空気を読まない女性はモテない!男性に好かれるためにすべきこと4つ

気が利く女性は、どこに行っても男性から好意を持たれます。

逆にいうと、『空気を読まない女は、男にモテない』ということです。

果たして自分は、ちゃんと周りの空気を読めてるんだろうか…とご心配な方は、是非今回の記事に目を通してみてください。

空気が読めない女性の特徴と、こうすれば男性に好かれるというポイントをたっぷり紹介します。

「空気が読めない女」ってどんな女?

随分前にK.Yという流行語にまでなってしまった『空気が読めない女』。

ここではまず、皆がよく使う空気って何?ということを整理します。

空気とは

  • 会話の流れやリズム
  • その場の雰囲気
  • そこにいる人たちの立場(上下関係・年齢・親しさの度合いなど)

その場にいるメンバーが変われば、空気も変わります。

たとえば職場の若い同僚たちだけで飲みに行けば、会社への不満や愚痴で大いに盛り上がることもありますね。

ですが、参加者の中に上司がいるときは、飲み会の雰囲気も会話の流れもがらっと変わります。

そこを読まずにいつもと同じテンションで、「うちの会社、残業多すぎー」とか「仕事辞めたくなるよねー」などと発言したら、あいつは空気を読まない女だと周りから判断されます。

男にモテない「空気を読まない女」の特徴

  1. 周りの気持ちを考えず、言いたいことを言う。
  2. そこにいる人たちの立場に関係なく、ストレートに本音を言う。
  3. 会話の流れを止めるように、話に割って入る。
  4. 笑うポイントがズレている(誰も笑っていないのに、一人でウケる)。
  5. とにかく自分の話が多い。

男性が好きな『気が利く女』とは、正に真逆のタイプですね。

こういう言動の女性は、間違いなく周りに引かれます。

男性が「空気を読まない女」に抱く印象

ここでは、会話の流れや雰囲気、周りの気持ちを読まない女性に対し、男性がどう感じるかを紹介します。

  • せっかく話が盛り上がってたのに、何で流れを止めんの?
  • 周りの表情見れば、ドン引きされてるってわかるだろ、普通。
  • コミュニケーション力、低すぎ。
  • 一番付き合いたくないタイプだな。
  • この女、帰ってくれないかなー。そしたら楽しくなるのに。

男性に好かれるためにすべきこと4つ

相手の視点に立つ努力が大事!

コミュニケーションというのは、言いたいことを好きなタイミングで言うと、周りをドン引きさせてしまうことがよくあります。

周りにいる人たち一人一人の『立場』になった上で、「この言葉は使わないようにしよう」とか「これは言わない方が無難かな」と、頭の中で取捨選択してから話すクセをつければ、空気を読まない女だとは思われなくなります

周りの人たちの立場を考える

  • 年齢・仕事上のポジション・性別
  • 既婚・未婚・独身・子供の有無
  • 恋人の有無

たとえば社内の人たちとの忘年会の席で、本音を言えば「給料もボーナスも入ったんだから、パーッと二次会まで行っちゃおうよ♪」という気持ちがあったとしても、メンバー構成によってはそういう言い方はしない方が良い場合があります。

子供を2人も3人も抱えている人は、独身者ほどパーッと使えるお金を持っていないですね。

『既婚者の人の前でこの発言をしたら、嫌な気分にさせるかな…』とか『生涯独身の寂しい男性や、ずっと恋人がいない同僚に対して、こういうことを言ったら傷つけちゃうかな…』といったことを考えるクセをつけましょう。

メンバー全員の「いい所」を見つける

人と会話をしているとき、相手の「いい所」を見つけてその部分にスポットを当ててしゃべると雰囲気が良くなります

言われた本人も気分がいいですし、周りで聞いている人たちにも好印象を与えることができます。

  • 「○○さんは会社休んだことないですよね。凄く強いんですね」
  • 「○○さんって、実は凄くオシャレな方ですよね」

自分を認めてくれる人や褒めてくれる人に対しては、誰もが好感を持ちます。

相手のいい所を見つけられる女性は、人のことをよく見てくれる優しい女性だと思ってもらえます。

「聞き上手」になる

男性は、自分の話をニコニコと楽しそうに聞いてくれる女性が大好きです。

男性が「話していて楽しい」と感じるのは、話が上手い女性というよりも、上手に話を聞くことで盛り上げてくれる女性です

気になる男性や、好みのタイプの男性が気持ち良く話せるように、自分の話は控えめにして、聞き上手になるように意識してみましょう。

聞き上手のスキル

  • 常に笑顔で、相手が話しやすい雰囲気をかもし出す。
  • 相手の話に「うんうん」「そうなんですねー」「知らなかったー」など積極的に反応する。
  • 興味がある話題に対しては、「それってこういう意味ですか?」など質問をする。

周りにしてあげられることを探す

男性はとにかく『気が利く女性』に好感を持ちます。

職場においても食事会や飲み会においても、献身的に周りの人たちの手助けをする女性は、男性からの評価が高いです。

付き合うなら気が利く女がいいという考え方は、ほとんどの男性が持っています。

気が利く女性の行動

  • 食事やお酒の席では必ず下座(出口に一番近い席)に座り、皆の世話を焼く。
  • グラスが空っぽになりそうな人に対し、「何かお代わりしますか?」と声をかける。
  • 誰かが床にお箸を落としたら、即座に新しいお箸を用意して渡す。
  • 職場で風邪っぽい人を見かけたとき、「大丈夫ですか」と声をかける。

その他の注意点

今回は男性に愛されることを目標に、女性の理想的な行動を紹介してきました。

しかし、空気を全く読まない自己中な言動というのは、『男にモテない』程度では済まされないトラブルに発展することがあります。

社外の人がいるのに社内秘をぽろっとしゃべってしまったり、最近恋人と別れたばかりの人の前でのろけ話をしてしまったりすれば、モテないどころか人としての常識が疑われてしまいます。

また、今回ご紹介した『男性に好かれるためにすべきこと4つ』は、好きな男性に対してだけ実践すればOKというものではありません。

あなたにとって全くターゲットじゃないオジサンに対しても、周りの女性に対しても、同じように心を配って空気を読まなければ、モテ女子にはなれません。

「あの子って、イケメンにしか愛想良くしないよね」「モテたいだけじゃないの?性格悪!」そんな目で見られれば、モテるどころか嫌われ女子になってしまいます。

損して得とれ』です

人の世話を焼いたり話を熱心に聞いたり、手助けをしてあげることは結構大変なことですし疲れます。

でも損な役回りを引き受けて頑張っている人のことは、周りはちゃんと見ています。

自ら『損を引き受ける女性』は、多くの人たちから『たくさんの得』をもらえることになりますから

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。