「男をデレさせる究極の甘え方3選♡」甘え方の極意を教えます♪

愛されテク
スポンサーリンク

あなたの周りには男をデレさせる甘え上手な人はいますか?

なかなか素直になれなかったり、照れて上手く甘えられない人必見の甘え方の極意を教えます!

甘え上手な人と甘え下手な人の特徴

甘え下手な人はプライドが高く、甘える事が弱みだと考えています

恥ずかしがりで甘えることが自分のキャラでは無いと思っていたり、甘える事で彼の負担になるのではと遠慮をしてしまうのです。

そして、そこにプラスして育った環境も深く関係してきます。

妹・弟の面倒をみてきた長女は甘えるのが苦手で、親が忙しく我慢ばかりしていると素直に甘えることができません。

「甘え=わがまま」だと捉える傾向があります。

逆に甘え上手な人は、相手の懐に入るのが上手です

人の心を掴みやすかったり、愛想が良かったり柔らかい雰囲気を持っています。

自分ではそんなつもりじゃなくても、この子に何かをしてあげたい!と思わせる事が出来るのが甘え上手の特徴です。

育った環境で言うとみんなから可愛がられる末っ子や、親の愛情を独り占め出来る一人っ子が上手な甘え方を知っている人が多いです。

それでは、「男を虜にする」のはどちらのタイプでしょうか?

答えは、後者の甘え上手です。

そこで、上手く甘えられない人はのために、甘え上手になるアドバイスを伝授します!

ボディタッチをしながらお願いする

恋愛テクニックの1つとして紹介されるボディタッチは、甘える際にもとても効果的です。

ボディタッチは、相手との距離を縮める方法の1つです。

特に日本人はスキンシップにあまりなじみが無い分、ボディタッチには心が動かされやすいのです

その状態で甘えられると男は簡単にお願いを聞いてしまうでしょう。

しかし、ポイントはいきなりベタベタしすぎない事。

人間にはパーソナルスペースというものがあり、他人に近づかれると不快に感じる空間のことです。

その空間にいきなり入ってボディタッチをすると男も警戒してしまいます。

あくまで少しずつボディタッチをしてみて下さい。

ただ甘えるよりボディタッチをしながら甘えるほうが効果的で、可愛いという印象を持ってもらいやすいです。

男を立てるのが上手

男はカッコつけたい生き物で、頼られることに喜びを感じる人も多いですよね。

相手を立てるのが上手い人は、「○○で○○なところがカッコいい!」と具体的な褒めポイントを見つけるのが上手です。

相手もお世辞を言われたのではなく、ちゃんと見てくれていたんだと嬉しくなります。

男性は、女性から褒められると「何かをしてあげたい」気持ちが芽生えます

男を立てるのが上手い女性ほど、一緒にいると居心地がいいなと思ってもらいやすいのです。

このポイントは、あくまでも自然な流れで褒めるということ。

わざとらしいと嘘っぽいですし、下心がみえるとあざとい女だお思われることもあります。

自然な会話の流れから相手を褒め、気分を良くしてから甘えると男もデレデレです!

甘えるタイミングを見計らうのが上手

甘え上手な人は、甘えるタイミングを見計らっています。

相手を観察して、その絶妙なタイミングを狙い甘えているのです

男性がデレるほど嬉しくさせるためには、相手の性格や状況を観察することで成功する確率が上がります。

そのためにも、まずは相手の事を知ることが大切です。

男性に興味を持ち行動パターンから観察していきましょう。

【まとめ】男をデレさせる甘え方

男をデレさせる甘え方をご紹介しましたがいかがでしたか?

すごくベタですが、上目遣いや声色を変えるのも効果的です。

定番中の定番すぎてあざとく感じられがちですが、こういったベタなテクニックに弱い男性は多いのです。

ただし、これもわざとらしく感じさせないというのがポイントです。

今回ご紹介した甘え方は、少し間違えるとわざとらしかったりあざとく感じられたりします。

甘え上手な人はそのボーダーラインを見極めるのが上手いのです。

甘え下手な人からすると少しハードルが高く感じるかもしれませんが、まずはボディタッチから始めてみてはどうでしょうか?

甘えるという目的ではなく、相手との距離を縮めるという目的で始めると良いと思います。

それでもなかなかボディタッチが出来ないというのなら、まずは男性の洋服を掴むのも良いですよ!

裾を掴んで「ねぇねぇ」なんて呼びかけると男性もにやけちゃいます。

甘え下手な人も、まずは行動に移すことが甘え上手に近づく1歩です。

是非実践して男をデレさせる甘え方を身に付けて下さいね!