男性が喜ぶ言葉4選|愛されフレーズで今日からあなたも恋愛上手♡

愛されテク
スポンサーリンク

大好きな人と一緒に過ごしている時「相手が喜ぶような言葉を言いたい」と思ったことはありませんか?

誰だって、悲しい気分になる言葉を言われるより、喜ぶような言葉を言われたいですよね。

それは、男女問わず同じ。

そこで、男性が喜ぶ言葉4選をご紹介します!

愛されフレーズを使いこなして、今日から恋愛上手になりましょう!

男性が喜ぶ言葉その1:ありがとう

男性はもともと「女性を助けたい」「サポートしたい」「だれかの役に立ちたい」という心理が備わっている生き物で、「誰かのお手伝いをしたい」と思っていることが多いです。

そこで、彼に何かサポートをしてもらった時は、笑顔で「○○くん、ありがとう」と伝えましょう。

ここで大切なポイントは、「ありがとう」という前に「○○くん」と名前を添えることです

名前の後にお礼を言われると、「自分が本当に役に立てたんだ」という自覚がより強くなります。

それプラス、笑顔で伝えることもポイントです。

男性は、笑顔でお礼を言われると「良かった、役に立てた」と喜ぶと同時に、「また助けたいな」と思うのです。

「ありがとう」という言葉は、男性が喜ぶ言葉でもあり、伝える方も嬉しくなる言葉ですよね。

お互い嬉しくなる言葉なので、積極的に使って行きましょう。

男性が喜ぶ言葉その2:センスいいね!

私たちも、外見を褒められると嬉しいですよね。

男性だってそれは同じ、外見を褒められると嬉しいのです。

洋服や髪型、持ち物などにこだわりを持つ男性って結構います。

特にデートには、気を使ったおしゃれをしてくれることもありますよね。

そんな時、彼の外見について「おしゃれだね!センスいいね!」と素直に褒めてあげましょう。

自分のこだわりポイントについて褒められると、男性はとても喜ぶのです

男性のこだわるポイントは、靴とベルト、バックル、時計です。

また小物遣いが上手な男性は、かなりハイセンスな人が多いです。

彼らは自分のこだわりの小物を褒められると、喜ぶだけでなく「この人、俺のセンスをわかってくれるんだなあ」と、褒めてくれた人へ好意を持つようになります。

そして「この子、俺とセンスが同じだから気が合うのかも…」と共鳴作用が起こります。

そのためには「これ好きな気持ち、わかるー!センスいいよね!」と、相手に共感しながら褒めるようにしましょう。

おしゃれやセンスというコアな部分で共感できるという事は、性格が合うのと同じくらい重要なポイントです。

こだわりのおしゃれについて沢山話ができるきっかけにもなりますよ!

男性が喜ぶ言葉その3:○○さんだから出来るんだよね

男性が喜ぶポイントとして、「特別扱いで褒められる」ということがあります。

男性は狩猟本能の心理もあり、プライドの高い生き物なので「ナンバー1」にこだわる人も多いです

だからこそ、男性を褒める時は「○○さんだから出来るんだよね」と、相手を特別扱いする言葉で褒めてあげましょう。

男性も「○○さんだから」という特別扱いの形で褒められると、嬉しいだけでなくプライドが満たされるので、心から喜ぶのです。

その心理はただ喜んでいるだけでなく「頑張ったことが報われた」という、ジンワリ嬉しい気持ちがこみ上げてきています。

「褒められて喜ぶ」というところは、男性の素直で可愛い一面ですよね。

そんな気持ちにさせてくれる人にはもちろん好意を抱きますし、カップルだったら2人の信頼関係も育まれるでしょう。

男性が喜ぶ言葉その4:あなたの気持ちわかるよ

彼が仕事やプライベートでイライラすることがあった時、「あれ?何かあったのかな」と心配になると思います。

そんな時「何かあった?話聞くよ」と彼の話を聞いてみましょう。

そして、彼が「こんなことがあった」と事情を話してくれたなら、まずは彼の気持ちに同意してあげましょう。

それは腹が立つよね」「それはきつかったよね」「あなたは間違ってないよね」など、彼の気持ちに同調するような言葉を伝えてあげると、男性はすごく安心します

ここで気をつけたいのは、彼を否定してはいけないということです。

誰だって落ち込んでいるときに、全否定されたら悲しくなりますよね。

特に愛され女性を目指すのであれば、まずは彼の気持ちに同意すること。

そして、彼のプライドを傷つけないようにしましょう。

男性が喜ぶ言葉のまとめ

男性が喜ぶ言葉「愛されフレーズ」を4つご紹介しました。

モテる女子は、男性が喜ぶ愛されフレーズを自然に使っています。

一見ありきたりな恋愛テクニックのように見えますが、相手が喜ぶ言葉を伝えることって本当に大切なことなんです。

誰だって嬉しい言葉をもらったら、心が軽くなりますよね。

男性だって同じです。

大好きな男性の喜ぶ姿を見ることができるのは、女性の幸せでもあります。

言葉は使い方次第。せっかくなら相手が喜ぶ言葉を口にしていきたいですよね。