【片思い】好きな人を忘れたいのに忘れられないのはどうして?

片思いをしている人のことを忘れたいのに、どうしても忘れなれないことってありますよね。

告白したけれど成就しなかった時、頭では「失恋した」とわかっていても、気持ちの整理がつかないこともあります。

好きな人を忘れたいのに忘れられないのはなぜでしょうか?

原因その1:告白せず終わってしまった

好きな人を忘れたいのに忘れられない原因は、「きちんと告白をしていないから」かもしれません。

告白したくても勇気が出なくてずっと言えないままの人や、好きな人に彼女がいる場合、告白をすることすらできません。

このような理由から、自分の気持ちを相手に伝えることができなかったのでしょう。

告白しないまま片思いを終わらせるのは、苦しいことです

気持ちの整理もつかないまま、毎日頭の中で悶々と想いだけが募ってしまうでしょう。

好きという気持ちは相手に伝えなければ、始めることも終わらせることもできないものです。

フラれたり嫌われたりするのが怖いという気持ちは誰にでもあるもの。

でも、告白をしないままモヤモヤ過ごす方がもっと辛くなってしまいます。

勇気を出し好きな人に連絡をして、自分の気持ちを伝えてみましょう。

原因その2:彼以上の人がいないから

好きな人が忘れられないのは、まだ「彼人以上の男性に出会えていないから」かもしれません

素敵な人がいたとしても、気持ちが彼に傾いている以上、気づくことができません。

1人の人に執着しすぎると他に目がいかなくなり、出会いの幅も狭めてしまいますね。

そのせいで次の恋愛に進めなくなり、いつまでも片思いを消化することができなくなってしまうのです。

原因その3:片思いの相手に執着している

好きという気持ちが、愛でなく執着になっていないでしょうか?

執着と愛は似ているようで全く違います。

愛してるという気持ちは、見返りがなくても好きだと言えることです。

たとえ片思いだったとしても、好きという気持ちがあれば、心の中は穏やかで幸せです。

しかし「好きな人のことを忘れたいのに忘れられない」という状態は、全く穏やかではありませんよね。

片思いが成就しなくて、辛く苦しい思いをしているのは、彼に執着しているからです

執着は、あなたのことも相手のことも幸せにしてくれません。

好きな人のことを忘れたいと思うのであれば、「彼と両思いになりたい」「彼と一緒にいたい」という執着を丸ごと手放してみましょう。

原因その4:現実を見たくない

片思いをしている時は「早く両思いになりたい」と思っていますよね。

その気持ちが行きすぎてしまうと、行動が暴走してしまうことがあります

彼女でもないのに彼女ぶって頻繁に連絡をしたり、みんなの前で彼女のようにアピールしてしまうのです。

これらのイタい行為をする人は意外と多く、その原因は「現実を見る」ことが出来ないことにあります。

片思いは片思いであり、恋人同士ではありません。

片思いのまま失恋してしまったとしても、それはそれで「自分のパートナーではなかった」という現実が残ります。

妄想していくタイプの人は、しっかり現実を見るようにしましょう。

好きな人を忘れるためには?

好きな人に告白をして失恋してしまった時、何年も同じ人を思い続ける経験はありませんか?

実は、「好きな人を忘れたいのに忘れられない」と思っている人の多くは、「好きな人に執着していたい」という裏の心理が隠れていることがあります

自分では「忘れたい」と思っていても、心のどこかで「両思いになれていないのに、諦められない」という執着があると、なかなか忘れることは出来ません。

それどころか、何年も思いが成就しない人のことを好きでい続ける可能性もあるのです。

どんなことでも、他人の気持ちを変えることは出来ませんが、恋愛は特にそうです。

自分が相手のことを好きだからと言って、必ずしも相手も自分のことを好きになるとは限りませんし、無理やり好きになってもらうことも出来ないのです。

失恋したという現実をしっかり見つめて「片思いは失恋で終わった」ということをしっかり受け止めましょう。

【まとめ】好きな人を忘れられない人へ

ずっと片思いをしていた好きな人を忘れられないという経験は誰にでもあるものです。

しかし、人生の貴重な時間を執着に捧げてしまうのは、さすがにもったいないですよね。

未来の見えない人を好きでい続けるよりも、自分のための時間を大切にすることや、自分磨きをして生き生きと綺麗になっていくと、次の出会いも近づいてきます。

きっと、新しい好きな人との出会いが待っていますので、とにかく執着を手放す努力をしていきましょう。

Writerこの記事をかいた人

にょこ

人とはちょっと違う体験をたくさんして来ました。 恋愛、結婚を通して、自分と相手が成長出来る関係性を築いていくためのエッセンスをお伝えしていきます。