彼氏に愛される秘密の法則♡あなたにこっそり教えます♪

愛されテク
スポンサーリンク

彼氏持ちの女性は、「彼から愛されてる…」と実感したとき幸福感で満たされます

でも、恋人同士だからといってラブラブになれるとは限らないから、男女関係って難しい…。

そこでラブベイトでは、彼氏に愛される方法をテーマに取り上げてみました。

「私も彼氏にベタ惚れされてみたい!」「もっと愛されたい!」と願う女子に必見です。

距離感がある付き合いになってしまう理由

お互いに惚れ合って恋人同士になったのに、彼氏の愛があまり感じられない…。

そんな悩みを持つ女性は、もしかすると彼氏の恋愛感情を抑え込んでしまっているのかも知れません

彼女の態度によっては、男の恋心というものを引き出し切れないことがあります。

真面目すぎる女性

恋愛に対して真面目すぎる彼女の場合、彼氏は男ならではの茶目っ気や甘え行動というものが彼女の前で出しにくくなります

男性は皆、男には女よりもだらしない面があることを自覚しています。

男は、自分のダメな部分もさらけ出せる彼女に対しては、デレデレとした態度で体をくっつけてきたり、好きという気持ちをポロっと言ってきたりします。

強がる女性

彼氏に愛される最強の方法は、女として彼を頼るという方法です。

女性から頼りにされるのは男性にとってこの上なく嬉しいことです。

逆に、自分が守りたいと思っている存在である彼女が、彼の前で意地を張ったり強がったりすると残念に思います

あなたは彼氏に対して、二言目には「大丈夫」と言っていませんか?

社会人生活では自分の行動に責任があるため、「大丈夫です」と言う機会も多くなります。

ですが、恋人同士という関係においては、お互いに弱みを見せ合うことなしに絆は深まりません。

しゃべりすぎる女性

デートのときもよくしゃべるし、メッセージもじゃんじゃん送るというタイプの女性が恋人だと、男性はどのタイミングで愛情表現をすれば良いかがわからなくなります

愛したいと思っても、おしゃべり全開で押してこられるとムードを作ることもできませんね。

よくしゃべる彼女とは楽しい雰囲気になることはできますが、男としての恋愛感情は出しにくくなります。

男同士の関係のようになる

男っぽい性格の女性は、かなり意識して言動をコントロールしないと、彼氏と男同士のような関係になります。

恋人同士のはずなのに、家デートではふたりとも似たようなジャージを着て、あぐらをかいてビールで乾杯…。

そんな雰囲気だと、彼氏も急に抱き締めて「愛してる」なんて言いにくいですね。

男は、女を感じたときに愛したくなります。気をつけましょう。

彼氏に愛されまくる女性の特徴5つ

彼氏に誕生日を祝ってもらったり、好き好き言われまくったりしている愛され女子。

彼氏に愛される女性には、いくつか共通の特徴があります。

  1. 自分の不器用さやダメな点を彼氏に全部見せる。
  2. 甘え上手。おねだり上手。
  3. 女として、自分の可愛さを正々堂々とアピールする。
  4. 普段から何がしたいかを明確に彼氏に伝えている。
  5. ベタベタするときと、きりっとした態度のときとを使い分けている。

法則1:守ってあげたい存在になる

ここからは、彼氏に愛されるための秘訣をご紹介します。

男性は「この人は俺が守らなければ」と認識した女性に対し、強い愛情を感じます

四六時中「大丈夫」と言って頑張りすぎたり、男のような雰囲気しか出さない彼女だと、守ってあげたい存在にはなれません。

何でもかんでも彼氏に頼りきりになれば重いと思われる可能性もありますが、最低限、あなたが苦手としているものや不得意なことは彼氏に見せるようにしましょう。

法則2:甘え上手になる

彼女から甘えられて嫌だと感じる男性はいません。

甘えるという行動は、他人に対してはしませんよね。

彼氏の立場から見れば、「俺だから、安心して甘えてくれてるんだろうな」と感じられる特別な行為です。

甘える女性と甘えない女性を比べたとき、彼氏に愛されるのは圧倒的に『甘える女性』です

甘え上手は2つの甘えを使い分ける

  1. 彼氏にベタベタするなどのスキンシップ
  2. 自分が行きたい場所、食べたい物などを日頃から伝える

彼氏から愛されるだけでなく、デートで行ってみたい場所も認識してもらえれば一石二鳥ですね。

男にとっては好きな人を喜ばせることは嬉しいことですので、どこに行きたい、何がしたいということが明確な彼女だと、張り切って彼女の要望に応えようとします。

法則3:究極のかけ引き『ツンデレ』を活用する

最近あまり使われなくなった言葉ですが、ツンデレの女性は相変わらず男性から高く支持されています。

男性は、女性の掴みどころのなさや理解が難しい部分に惹かれる傾向があります。

『男は単純』『女は複雑』といわれますが、男から見れば単純な人は男と同じような存在に感じて、惹かれにくいようです。

毎日LINEをたくさん送ってくれるのに、ある日全然送信してこない日があったり、甘えてくることもあるのに、つんけんしたような表情も見せる女性のことを、男性は追いかけたくなる習性を持っています。

ラブ度が上がりきらないカップル

街を歩いていると、片時も離れたくないという気持ちがありありと伝わってくるカップルを見かけることがあります。

反対に、お互いが好きだから付き合い始めたはずなのに、ラブ度が上がりきらないカップルもいます。

女性の多くは、「彼氏といちゃいちゃしたい」「もっと愛情表現してほしい」などの欲求を持っています。

それなのに、ふたりの関係に何となく距離感があるのは、彼女が愛され下手だからかも知れません

相思相愛という条件だけでは、彼氏に愛されるには不充分ということですね。

これを機会に彼との向き合い方を見直し、女性側のコントロールでラブ度を上げていきましょう。

愛されテク
シェアする
ラブベイト