【男の本音に迫る!】男女の友情ってあり?なし?

オトコの本音
スポンサーリンク

男女の友情は成立するかしないのかということは、昔から永遠のテーマでもあります。

でも男の本音としてはどうなのでしょう?

異性を恋愛の対象としか見ることが出来ない人もいれば、友達になれるという人もいますよね。

男性の立場では、男女間の友情は存在するのでしょうか?男の本音の部分に迫ってみましたのでご紹介します。

男の本音その1:男女の友情は成立する!

男女問わず、「男女の友情は成立する」と思っている人もいるでしょう。

男女の友情が成立するという意見から、男の本音を聞いてみました。

学生時代からの友達だから

幼馴染や学生時代からずっと友達関係の異性のことは、恋愛対象として見ることが出来ない人もいますよね。

また、学校や環境によっては男子だらけの場所や、女性だらけの場所に異性が1人いるという状況もあります。

そうなると、自分からも周囲からも異性として見ることが出来ないことがあります。

性別を超えたフラットな環境下では、男女の友情が成立することはよくあります。

どうしても友達関係止まり

男性の本音として「自分の好みではない恋愛対象外の女性のことは、友達関係にしかなれない」という心理があります。

この点は女性でも同じでしょう。

その分、同性と同じように心を開いて友達関係になることも出来るのです。

男の本音その2:男女の友情は成立しない

男女の友情は成立しないと思っている人は、女性にも多いですよね。

男の本音として「この世の中には男と女しかいないので、男女間で友達関係はないだろう」と思っている「男女の友情は成立しない派」の人も多いです。

確かに、異性同士が友達関係を保っていても、ふとしたことから恋愛関係に発展する可能性が全くないとは言い切れません。

接近する機会やボディタッチがあった時などはドキドキしてしまうこともあり、男の本音としては「恋愛感情を持たずに接しようとしても、一旦ドキドキしてしまうと、どうしても異性を意識してしまう」という心理もあります。

グループ交際から恋愛に発展することが多いように、恋人関係になるきっかけとして、友達関係から恋愛関係に発展するケースはよくありますし、最初は恋愛対象ではなかったのに、どちらかから告白されて相手のことが気になり始めることも多いです。

男の本音その3:別れた彼女と友達関係になれる?

恋愛関係にあった男女が別れたあと、友達関係として会い続けられるかということも度々話題になりますよね。

男の本音としては、「元カノと友達関係になれる」という人もいますが、どちらかに未練や恋愛感情がある場合は、友達関係にはなれないでしょう。

一度は恋愛感情を抱いた相手なので「元カレと友達関係にはなれない」という人も多いです。

一方で、別れた後もスッパリ気持ちの整理がついている場合は、良い友達関係を築けることもあります。

もともと付き合っていた間柄の2人は、お互いに自分の色々な面を見せているので「恋愛関係を続けることは厳しいと思ったとしても、気楽に付き合える友達関係だったらやっていける」というケースもあるでしょう。

男の本音その4:友達関係は期限付き

異性と友達関係を続けていても「どちらかに恋人が出来ればその友達関係は終わる」と思っている人は多いです。

恋人が友達関係の異性と会うことを嫌がることは良くありますし、男の本音としても「彼女や友達の彼氏から嫉妬されたくないから」と自然と距離を置きたくなるのです。

男女の友情は、どちらかに恋人が出来るまでの期限付き、どちらかに恋人が出来たら友達関係は終わってしまうというのは、寂しいですがよくある話なのです。

男の本音その5:恋愛対象外の人とも体の関係を持てる

異性に対して、どうしても恋愛対象として見ることが出来ない人の場合、恋愛関係にはなれないことがありますよね。

でも、男の本音として、心と体が別だということがあるのです。

男性だけに共通することではありませんが、友達だと思っている異性とも体の関係を持つことが出来る人もいます。

男性はまず体の繋がりを大切にする人も多く、強い恋愛感情がなくても体の関係が持てるのが男性で、心が通じていなければ体の関係を持ちたくないと思う人が多いのが女性です。

女性の場合、「どうしても好きになれない人と体の関係を持つことは出来ない」という人が多いですよね。

男の本音「男女の友情」についてのまとめ

昔から永遠のテーマでもある「男女の友情」についての男の本音の部分をご紹介しました。

2人の関係が友達関係なのか恋愛関係なのかということは、男女の受け取り方でも違います。

双方が「友達関係」だと思っていれば、男女の友情は成立しますが、お互いに友達関係だと思っていても、どちらかに恋愛感情が入ってしまうとそこで友情は成立しなくなります。

異性同士でも信頼しあえる友達関係を作れる人もいますが、友達関係から恋愛関係に発展するケースもありますので、男女の友情の未来は全く未知です。

だからこそ、男女の友情は成立するか、しないのかということは、長く論じられることなのでしょうね。