「これが恋なの?」自分の気持ちをチェックしてみませんか?

「ある人の言動が気になって仕方ない」「一緒にいると胸の鼓動が鳴り止まなくて辛い」…こんな経験、ありませんか?

これって恋なんでしょうか。

気になる相手なのに避けてしまったり、タイプじゃないはずの相手にときめいてしまってわけがわからなくなることもあります。

もし今のあなたがそんな自分に悩んでいるなら、ここで一度チェックしてみてください。

自分の気持ちがはっきりわかれば、恋愛の傾向やタイプ別のアプローチの仕方も見えてくるかもしれません。

その人のことをついチラチラ見てしまう

ある人の言動が気になり、その人のことばかりついチラチラ見てしまうことってありますよね。

周りや相手は、その様子を見て「これは恋だな!」とピンと来ます。

でも、やっている本人は意外と自覚していないなんてことも結構あるみたいなんです。

あなたはどうですか?

無意識だから、どのくらいの頻度で見ているか、どれくらい熱い視線を送っているかもきっとわかっていないはずです。

では、相手の男性に「何?」と言われたり、周りの人に「どうしたの?」と聞かれた時、どんなリアクションをしているでしょうか。

「何が?」ととぼけたあなた!

「見てないってば」とイライラしちゃったあなた!

それは、好きという気持ちに気づかれそうになって動揺している証拠でしょう。

恋なのかチェックするために、そんな自分の素直じゃない態度と向き合ってみてください。

目が合うと焦ってそらしてしまう

その人ばかりを見てしまうくせに、いざ目が合うと「ヤバイ!」なんて思って目をそらしてしまう…。

これはまさに恋する乙女の症状ですね。

相手が気づかないうちは余裕でいられますが、気づかれたら途端にどうすることもできません。

時には、「見つめているだけでいいんだからこっち見ないでよ!」なんて、イラっときちゃうこともあります。

そんな時、「これって恋なの?そうじゃないの?」とわけがわからなくなってしまいませんか?

だって、好きならこんな絶好のチャンスを無駄にしないはずだし、ちゃんと嬉しいと思えるはずだから。

でも、今回のチェックで今後は迷わなくて済みそうですね。

「ヤバイ!」と思うのは、好きな気持ちが相手にバレちゃいそうで怖いから!

見ないでほしいのは、恥ずかしくてたまらないからなんですよ。

ふたりでいると胸の鼓動が辛くて落ち着かない

「好きな人といると落ち着くの」なんて言う友達もいるのに、自分はあの人とふたりでいると辛く感じるのはなぜなのでしょうか?

落ち着くどころか胸の鼓動が鳴り止まず、その場から逃げ出したくなってしまうこともあります。

だから、ふたりきりの時間が苦痛でたまりません。

こんなの恋じゃないのでしょうか?

ここでチェックしておきたいのは、逃げ出したり苦痛に感じた時に別の自分の感情が生まれているかどうかです。

逃げながら、ちょっとムフフと微笑んでいたりしませんか?

ふたりきりになれた後、ちょっと機嫌が良くなっている自分に気づきませんか?

好きでもない相手に胸の鼓動は反応したりなんかしません。

ドキドキは恋している証拠。

そのドキドキが辛いのは、恋している自分の気持ちをちゃんと受け止めていないからなんです。

「あの人のことが好きなんだ」と思えたら、胸の鼓動がきっと愛おしく思えてくるはずですよ。

いつの間にか相手のお気に入りを真似している

人の真似ばかりしてくる女友達ってイライラしませんか?

あなたもそのタイプなら、きっと同じようなことをしようと思わないはずです。

それなのに、いつの間にかある男性の真似ばかりしちゃってる…そんな経験ないでしょうか。

恋をすると相手のことを知りたくなり、観察したり人から少しでも情報を得ようとします。

そして、知ると自然と相手のお気に入りに意識が向くようになり、自分まで好きになっちゃうんです。

ここで恋しているかのチェックをしましょう!

ここ最近のあなたは、好きな音楽やお気に入りのブランドなどが変わってきていませんか?

知らないうちに好きな人から影響を受け、同じお気に入りを共有することで心が満たされている自分に気づきましょう。

同じお気に入りを作って話題を増やそうとか、近づけるチャンスがほしいと企む計算高い女子ばかりじゃありません。

知らないうちに、好きな人の世界にハマっていってしまうのも恋なんです。

診断からわかるあなたの恋のパターンは?

今回の診断で自分の恋愛の傾向が把握できたでしょうか。

恋をした女性がどんな風に変わるのかを知り、たくさんあるパターンから自分のタイプを見つけてみてください。

感情をコントロールできなくなっちゃう人、すぐに相手に染まってしまう人…いろいろいますよね。

あなたがどんなタイプかわかれば、そこからアプローチの仕方を考えていくことができます。

感情をコントロールできなくなっちゃうなら、恥ずかしいとかもやもやする気持ちをそのままぶつけたってかまいません。

「それくらい好きでいてくれているんだな」って、きっと伝わりますよ。

すぐに相手に染まってしまうなら、自己満足で終わらせるのはやめて話しかけるきっかけにしてみましょう。

自分の気持ちがチェックできたら、あとはその恋を前に進めるだけです!

Writerこの記事をかいた人

monshi

恋愛の記事を書きながら、人との向き合い方についていつも考えさせられているわたしです。 恋愛に正解なんてないけれど、いろいろな考え方をわかりやすくお伝えしてヒントにしてもらえたら…。 そんなわたしのささやかな願いを受け取ってもらえたら嬉しいです。