「先輩が好き…♡」4つのアプローチ方法で先輩を振り向かせよう!

恋愛を成功させる第一の法則は、自分の長所を最大限に生かすこと!です。

それはもちろん、先輩を好きになったときも同じです。

「先輩から見たら私なんて子供かも…」「自分の良さがわからない…」などの迷いは、今回の記事を読めば払拭できます。

あなたの良さ、先輩をキュンとさせて振り向かせる方法。

全部まとめてお伝えします。

先輩に恋したときの女性の心境

年下というコンプレックス

先輩を好きになったとき、女性はこんな気持ちになりがちですね。

  • 同年代と比べたら、私なんて子供っぽく見えるんだろうな。
  • 私としゃべっても先輩は退屈しそう。
  • どうすれば私も大人っぽくなれるだろう。

先輩と同年齢の女性

先輩に恋をした場合、どうしても気になってしまうのが、先輩と同じ年齢の女性たちです。

魅力的だし存在感もあるし、中身も大人なんだろうな…というふうに、どんどん年上女性のイメージが膨らんでいきます。

でも年上の女性は、真逆の発想で後輩女子のことを見ています。

たとえば「お肌がつるつるで羨ましいな」とか、「後輩の女子って反応が可愛い」とかです。

また、年下女子と一人の男を取り合うような関係になったとき、「若さには勝てない」と考える傾向もあります。

男の恋心はシンプル

男という生き物は、若い女子たちがイメージする何倍も単純です。

もちろん、その中には驚くほど勉強が得意な人もいるし、理屈っぽい人も、皆のリーダー的存在もいるでしょう。

だけどそれは、学業やスポーツや仕事というフィールドでの話です。

舞台が『恋愛』や『異性との関係』になった途端、単純な回路で心や体が反応し、感動し、あっという間に夢中になってしまいます。

もう一点、男が私たち女性と大きく違う点は、惚れた相手じゃなくても「好き」と言ってくれる人が現れたときに純粋に「嬉しい!」と思える点です。

女性の場合はモテたいという意識はありつつも、全く興味のない男性から告られると複雑な気持ちになりますね。

場合によっては、「あんな男に好かれてたなんて!キモっ!」と思うこともあります。

男はモテたい欲求と、誰かに好かれたときの喜びとがちゃんと一致します。

女性のように、「モテたいけど変な男に言い寄られると微妙…」というような、複雑でわかりにくい存在ではありません。

あなたがもし先輩に思い切って「好き」と伝えたら、先輩は間違いなく嬉しいと思ってくれます。

少なくとも、告白されて迷惑だと思ったり、急に相手を避けるようなことはしません。

先輩を振り向かせる方法

年下の女性には寛大

好きな先輩を振り向かせるためには、年下ならではの魅力をアピールするのが効果的です。

男性は年下の女性に対しては「俺の方が大人」という意識を持って接してくれますので、多少ぐいぐい距離を縮めていっても寛大な気持ちで見てくれます。

普通、男性は押してくる女性のことを「重い女」だと感じて逃げ腰になりますので、そういう点で考えても年下女子は有利です。

先輩を振り向かせるアプローチ4つ

①接点をつなぐ

1対1の接点を持つことは、先輩と仲良くなるためには必須です。

LINEなどで先輩とつながるのが、恋愛を成功させる第一歩です。

「連絡先交換してもらっていいですか?」とストレートに言っても、後輩女子からのお願いならすんなり受け入れてくれる男性が多いです。

②「嬉しい」「楽しい」は多めに発言

男性から見て、年下女子の可愛さは何といっても『素直さ』です。

駆け引きばかりしてくる大人の女とは違うということを強調するために、真っ直ぐなコミュニケーションを心がけましょう。

「先輩と話していると楽しい♪」「昨日のLINEで元気が出ましたー!」など、わかりやすく気持ちを伝えてくる後輩というのは、先輩にとって可愛くてたまらない存在です。

③「勉強になる」という言葉で先輩を立てる

男女関わらず、年下の人から言われると嬉しいのが、「勉強になります」という言葉。

「先輩と話していると、凄く勉強になります」「私が知らないこと、たくさん知ってるんですね」などのセリフは非常に喜ばれます。

そう言ってくれる女性に対し、男性は「俺はあの子の役に立てている」と感じますので、これからも役に立ちたいと考え、気にかけてくれるようになります。

④悩みごとを打ち明ける

先輩は自分の方が年上だという意識を持っています。

そして男性には、できれば女性よりも優位に立っていたいという欲求があります。

年下女子として可愛さをアピールしながら、後輩らしく彼に頼る姿勢を見せれば一石二鳥です。

可愛いという姿に胸キュンさせつつ、悩みを打ち明けて彼を優位に立たせてあげる。

後輩女子だからこそできる技ですね。

また、気にかけている後輩が悩みごとを相談してくるようになると、「気晴らしに一緒に出かけよう」とか「美味しいものを食べたら元気出るよ」といった誘いの言葉が彼の口から出る可能性が高くなります。

男と女は、ふたりきりで会う関係になれば、あとは時間の問題で恋に落ちます。

あなたの最大の強みは「若さ」です

男性目線で世の中の女性たちを見ると、年上の女性には年上ならではの良さがあり、同年齢には同年齢の良さがあります。

そしてもちろん、年下女子には年下ならではの良さがあります。

先輩を好きになったとき、背伸びして大人っぽい女を演じる必要はありません。

むしろ、「やっぱり若いなー!」「年下って可愛いなー!」と、先輩にはっきりと年齢差を感じさせる方向でアピールした方が勝算は上がります。

同年代や年上の女性たちが、若い女子の可愛さや、肌の美しさや、純粋に人を好きになる情熱に勝てるわけはありません。

女にとって若さは武器ですよ。

それは十代でも二十代でも、アラサーになってもアラフォーになってもです。

その証拠に、「男って若い女が好きだよね」というセリフは、テレビ番組でも、どこかの酒場でもしょっちゅう出てきますね。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。