「二股をかける女の心理」本命を選べないのはなぜ?

浮気・不倫
スポンサーリンク

恋人とうまくいっているはずなのに、別の男性をまた好きになり、二股をかけてしまう女っていますよね。

傍から見れば理解しがたい行為ですが、モテるという意味ではちょっぴり羨ましくもあります。

では、二股をかける女の心理とは一体どういったものなのでしょうか。

本命を選べないのはなぜ?

もしかして、心の中で本命を決めておきながら二股を楽しんでいるの?

ここで改めて自分の恋愛傾向についても考えてみましょう。

モテることで自信を持ち続けていられるから

女が二股をかけてしまうのは、モテる自分でいないと自信を失くしてしまいそうになる弱い心理からきています。

恋人に「可愛いね」と言われても、どこかお世辞に感じてしまうのは自分をそうでもないと思っているから。

自分へのコンプレックスが捨てきれず、周りの女性達こそ眩しく見えています。

だから、うまくいっているはずの恋人も、そのうち別の女性の魅力に気づいていなくなってしまうのではないかと怯えています。

そこに別の男性が現れ、恋人とは違う切り口で自分を褒めてくれたらどうでしょうか?

きっと、モテることで改めて自分への自信を取り戻し、その男性を心の支えにしたくなるはずです。

大好きな恋人からの褒め言葉だけじゃ満たされないなんて、なんとも贅沢でわがままな女ですね。

でも、それだけ深いコンプレックスに悩む可哀想な女なのかもしれません。

「人が好き」というのが特徴。だから誤解させてしまう…

「基本的に人が好き」というタイプの女性もいますよね。

人の悪いところよりも、人のいいところに目を向けて相手を好きになれる女性です。

また、お互い様という心理が働くのもそんな女性の特徴で、人のダメなところを許せたり愛せたりもします。

そういったタイプの女性が二股をかけてしまうのもわかる気がしませんか?

人に優しく懐も広ければ男性かも好かれます。

そんな男性がアプローチを仕掛けてみた時、丁寧な対応や笑顔で相手をしてくれたら期待したくなるのも当然。

「うまくいきそう!」とますます押しが強くなってきそうです。

そして、そのままズルズルと二股の関係がスタートしてしまいます。

心が弱く、ひとりではいられないから

心が弱い女性なら、心理的に支えてくれる誰かを求めて生きているはずです。

恋人がいつもそばにいてくれればその心も満たさせるのかもしれません。

しかし、仕事が忙しい恋人だったり、遠距離恋愛中だったりしたらそれも無理な話でしょう。

一緒にいても仕事のことばかり考えていて上の空な恋人。

辛い時こそそばにいてほしいのに、なかなか会えない距離の遠い恋人。

こんな恋人ならいてもいなくても変わりないのです。

でも、ひとりでいられるほど強くもないので、近くにいてくれる別の男性を見つけては二股をかけてしまうことに。

「支えてくれないあの人のせい」なんて思い、罪悪感もないままそれを続けてしまうこともあります。

本命男性の物足りない部分を誰かで補いたい!

完璧な人間なんていないはず。

本命の恋人がいても、きっとどこか物足りなく感じる部分があるのではないでしょうか。

その何かを別の男性で補い、自分の不満を満たそうという心理から二股をかけてしまうこともあります。

とっても身勝手な理由のようですが、恋人を手離したくないからこその工夫のつもりかもしれません。

なかなか時間が取れない恋人なら、誘えばOKしてくれる暇な男性をキープしておきたくなります。

また、恋人が貧乏な人なら、別のお金持ちの男性にプレゼントをもらい、それで我慢しようと考えたりも。

恋人が大事で別れたくないからこそ、不満をぶつけて喧嘩なんてしたくはありませんよね。

だから、イライラやモヤモヤを解消してくれる別の男性の存在が必要なんです。

情の厚さや優しさのせいで本命を選べない

情に厚かったり、優しい性格のせいで本命を選べないという女性もいます。

長く付き合い続けた恋人を振るのが可哀想で、はっきりと別れを切り出せない状態のまま別の男性との交際を始めてしまうパターン。

「せっかく告白してくれたのに断るなんて申し訳ない」という心理から、なんとなく付き合って二股関係になってしまうパターン。

その優しさは残酷で、自分でも罪悪感を感じていないわけではありません。

でも、「今日こそ選ぼう」と決めても、その決意はすぐに揺らいでしまいます。

こんな自分なのに優しくしてくれたり幸せそうにしてくれたりしたら、本命を選ぶことが申し訳なくて辛すぎて…。

心のどこかでは、どちらかが自分に見切りをつけてくれることを待っているかもしれません。

二股をかける女も楽しいばかりじゃない

二股をかける女って、周りからすると「どんな心理なんだろう」と呆れたり、どうしても嫌な印象を持ってしまいます。

でも、案外そんな女だって二股を楽しんでいるばかりじゃないようです。

そうでもしなければ自分を支えられない人や、誰かを傷つけることができずに苦しんでいる人もいるということ。

今回それがわかり、ちょっとだけ二股をかける女の印象も変化したでしょうか。

しかし、やっぱり二股は心からの理解や賛同を得られるものではありません。

本命を選べずに苦しむような日が来たら、ちゃんと立ち止まって答えを出す努力をしたいですね。

浮気・不倫
シェアする
ラブベイト