼を困らせていなかったかを考え、思い当たるところがあるなら反省して謝罪しましょう。

「どこがいけなかったのかな」と考えることはプラスですが、彼氏に「どうして別れるって言うの?」や「私の何が悪いの?」というような態度はマイナスでしかありません。

NG行為3:彼氏に怒りをぶつける

彼氏と別れたくないけれど、別れ話をされて大パニック。

焦って怒りをあらわにしてしまう人もいますが、怒るのは絶対にNGです

まずは、気持ちを落ち着け冷静になりましょう。

そして、彼にどうして別れたいと思ったのかを聞いてみてください。

その時も、彼が話している途中で反論したり、暴言を吐いたりしてはいけません。

別れたい理由を話すとき、相手のダメ出しをするような気持ちがして嫌な気持ちになりますし、とても勇気がいることです。

それでもちゃんとあなたに説明をしてくれたのなら、まずは「言いにくいことを言ってくれてありがとう」とお礼を伝えてください。

また、話し合いの機会を持ってくれたことにも感謝を伝えましょう。

あなたの素直な態度や悪いところを改善しようと努力する姿を見た時、彼氏のなかのあなたへの愛情も復活し「考え直してみようかな」と動く可能性があります。

まとめ

好きな人から別れ話をされたら、別れたくないと思うのは当然のこと。

でも別れたくないと思うのならば、しつこくしたり怒ったりしてはダメです。

賢い行動を取らなければ、本当に離れ離れになってしまいます。

もしかしたら、相手に対しての感謝や思いやりが欠けていたかもしれません。

彼氏の気持ちを変えようとするのは難しいことですが、自分の考え方や行動を変えていくことは出来ます。

彼氏ももう一度惚れ直すような、心も外見も魅力的な女性を目指してみて下さいね。