彼氏の束縛に要注意!ひどい束縛に隠された特徴と心理とは?

「彼氏の束縛がひどいんだよね・・・。」と頭を悩ませる女性がたくさんいます。

大好きな彼氏だけど、度が過ぎた束縛は受け入れがたいですよね。

あなたの行動次第で、彼氏の束縛がさらにひどくなる可能性も・・・。

今回は、ひどい束縛に隠された特徴と心理をご紹介します。

理由がわかれば、束縛彼氏とうまく付き合っていけますよ。

彼氏が束縛する理由

一番多いのは、彼氏に自信がないパターン。

「束縛=愛情」と考えがちですが、実は違うんですよ。

自分に自信がない

彼女が自分を好きでいてくれるか不安

束縛して彼女の行動を制限する

ひどい束縛をする彼氏は、このような心理状態です。

彼女が好きだから嫉妬してしまうのではありません。

自分から離れていくのが怖いから、彼女を支配下に置こうとしてしまうのです。

また、彼女がとてもモテる場合もひどい束縛につながることがあります。

恋愛は美しいものと捉えられがちですが、その中には独占欲という黒い感情も含まれています。

誰でも独占欲はありますが、相手の自由を奪わないように理性でぐっとおさえるのが一般的。

ですが、束縛彼氏は独占欲が強め。

さらにいうと、彼女には自分をさらけ出していて「独占欲を開放してもいい存在」という関係になっているのかもしれません。

でも、彼女は自分から離れていかないだろうという自信があれば、独占欲もしっかりとおさえられるはず。

だからこそ、「束縛=自己愛」と考えた方がいいかもしれないですね。

束縛する彼氏の特徴

ひどい束縛をする彼氏は、総じて彼女の行動をすべて知りたがります。

  • SNSを常にチェックしている
  • ラインでの連絡はすぐにしないと怒る
  • 彼女のスマホの中を見たがる

などの行動をする場合は、要注意です。

「すべての行動を把握したら気が済むのかな?」と思いますが、気が済まないのが束縛彼氏。

彼女の行動を把握したら、今度は「もしかしたらウソついてるのかも」と、ありもしない想像をして、不安要素を見つけてきます。

さらにひどくなると、男性がいる場に行くことを禁止するなんていうツワモノも・・・。

会社の付き合いで、男性のいる飲み会に参加しなければいけないとなると困りますよね。

どうしても行かなければならない場合、彼氏にウソをついて行くしか方法はありません。

誰でもウソはつきたくないもの。

彼氏を傷つけないためのウソとは言えど、ウソをついていい気分にはならないですよね。

さらに、男性のいる飲み会に参加したことがバレたときのことを考えたら、ぞっとしませんか?

「後々めんどくさくなるから、男性のいる場所は避けるようになってしまった」

という女性もいますが、なんだか悲しいですよね。

交友関係を狭めてまで、彼氏といる必要があるのか?と自問自答してしまいます。

結局別れることになってしまったら、あなたも彼氏もモヤモヤが残りますよね。

彼氏を傷つけない対処法は?

大好きな彼氏だからこそ、うまく付き合っていきたいはず。

ひどい束縛は治らないものだと考えて接していくのが賢明です。

なによりも大切なのは、「彼氏のことが大好きでたまらない」と伝えて安心してもらうことです。

先にも述べたように、束縛彼氏は自分に自信がない人が多いです。

だから、一途に愛していることを言葉にしてあげると、ほっと安心してくれます。

もちろん、言葉に見合った行動も忘れてはいけませんが、行動だけじゃ伝わらないのが束縛彼氏の特徴。

しっかりと言葉でも伝えてあげてくださいね。

そして、隠し事は一切ないことをアピールしてみるのもおすすめ。

たとえば、スマホのロックを解除するというのもひとつの方法です。

「いつでも見れる状態=隠し事はない」という考えになるので、ひどい束縛も少し落ち着くかもしれません。

予定を自分から教えてしまうのもいいですね。

「聞かないと予定を教えてくれない」と言う状態は、彼氏からすると何か隠し事があるのかもしれないという不安要素になります。

勝手に不安になられても後々めんどくさいので、自分から予定を伝えてしまいましょう。

  • いつ
  • どこで
  • 誰と

という3点を伝えるのは必須。

そこまで教えてあげれば、彼氏も安心してそれ以上聞いてこなくなるかもしれません。

さらに言えば、友達と遊んだあとに証拠写真を自分から見せるのも効果的です。

「ほら!ウソついていないでしょ!」という高圧的な態度ではなく、「この前〇〇に行って楽しかった~」

など、ポジティブな雰囲気で見せることが大切です。

束縛彼氏とうまく付き合おう

何かと付き合い方がむずかしい束縛彼氏。

いくら好きでも、自分の行動を制限されてしまうのはつらいですよね。

束縛する彼氏の心理や特徴はお分かりいただけたでしょうか?

少しでも彼氏のことを理解してあげられれば、彼に合った対処法も浮かぶはず。

せっかく好きになった人ですから、すぐに別れを選択するのではなくうまく付き合っていけるといいですね。