初対面の男性と会話を成功させるコツとは?すぐに使える会話術5選

初対面の男性が相手でも、ネタが尽きず楽しそうに会話をしている女性を見ると羨ましいですよね。

男性から見ても、楽しそうにしゃべる女性の方が印象に残りやすいです。

合コンに飲み会、会社関係の歓迎会など、社会人生活は男性と出会うチャンスに満ち溢れています。

でも、出会ったばかりの男性と上手く会話ができなくて悩んでいる女性も多いです

そこで今回は、初対面の男性と良い関係を作っていける会話術をご紹介します。

すぐに使える会話術5選

今回は『初対面の男性と会話を成功させる』というのがテーマです。

ここではまず、選りすぐりの会話術を5つ紹介させていただきます。

  1. きっかけだけは頑張って作る
  2. 色んな種類の相づちを使い分ける
  3. 復唱して共感を高める
  4. 質問で話題を深める
  5. 共通点を見つける

5つの会話術の具体的な内容は、後の項目から順番に解説していきます。

【1】きっかけだけは頑張って作る

初対面の人との会話において、男性側が最も気を遣うのが、『話のとっかかり』をどう見つけるかという点です。

相手が女性となれば何をどこまで質問して良いかわかりにくいし、そうはいっても質問しないと話は進まないですよね。

大人の男性は、女性に対して失礼のないようにしたいという理性を持っています。

出会って間もないシーンで、自分から積極的に話のきっかけを作ってくれる女性は、男性にとって女神のような存在です。

どんなお仕事されてるんですか?」「ご自宅は近いんですか?」など、人なつっこく質問してあげるとコミュニケーションはスムーズになります。

【2】色んな種類の相づちを使い分ける

自分が話そうと思うのを止める
『自分には話術がない!』と思っている人ほど、何を話そう、どんなネタにしようという方にばかり気持ちが行ってしまいます。

しかし、得意じゃないことをいくら悩んだところで、最善の答えって見えてこないんですよね。

本当に初対面の男性との会話を失敗させたくないなら、まずは『自分が話そうとするのを止める』ことを意識してみてください

仕事のこと。休日のこと。好きな食べ物のこと。

どんな話題でも良いので、相手の男性がしゃべったら必ずバッチリ『相づちを打つ』ようにします。

相づちを打つ目的

  • 真剣に話を聞いているよということを相手に伝える。
  • 相手を『もっと話したい』という気持ちにさせる。

相づちは種類が豊富な方がベター
男性が話をしているとき、女性の受け答えとしてありがちなのが以下の2パターン。

・へぇ。
・そうなんですかー。

この2種類でも充分、ちゃんと聞いていますということは伝わりますね。

でも、初対面の人の気持ちを『会話を盛り上げたい、もっと話したい!』というところまで持っていくには足りません。

ヒントになるのはテレビのバラエティ番組です

お笑い芸人が司会者をしている番組を観てみると、ゲストに色んなエピソードをしゃべらせるため、司会者はたくさんの相づちを打っています。

相づちの例

  • 「ええ!そうなんですか!」
  • 「凄い!」
  • 「なるほどー!」
  • 「えっ!それでどうなったんですか?」
  • 「えっ!そんなことってあるんですね!」

【3】復唱して共感を高める

初対面の人との会話を盛り上げたいとき、先ほど紹介した相づちと同様、『復唱』も高い効果を上げます

復唱する目的は2つ

  1. 相手の話を聞き間違えていないかを確認する。
  2. こちらが復唱すると、話している相手の頭が整理される。

男性が仕事や趣味の話をしているとき、合間に復唱を挟むと、話している男性自身が『結局、自分は何を伝えたいんだっけ…』と考えるきっかけになり、頭を整理しやすくなります。

男性:「毎週土曜日はジムに通ってるんだよ」
 ↓
女性:「毎週土曜日にジムに通ってるんですか?!」

男性がしゃべったことを繰り返しているだけですが、この一言が挟まるだけで、相手は自分が話したいことが整理でき、次のセリフが出しやすくなります。

さらに『復唱+相づち』をセットにすると、相手の話したい気分はもっと高まります。

「毎週ジムに通ってるんですか?!」+「凄い!」という2つの組み合わせですね。

【4】質問で話題を深める

初対面の男性との会話の中で、ちょっとわかり辛いと感じたときや、その話をもっと深く教えてほしいと感じたときには、質問がおすすめです

先ほどの『ジムに通っている』という話題を例にすると、「毎週ジムに行くなんて、きつくないですか?」とか「ご自宅のそばにジムがあるんですか?」というように質問を挟み込みます。

質問が入ると、話題はあちこちに飛び散らなくなりますので、1つの会話が長続きします。

【5】共通点を見つける

初対面の人との間に共通点が見つかると、会話は自然と長続きするようになります

『それ私も好き!』『私もその話がしたい!』と思えるネタが見つかったら、何を話して良いかわからない状態から脱出できます。

ただ、初めて会った人となると共通点を探すのって意外と難しいんです。

まずは、相づちを打ったり質問したりしながら、色んなネタを引き出すことが大切です。

話の中に共通の趣味や共通の好きな食べ物などが出てきたら、今度はあなたが話す番です。

まとめ

人は誰もが、『自分の話を真剣に聞いてくれる人』に好印象を持ちます。

自分に興味を持ってくれている、自分のことを認めてくれていると感じて、嫌な気分になる人は一人もいません。

会話術というと、ついつい『話し上手にならなければ!』と焦ってしまいますが、会話というのは相手を中心にしてあげた方が断然上手くいきます。

初対面の男性との間に何か一つでも共通点が見つかれば、あなたも自然と会話に乗っていくことができます。

共通点が見つかるまでは、とにかく男性が話しやすい雰囲気を保つように意識してみましょう。

試しに、仲が良い女友達を相手に会話の練習をしてみるのも一つです。

友達がしゃべったとき、「なるほどー!」「そうなの?」など相手がもっと話したくなりそうな受け答えをしてみてください。

友達がいつもより饒舌になるかどうか、会話が盛り上がるかどうか、やってみるとおわかりいただけるかと思います。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。