男子が好きな人の前で見せる5つの態度とは?

ちょっと素敵な男子がいたら、自分に好意を持ってくれるかが気になりますよね。

男子にも好きな人だけにみせる態度があるので、そこを見極められるようになれば、恋愛成就の確率も大きく上がります

では、男子は好きな人の前でどういった言動を見せるのでしょうか。

ここではその5つの特徴をご紹介します。

フレンドリーに話しかけてくる

まず、最もオーソドックスなのが話しかけてくる頻度です。

男子からしょっちゅうフレンドリーに話しかけてくるなら、女性に好意を抱いている可能性が高いと言えるでしょう

その理由は、人間誰しも好きな人とは仲良く話したいという心理があるからです。

もし、頻繁に話しかけてくる男子がいるのなら、あなたに脈があるのかも。

もっともその全てが恋愛感情というわけではなく、中には友達として好きというケースもあります。

でも、それでも女性に好感を持っている事には変わりありません。

好きでもない人に積極的に話しかけようとは誰も思わないからですね。

いずれにしても、男子がよく話しかけてくるのならば、それは恋愛面において吉兆と捉えていいでしょう。

自己アピールを織り交ぜてくる

男子は好きな人の前でカッコいい自分を演じがち

「スポーツが得意」とか「ギターが弾ける」など、とにかく自分を女性に知って欲しくて、そういった自己アピールを会話の中に織り交ぜてくるのです。

時には、その思いが強すぎて話しの内容がオーバーになってしまう事もありますが、言ってみればこれも女性からカッコいいと思われたいからです。

それだけ女性に対する気持ちが本気なのです。

もし、こちらから尋ねてもいないのに自己アピールをしてくるのなら、それはあなたのことが好きだから。

脈アリの証拠ですよ。

好きだから知りたがる

「休日は何をして過ごしているんだろう?」「好きな映画や音楽はなんだろう?」

男子というのは、好きな女性のことになると、分からない事ばかりです。

だから、こんな風に知りたがるのです。

好きな人に自分の事を知ってほしいと思うのは当然ですが、それと同じくらい好きな人の事も知りたいと思うもの

男子が好きな女性にあれこれ質問するのもこれが理由で、少しでも相手の人物像を明確なものにしたいのです。

そうすることで、今まで不鮮明だった女性のイメージが少しずつクリアになっていき、距離が一歩ずつ縮まっていきます。

もし、男子があなたのことを知りたがったら、脈アリの可能性が高いでしょう。

彼があなたの好みのタイプなら、とりあえずは聞かれた事に正直に答えておいて損はありませんよ。

恋の芽はこういう所から育って行く事も多いのですから。

さりげないボディタッチ

人間誰しも好きな人を抱きたい、もしくは抱かれたいという願望を秘めています。

でも、了承もなく触れられるのは誰だって嫌なはず。

そんな「触れたい」という願望を、不快にさせずに叶える方法が「ボディタッチ」です

挨拶がてらに肩をポンと叩いたり、「頑張れよ」とエールを送る意味で背中をバシッと叩いたりするのがそうですね。

そして主に男子がこういったボディタッチをする相手は、大抵好きな女性と相場が決まっています。

「男は皆ケダモノ」というわけでは決してありませんが、やはり深層心理の奥には好きな人の肌の感触を味わいたいという願望があるのも事実です。

好きな相手だからこそ触れてみたいと思うもの。

言い換えれば興味の無い異性に触れたいとは思わないという事です。

さりげないボディタッチをしてくる男子がいれば、女性に関心を抱いていると思ってほぼ間違いありません。

好みのタイプを聞いてくる

女性に好みの男性のタイプを聞くのは、裏を返せば「俺は君の好みのタイプに合致してるかな?」という遠回しなアプローチです

もしも、女性が出した答えが男子の望んだものではなかったとしても、恋する男子はみんな健気です。

女性の好みのタイプに自分を近づけようと必死になって頑張ります。

「優しい人が好き」と言われたら、努めて優しく接するようになったりするのが良い例ですね。

そもそも恋愛は相手が自分の好みのタイプで、尚且つ自分も相手の好みのタイプに当てはまってやっと両想いになるのが基本です。

だからこそ、男子は気になる女性に好みのタイプを聞くというわけ。

「どんなタイプの男が好きなの?」と、男子の方から質問を投げかけてきたら、それは高確率で好意を抱いている証と言えますよ。

まとめ

以上の様に、男子が好きな人に見せる態度は、わりと分かり易いものが多いです。

もちろん恋愛慣れしている男子はもっと多様な合わせ技を織り交ぜてきますが、その土台となるのはここまでに紹介した5つの特徴です。

相手の好意が透けて見えれば、女性からも積極的にアプローチしやすくなるので、男子からのこういったサインは見逃さないようにしましょう。