両思いなのに男性が告白してくれない!その理由とは?

片思い
スポンサーリンク

好きな者同士だと告白してカップルになるのが普通ですよね。

でも、中には「両思いなのに告白してくれない男性」がいます

私は彼の事が好きだし、彼も私の事を好きなはず……

こんな疑問が膨れ上がるばかりで、答えにたどり着けないのは辛いですよね。

男性が告白に踏み切らないのには幾つかの理由があります。

その理由を男性心理と絡めながら見ていきましょう。

【1】 男性が奥手で告白してこない

両思いなのに告白してこないとき、まず考えられるのが、彼が奥手男子である可能性です。

俗に言う「草食男子」ですね。

このタイプの男性は恋愛においてかなり消極的で、男らしくグイグイ迫ることはありません。

草食系男子でも仲の良い女友達はいますが、そこからさらに一歩進んだ関係、すなわち恋愛関係に持ち込むだけの自信と勇気が備わっていないのです

気になる女性が居ても自分から告白する勇気はなく、どちらかというと、告白は女性からしてもらいたいとさえ思っています。

つまり、両思いであったとしても彼が告白をしてこないのは、奥手な性格のせい。

この手の男性から告白を待ち続けても、その日が来ない可能性の方が高いです。

むしろ女性から告白に踏み切った方が早いでしょう。

【2】 仲が良すぎて逆に告白を躊躇っている

告白をする、またはされる時、多くの場合はある程度二人の距離が近づいている時です。

友達関係だった二人の距離が近づき、そして恋人関係へとランクアップすることもあります。

ですが、これがひとつの弊害になってしまう事もあります。

仲良しの友人同士だったからこそ、告白を躊躇ってしまう男性がいるのです

両思いだから付き合える可能性はあるけど、恋人関係になった途端、関係性が崩れてしまうこともないとは言い切れません。

それを恐れるがために男性はあえて告白をせず、恋人関係になるよりも友人関係のままである方を選ぶのでしょう。

両思いなのに告白してこない男性にやきもきするかもしれませんが、裏を返せばそれだけその女性との関係を大切に思っている証拠です。

こんな風に臆病風を吹かせてる男性には、女性から告白をするのが一番です。

【3】 恋人関係になると面倒事が増えると思っている

これは男性心理の不思議な側面なのですが、好きな女性と付き合いたいと思う半面、恋人関係になることに抵抗を感じる事があります。

まるっきり矛盾している様に思えますが、これは程度の差こそあれ、世の男性の大半が持ち合わせる特有の感情です。

男性は恋愛において、美味しい所だけを味わいたいという欲求が心の中に宿っています。

恋人関係は男女の密接した間柄なので、付き合う前には見えなかった不満もどんどん見えてくるようになります。

すると、途端に男性は面倒臭さく感じてしまうのです。

「付き合ったらこまめにメールで連絡を入れなきゃいけない」
「誕生日にはプレゼントも買わなければいけないからお金がかかる」
「一緒に暮らすとなると喧嘩する事もあるんだろうな……」

といった具合に、女性と付き合う事で増えるであろう面倒事を予想しては、ひとりでゲンナリする事も珍しくはありません。

ですが、その女性が嫌いなわけではなく…むしろ好き。

それなのに面倒事が好きという感情を上回り、両思いなのに告白してこないという結果になるわけです

「女性と付き合えれば楽しい事も増えるけど、それ以上に面倒臭そうだな」というのが本音でしょう。

一見ダメ男の特徴の様に思えますが、これは大部分の男性に当てはまるものなので、女性としては不本意でしょうが「男とはそういうもの」とある程度割り切って受けとめてください。

【4】 女性が両思いだと勘違いしていた

恋は盲目という言葉の示す通り、恋愛中は好きな人に対する心の傾き具合が大きくなります。

好きな男性へのフォーカスの度合いが大きくなればなるほど、様々な部分を見落としがち。

その代表例が「両思いだと勘違いする」パターンです

恋愛中に好きな男性と接するのは何よりも嬉しいもので、その心の高ぶりが返って視界を狭めてしまうのでしょう。

相手の男性としては誰に対しても同じ態度を取っているだけなのに、女性の側がそれを自分への好意だと過って受け止めて1人で舞い上がってしまい、これが高じて「両思いなのに彼は全く告白してくれない」という錯誤へと繋がるのです。

女性側のひとり相撲といった所でしょうか。

恋愛中は否が応でも心が高ぶってしまいがちですが、上記の様なミスを犯さないためにまずは一旦冷静になってみるのが得策です。

当の彼は自分だけでなく周りの女性にもわけ隔てなく同じ態度で接しているのか、それを客観的に見極めましょう。

恋の炎を燃やすのは良い事ですが、その火照りで冷静な判断力を失っては実る恋も実りませんよ。

両思いを確信しているのならば女性側から行動を

このように、両思いにもかかわらず告白してこない男性には、むしろ女性の方から行動を起こした方が良い結果に繋がる事があります。

もっとも「両思いである」ことが前提です。

なので、恋のフィルターを一旦外して、お互いの関係性を客観的に見直してみましょう。

それでもイケると確信を得た後に行動に移ってみてくださいね。