彼女にしたくない「痛い女ワースト4!」特徴とは?改善法はあるの?

あなたは理由も分からず彼氏にフラれたり、なんだか嫌われてるかも…と思った事はありますか?

それってもしかしたら「痛い女」と思われているかもしれません!

知らず知らずのうちに痛い女のレッテルを貼られて敬遠されてしまったら嫌ですよね。

今回は痛い女の特徴と改善法をチェックしていきましょう。

勘違い女

世の中にはいろんな女性がいて、自分に自信がある方もいればそうではない方もいます。

自分に自信があっていつも明るい女性って素敵ですよね。

しかし、その自信が間違った方向へ行ってはいませんか?

可愛いの基準は人それぞれですが、自分の事を可愛いと思っている言動は人に嫌われます。

例えば、鏡を頻繁に見ていたり、髪の毛をくるくるいじってみたり、あひる口をしていたり…。

何故かこういった女性はちょっと男性と目が合ったり、楽しくコミュニケーションしたりすると「自分に気があるに違いない」と思い込む節があります。

まだ自分の中で「そうなのかも」と留めておけばいいですが、周りの女性たちに「あの人って私の事好きみたいで~。困るんだよね」などと言いふらしてしまうと完全に痛い女です。

そういった噂がその男性の耳に入った日にはドン引きされる事間違いなしです。

改善法

そんな勘違い女性の改善法は、表に出さず謙遜する事を覚える事です。

正直自分が可愛いと思っている人間が急に可愛くないと思うようにする事はできませんし、そこまでする必要もありません。

本当に可愛い女性は自分の事を可愛いなんて言いません。内に秘めて、ここぞという時に発揮するのです。

謙遜する時も「そんな事ないですよぉ」と語尾を高めないようにしましょう。

自称サバサバ女

反対に、恋愛や男性には興味がありませんと言ったクールな女性っていますよね。

それが本当に仕事熱心だったり、興味がないのであれば特に気にする事はありませんが、本当はネチネチして面倒くさいタイプだと痛い女と思われているかもしれません。

「私サバサバしてるから」という女性に限って他人の恋愛に口を出したり、上からアドバイスをしてきたりします。

自分は恋愛マスターかのごとく、サバサバの意味をはき違えている女性は見ていてイタイと思われます。

改善法

サバサバって深く考えすぎず、さっぱり男らしいような性格と捉え、それが格好いいと思っているのかもしれませんが、その概念を辞めましょう。

女性から見たら、さっぱりとして飾らない女性は格好良く見えるかもしれませんが、男性からはモテません。

いきなり性格を変える事は難しいですから、日々「ありがとう」と言う事から始めてみましょう。

普段偉そうな女性から言われるとギャップを感じますし、相手の明るい反応を見ているうちに偉そうな事を言えなくなるに違いありません。

見栄っ張りな女

誰でも人に良く思われたいと思うものですよね。

自分の好きなブランド物や高い服をお金を貯めて買うのは良い事だと思いますし、頑張っている事などを人に話すのもいいと思います。

しかし、見栄っ張りな女性というのは無理しているのにも関わらず、いつもブランド物や高い服を買っているアピールをしたり、彼氏や父親、良くしてくれる人に貰ったなどと言います。

こういった女性は見栄がエスカレートすると、平気でバレバレの嘘をつくようになります。

本当にお金を持っていたり、教養のある女性は発言だけでなく所作でも分かるものですが、見栄っ張りな女性は周りから痛い女と思われてしまうだけです。

改善法

身の丈に合った格好で良いと受け止める。

周りから「綺麗」「素敵」と思われたいのであれば、外見ではないという事を理解しましょう。

本当に育ちが良い女性は自慢もしませんし、見せびらかす事もありません。

いくら高い物を持っても、結局自分への劣等感から次々に見栄を張ってしまうのではないでしょうか?

どうしてもブランド物を持ったり、ステータスを上げたいのであれば自分のスキルを上げる事です。

そうする事でエリートマンと出会え、本当にお金に困らない生活が出来るかもしれません。

見た目が痛い女

ある程度年齢を重ねたらそれ相応の格好や化粧をするものです。

しかしギャルメイクをしていたり、露出が多かったり、髪が明るすぎたり、若い頃は何をしても個性で許されるかもしれませんが、年齢を重ねたらそれなりのファッションやメイクの方がその人の良さを引き出す事が出来ます。

昔から慣れたメイクの仕方があるのかもしれませんが、いつまでも濃いメイクや露出度の高いファッションはイタイと思われる可能性があります。

改善法

決して年を取ったらお洒落をしてはいけないという訳ではありません。

ですが、適度な落ち着きは必要です。

まずは自分の年代のファッション雑誌から自分の好みの化粧やファッションをする事から始めましょう。

それを極めていくにつれ、そのファッションの良さがわかってくるでしょう。

最後に

自分では良いと思っているのに周りから痛い女と思われていたら悲しいですよね。

そうならない為にも、自分が痛い女になっていないかチェックして改善していきましょうね。

Writerこの記事をかいた人

みお

女性は常に悩みながら生きている。恋愛に仕事や友人関係。 そうやってたくさん悩みながら、美しく逞しい女性になっていくのだと思います。 そんな頑張る女性たちの生活をちょっとでもステキにするお手伝いができたらと思っています☺