「実はタイプじゃない。でも幸せ。」理想のタイプじゃないのに幸せな理由とは

理想の男性じゃないけど、猛アタックされ勢いのまま付き合い始めた女の子もいるはず。

『タイプじゃないけど彼と一緒にいると幸せ』って、ちょっと不思議そうにしながらも笑顔を見せる女性は少なくありません。

でも、タイプじゃないのに幸せになれることって本当にあるのでしょうか?

タイプにこだわる女性心理とは?

『理想のタイプじゃない男性と付き合うなんてあり得ない。』と、タイプにこだわる女性は沢山います。

では、どうして女性たちはそれほどまでにタイプにこだわってしまうのでしょうか?

周りに自慢したい

周りに自慢したいから理想のタイプにこだわるという女性は多いですね。

女性はコミュニティを大切にしているので、自分だけ他の子と違うことに不安を感じます

イケメンやお金持ちと付き合っている友達をみれば羨ましく思うし、自分だけ平凡な人と付き合うことなんて出来ないと感じてしまうのです。

見た目に癒されたい

外見が好みの男性と一緒にいればドキドキするし、彼の顔を見ているだけで心が癒されるでしょう。

こうした精神的な癒しやドキドキ感を得たいという心理は誰にでもあるもの。

ただ、見た目だけに左右されてしまうと、彼が持っている本質的な魅力に気づきにくいというデメリットもあります。

このように、理想のタイプの男性と付き合いたいと願っている女性は、他者比較のためや自分自身のためにこだわりを捨てきれないのです

タイプじゃない男性と付き合うことは「不幸」なの?

男性と付き合うか迷うとき、相手の足りないところ(欠落)をみてしまう事があると思います。

容姿や経済力だけではなく、食べ方が汚いとか運転が下手とか…色々。

そして、「タイプじゃない」と思った瞬間、それ以上相手のことを深く知りたいと思わなくなるでしょう。

でも、タイプじゃなくても付き合って幸せになった女性は、こうした相手の「足りないところを感じない」というのです。

それはどうしてなのか?

実は、「一緒にいると楽しい」「安心する」という気持ちの方が圧倒的に勝るからだそうです。

理想や好きなタイプとかけ離れていたとしても、穏やかな気持ちにさせてくれる男性と出会えたとき、女性は幸せだと感じます。

それは、一目惚れのように身体中を電気が走るような感覚ではなく、じんわりと心の中に幸福感が広がっていくような感覚です。

これまで男性の足りないところを見て、タイプじゃないからと恋愛対象外にしてきた人は、もしかしたら温かく包まれるような幸せを逃してきたのかもしれません。

そもそも理想は「自分の弱み」から生まれている

顔が好みとかスタイルが抜群など、理想の男性と付き合いたいと感じている人の方が多いと思います。

でも、理想というのは『自分の欠点の裏返し』なのです

私たちは無意識のうちに、自分の弱みを補うかのように理想のタイプを作り出します。

お金に困っている人が経済力のある男性を求め、スタイルにコンプレックスがある人が容姿端麗な男性を求めてしまうのはそのためです。

でもこれから先、長い人生を経てそうした理想は形をかえていくかもしれません。

そのとき、容姿の変化を乗り越えることができるかできないかは、気持ち次第です。

年々髪はやせ細るけど身体は太っていき、理想だった彼が理想じゃなくなった。

それで愛が冷めてしまったなら、いとも簡単に別れが訪れてしまうでしょう。

タイプじゃない男性と付き合ってわかること

彼の顔が嫌とか、もっと引っ張っていってくれる性格の人が好きとか、タイプじゃないと思いながらも付き合ったけど、「やっぱりダメなものはダメだ!」と言う人もいます。

でも、その反対に「どんどん好きになる」という人もいます。

では、この差はいったい何なのでしょうか?

実は、タイプじゃない男性と一緒にいるのに、それでも「幸せ」だと思えた女性は、『彼の魅力にちゃんと気づけた人』です。

顔はタイプじゃないけどとても優しいとか、お金はないけど努力家で尊敬できるなど、彼が持っている魅力に気づいたのです。

だから、欠点うんぬんよりも、一緒にいられることが何より幸せだなと感じるのです。

最初はタイプじゃなかったとしても、だんだん彼の本質的な魅力に気づくことができ、愛することができたのなら、これ以上ない特別なものを見つけたも同然。

こんな恋愛ができるだなんて、この上ない幸せだと思いませんか?

まとめ

初めから全力で好き!と思える恋愛もいいですが、あとからじんわり幸福感が広がるような幸せも女性の人生を潤わせてくれます。

たとえタイプじゃなかったとしても、その先に幸せがあるのかを一度見つめてみるのも悪くないはず。

恋愛の在り方はみなさんで違うので、答えに絶対なんてありません。

ただ、この先恋愛がうまく行く可能性の一つとして、「タイプじゃない男性」も含めて考えてみると、今まで感じたことのない幸せを掴めるかもしれませんよ。

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。