「大人のデートしてもらってますか?」男の本気はデート内容でわかる!

お洒落なデートに憧れはあるけど、それって映画とかドラマの中の話でしょ。

…などと思っている女性は、まだ本当の意味で大人の恋を経験できていない可能性大です。

大人の男性は、高校生や大学生とは違います。

本気で落としたい女性や本命彼女には、ちゃんと素敵なデートコースを用意してエスコートするのが大人の男というものです

今回は、デートの行き先から男の本気度を探っていきます。

男の本気度はデートに表れる

男性がデート相手に抱いている感情

デートしてくれたからといって、男性の気持ちは一律ではありません。

相手に抱いている感情には様々なものがあります。

男性がデート相手に持つ感情は色々

  • 絶対に付き合いたいと思っている。
  • 好きで好きでたまらない。
  • 気に入ってはいるけど、好きとまではいかない。
  • とりあえず一緒にいて楽しい程度。
  • 気が合う友達のような感じ。

本気度が高い相手とのデート

男性の本気度が高い場合、その気持ちはデートコースにはっきり表れます。

大人らしく落ち着いて会話ができるお店をチョイスしますし、話題のデートスポットもきちんと調べます。

デートのとき「男の本気度」が表れるポイント

  • 相手の女性に対し、行きたい場所や食べたい物などを事前にしっかりリサーチする。
  • ふたりで過ごすための時間を多めに取ってくれる。
  • 行き先の地図や交通手段など、下調べ済なのでデート先で迷わない。
  • 女性が喜びそうなお洒落感が高い街や、景色の美しい場所に連れて行く。
  • やや照明暗めの静かなレストランや、お洒落なカフェなどをチョイスする。

本気でその女性のことを落としたいと思っている、または今付き合っている恋人に夢中である場合、男性は女性を喜ばせるために最善の努力をしてくれます

「それなりの女」は居酒屋対応

大人の男女が食事デートをする際、割と定番にされやすいのが居酒屋デート。

アルコールの種類も豊富だし、気の利いたメニューが揃っていて、女性から不平不満が出にくいのが居酒屋を選ぶメリットといえます。

これを男性側の視点に立ってよーく考えてみると、『何のひねりも工夫もしなくて良い』ということになります

洋食っぽい物もあるし、デザートもあるし、一通り美味しい物も揃っているわけですので、どんな女性でもそこそこ満足してくれます。

つまり、努力しなくてもまぁまぁ満足してもらえて楽だということです。

男性は本気で落としたい女性や愛する彼女に対しては必死で努力します。

何が何でも振り向いてほしい、感動させたいという思いがあれば、とりあえず居酒屋という選択はしません。

逆に、話していてそれなりに楽しい、それなりに好きという相手を誘うときには、便利な居酒屋を選ぶ傾向があります。

食べ放題に連れて行く男性の心理

飲み放題や食べ放題プランがある店で、デートをするカップルも割とよく見かけますよね。

ふたりの間で「今日はとりあえずガッツリ飲み食いしたい!」と意気投合している場合はそれもありです。

また、付き合いが長くて散々デートしてきた仲なら、たまには気さくに食べ放題・飲み放題という選択をしても不思議ではありませんね。

しかし、そんなに慣れ親しんだ仲でもないのに、彼の提案で食べ放題のお店に連れて行かれたという流れになっているなら、彼はあなたに女を感じていない可能性があります。

食べ放題デートを選ぶ男性の心理

  • デートというよりも食欲を満たす方に気持ちがいっている。
  • ふたりの雰囲気よりも、金銭的な安心感を優先させている。

高嶺の花をデートに誘う場合

高級店を予約する

男性がデート相手の女性のことを『高嶺の花』のように感じている場合は、通常の大人デートよりもさらに頑張って、ワンランク高いお店を予約することもあります。

移動のとき女性に苦労させない

男にはプライドというものがありますので、セレブな女性やお嬢様が相手のときは、背伸びしてでも対応しようとする傾向があります。

他の女性とデートのときは電車を使って移動するのに、デート相手が高嶺の花になった途端、タクシーを利用することもあります。

まとめ

男も女もお気に入りの相手のことは『特別扱い』したり、喜ばせたいと思うものです。

特に男性は、気持ちと行動が一致しやすい特性を持っていますので、デートコース選び一つを見ただけで、本気度がわかる傾向があります。

どこのどんなお店を選んだとしても、ふたりきりでの食事デートが実現しているなら、嫌われているということはありません。

ですが、嫌われていない=好きという意味ではないのです。

デート先を考えたときに「ま、とりあえず居酒屋でいいかな」と思われるということは、それなりのレベルの女だと思われている可能性があります。

「あの子と食事かー。食べ放題でいいっしょ。安く付くし」などと思われているとなれば、もはや彼は異性とのデートという認識さえ持っていないかも知れません。

知識も経験もお金もない学生なら、デートのチョイスが狭いのは仕方ありません。

ですが、大人の男女なのに、大人らしい素敵なデートをしてくれないということは、彼のこの恋に対する本気度が足りないのです。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。