今彼がいるのに元彼が忘れられない女の子へ 。後悔しない方法とは

元彼を過去の人にしたいから新しい恋に進んだはずなのに、なぜか今彼との時間を楽しめない。

何でだろう、心が納得してくれない。

そんな、今彼といるときも元彼の影を追いかけてしまう女性が後悔しないために、これから6つのメッセージを贈ります。

今彼を代用品にしてない?

元彼に振られて寂しいから、早く次の恋でその寂しさを埋めたいと思っていませんか。

その結果が「今」です。

今彼と付き合ったのは、過去の男性を忘れるための「手段」でしかなかった

そんな男性に心から好きだと言えるほどの愛情をあなたは持っていなくて、きっと、これからもその愛情が溢れ出すことはないのかもしれません。

時間が経てば元彼を忘れられるのでは……という甘い気持ちは、今彼のことを考えていないエゴイズムそのもの。

お互い前を向いて歩くためにも、今彼を代用品にしていないか、胸に手を当てて考えてみてください。

どちらを失いたくないと思う?

元彼と今彼のあいだで揺れ動いたとき、選択肢の一つとして「どっちといる方が幸せ?」と考える方法があります。

でも、幸せなんてタイミングと流れ次第。

幸せよりも『どちらを失いたくないか?』と考えた方が、よりはっきりと答えは見えてくるもの

元彼に未練を持ちながら、今彼の優しさにすがってしまったあなただから、幸せよりも「失うこと」の方がよりリアルに感じられるはずです。

そもそもどうしてそんなに悩んでるの?

あなたをそこまで悩ませてしまう理由は何でしょうか。

今彼が頼りなくて、元彼と比べてしまうから?

元彼がちゃんと私を振ってくれなかったから?

どちらにしても、その原因をあなたではなく「別の誰か」が作ったと思っているかもしれません。

でも、付き合っている人がいるのに別の男性のことを想い続けるのは、他の誰でもなくあなたの責任です

早く過去の恋を清算したい、寂しい気持ちを誰でもいいから埋めてと欲しているのは、間違いなくあなたの心の中にあるもの。

辛い現状を誰かのせいにしているうちは、どんなに新しい恋をしてもうまく行かない場合が多いものです。

思い出は美化されやすいもの

「あの時が一番幸せだった」と、時が過ぎるほど思い出は美化されていきます。

そして、元彼のことをきちんと整理できていない人ほど、「思い出」にすがるように……。

でも、もうあなたの隣に彼はいないし、過去に戻ることだって出来ません。

元彼との思い出に浸ってしまうと、思い出だけではなく、元彼の存在までもが美化されていきます

すると、元彼と今彼を比べるようになります。

2人はまったく別の人間なのに、スペックを比較しては元彼に思いをはせてしまう。

ずっと忘れられず、ずっと引きずったまま過ごすことが、今彼に対して誠実なことなのかをまずは考えてみてください。

愛するより愛されていたいだけなのかも

お付き合いが始まると、彼から沢山の愛情をもらうと思います。

2人きりのときも、電話やメールでも「好きだよ」と愛情表現をしてもらえるとすごく幸せな気分になったはず。

こうした幸福感に溢れた時期というのは、なかなか忘れることができず、その時に戻りたいと思ってしまいます。

愛されていた時が最高に幸せだった人は、愛するよりも愛されることに重きをおくようになります。

だから、元彼のことがまだ好きでも、愛してくれない人よりも愛してくれる人と一緒にいるほうが安心するのです

もしかすると心のどこかで「愛されないと価値がない」と思い込んでいるのかもしれません。

そんな自己肯定感が低い考え方は、女性ほど多いと言われています。

でも、人の愛情というのはアンフェアで、気まぐれで、どこかいい加減なものです。

その恋が終わったとき、その時の価値観にすがっていれば、別の男性が現れても乗り越えることができなくなるでしょう。

復縁を望んでいないなら最後まで演じきって

元彼のことを引きずっている自分が嫌で、迷った末に、今彼と別れた方がいいと思っている人もいるかもしれません。

ただ、元彼と復縁するつもりがないのなら、今彼との関係を大切にしてもいいのではないでしょうか?

誰でも忘れられない人はいます。

忘れられないほど好きになった人をずっと心の中に抱えながらも皆幸せを掴んでいます。

だから、元彼への気持ちは自分だけの秘密にしておきましょう。

今彼のことを大切だと思う気持ちが残っているなら、彼とゆっくりと愛を育んでみるのも良いと思います。

まとめ

先があると思ったら行き止まりだったり、この先はないとおもったら抜け道があったり、恋はいつも迷路のようです。

上から見て進むことができないから常に立ち止まり、迷いながらも自分で判断をしなければいけません。

今彼と付き合っているのに心は元彼にあるというのは、立ち止まらず目先のことだけで動いているからではありませんか。

闇雲に動けば深みにハマって抜け出せなくなるだけ。

そんな時こそ、立ち止まり自分の気持ちをちゃんと見つめ直すことが大事です

すると、元彼のもとに戻ろうとUターンする道も、どうしようもなく今彼に会いたいと前に突き進む道も切り開けてくるはずですから。

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。