いい男が付き合う女性に求める「譲れない条件」とは?

あなたは、付き合うなら「いい男」じゃないと絶対ダメ!と思っていますか?

もしそうなら、「いい男が付き合う女性に求める条件」を知っておきましょう!

いい男は女性へのこだわりが強く、譲れない条件をたくさん持っています

せっかく出会ったチャンスを逃さないためにも、ここで付き合う条件をリサーチしておくのがおすすめです!

今回は譲れない条件を5つご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

自分好みのスタイルとセンスを持っているかどうか

いい男というのは普段からモテモテで、存在感も人一倍あります。

そのため、常に周りの視線を意識しながら生活をしているので、服装や髪形など身なりもきちんとしています。

そんないい男が連れて歩く女性は、みんなが羨むような素晴らしい人じゃないとダメというのは言うまでもありません

例えば、スタイルが良くてセンスも抜群の女性です。

でも、いい男は条件が厳しく一般的にイイと思われるくらいの人じゃ物足りないというのが本当のことろ。

スタイルが良くても話し方がイマイチだと興味が持てなかったり、一般常識はあっても知性に欠ける人は嫌だと思ったり、スレンダーがいいとかグラマーな方が好きなど、好みも様々です。

そんなに高望みなんて何様?と思ってしまうかもしれませんが、いい男というのは女も選び放題。

スタイルもセンスの良さも、自分の好みにぴったり合っていなければ他を探すだけです。

優しい性格と一途な心でずっと愛してくれる人

いい男ならこれまでにたくさんの女性と付き合う機会があったはずです。

自分から近づかなくても、女性から寄ってきてくれるような環境なため、色んなタイプの女性とお付き合いしてきたと思います。

その機会が多ければ多いほど、キツい性格の女性に苦労したこともあったはず。

だからこそ女に対する警戒心が強く、ほっとできるような優しい性格の女性を付き合う条件としている人もいます

また、いい女と付き合ってきたということは、他の男に取られてしまった経験もあります。

そんな男性は、「やっぱり一途な人でなくちゃ!」と思っているでしょう。

いくら女に慣れているように見えても、根は純粋な少年のままということも多いのです。

だからこそ、そんな男心を包み込んでくれるような優しさと一途さは外せない条件といってもいでしょう。

結婚に対する価値感が合う女性であってほしい

いい男はモテ期をいつまでも楽しみたいから、結婚するよりもたくさんの女性にチヤホヤされ続けたいと思っている人も多いでしょう。

それでも、結婚に対する価値観が合う女性と出会えれば、「結婚もいいな」と思うはず。

チヤホヤされる環境から卒業して、一人の女性のものになると考えれば、価値観が合う相手じゃないと納得できませんよね。

それに、いい男だからって遊び人ばかりじゃありません。

見た目はチャラくても、結婚に対する価値観さえ合うなら、すぐにでも結婚して落ち着きたいという男性だっています。

甘えたい&頼られたい気持ちがちゃんとわかる人

男性は頼りにされたい反面、甘えさせて欲しいと考えているものです。

だからいい男も、寂しい時や疲れた時は女性の包容力に包まれたいのです

そして、いざという時は頼りにされる男でいたいと思っています。

こんな複雑な男心をちゃんとわかってくれる女性がいればな…と考える男性も少なくありません。

気持ちをわかろうとしてくれて、その都度合わせようとしてくれる女性はさすがのいい男もキュンときます。

自分の習慣やこだわりに理解がある女性

いい男だからこそ、自分の習慣にこだわりがあるはずです。

それを否定するような人とは付き合いたくないと思ってしまうもの。

だからこそ、付き合う条件に「自分の習慣やこだわりに理解がある女性」と言う人もいます

わざわざ自分を捨ててまで一人の女性を選ばなければいけないほど、女に困っているわけではありませんよね。

きっと、理解がないとわかればすぐに別の女性を探すか、次の機会をのんびりと待つのでしょう。

それくらい余裕なので、付き合いたいなら女性からわかりやすく理解を示していることをアピールする必要があります。

【まとめ】いい男と付き合うなら第一印象を大切に

いい男は他の男達よりも女性を見る目が厳しいです。

そのため、まずは第一印象を大切にしましょう。

そうじゃないと、アプローチする前にさっといなくなってしまうかもしれません。

自分をよく見せることだけじゃなく、どれだけ相手にインパクトを与えられるかというところもポイントです。

他の女性にはない、自分ならではの魅力や特徴を見せて興味を持ってもらいましょう。

また、追われることに慣れている相手ですから、たまには追いかけたくなるような駆け引きも試してみてください。

ただ、相手のプライドを傷つけない程度にしておかないと、「じゃあいいよ」となってしまうので注意しましょう。

Writerこの記事をかいた人

monshi

恋愛の記事を書きながら、人との向き合い方についていつも考えさせられているわたしです。 恋愛に正解なんてないけれど、いろいろな考え方をわかりやすくお伝えしてヒントにしてもらえたら…。 そんなわたしのささやかな願いを受け取ってもらえたら嬉しいです。