モテる弁護士を落とす方法3つ!ハイスペ男子はこうやって落とす!

弁護士と言えば、昔からモテる職業の代名詞と言われるほどモテていますよね。

高学歴、高収入でモテる要素が沢山あるのですが、実際に彼らと出会うのは難しいですよね。

でも、ご縁があって巡り合うことが出来たのなら、そのチャンスは絶対に逃せないはず!

そこで、今回はモテる弁護士男性を落とす方法をご紹介します。

なぜ弁護士はモテるのか?

友達の彼氏が弁護士だと分かると「わー!すごい!」と女性たちは大盛り上がりするはず。

弁護士という職業は、堅実で高収入というイメージがあるため、女性側からしても「彼氏が弁護士」ということは一種のステータスになります。

その上、友達のことも「弁護士と付き合えるなんて凄い…!」と、女性自身のステータスも良く見えてしまうこともありますね。

それだけ、弁護士とはブランド化されているような職業なのです

両親にも安心して紹介できるほど、弁護士や医者というのは堅実な職業です。

若い世代にも親世代にもお墨付きの職業である弁護士は、いまも昔も変わらずモテモテ。

職業柄話し上手であり、聞き上手です。

彼女が悩んでいたら解決策をスムーズに考えてくれるという魅力的な一面もあります。

落ち込んでいる時も、具体的な解決法を言ってくれるので、弁護士の彼氏って本当に頼もしいですよね。

モテる弁護士を落とす方法その1「出会い」

「私もそんなハイスペックな弁護士と付き合いたい!」と思うならば、まずは弁護士との出会いを求めなければなりません。

そこで、弁護士との出会いの場を見つける方法をいくつかご紹介します。

法学部の友人に紹介してもらう

法学部で勉強をしている人は弁護士を目指している人が多く、卒業後は早くから弁護士として働いている人もいます。

そこで、弁護士との出会いがなかなかないという人は、法学部出身の友人に紹介してもらうか、合コンを開いてもらうことが手っ取り早いでしょう

ハイスペック男性との婚活パーティーに参加する

法学部の友人がいないという人は、弁護士や医者などが集まるハイスペック男性との婚活パーティーに参加するのもおすすめです。

婚活パーティーの場合は、職業だけでなくざっくりとした年収も公開しています。

ピンポイントで弁護士と出会いたい人は参加してみると良いでしょう。

弁護士事務所で働く

弁護士と付き合いたいと思うなら、弁護士事務所で働くのもおすすめです。

弁護士事務所で求人を募集しているのを見つけたら、とりあえず応募してみてもいいでしょう。

求人が出ている弁護士事務所に若い弁護士がいなくても、弁護士同士のネットワークは濃いので、結婚適齢期の弁護士を紹介してもらえる可能性もあります。

上記の出会いポイント以外にも、弁護士と出会うチャンスはあります。

「弁護士と恋愛したい!」と思ったら、まず積極的に弁護士との出会いを探していきましょう。

モテる弁護士を落とす方法その2「自分磨き」

弁護士との出会いがあったとしても、自分に魅力がなかったら恋愛関係まで持って行くことは難しいですよね。

ハイスペックな男性と恋愛関係になるためには、まず自分が魅力的な女性になることを意識しましょう。

自分磨きをするためには、容姿も内面もどちらも磨いていくことが大切です。

人は心と言っても、見た目も重要です。

人の印象は第一印象でほぼ決まってしまう」と言われるように、初対面の時は3秒で決まると言われます

見たままの姿から、あなたのイメージが決めつけられてしまうこともあります。

ですが、容姿だけ綺麗にしていても、中身が全く伴っていなければ、会話したときにすぐボロが出てしまいます。

外側の容姿も内面の心も、どちらも磨いていくような自分磨きをしていきましょう。

モテる弁護士を落とす方法その3「清楚なイメージで」

弁護士を目指す男性や弁護士の男性に好きな女性のタイプでアンケートを取ると、必ず「清楚な女性」という答えがランクインしてきます。

そもそも文系男子は、清楚な女性を好むという特徴がありますが、弁護士の男性は特にその傾向が強いといえるでしょう。

やはり職業柄、品格を大切にしている人が多いため、女性で品がない人は受け付けないという厳しい意見もあります

品のない女性というのは、たとえ顔立ちが美しかったとしても、恋愛対象外にされてしまうことが多いでしょう。

弁護士との出会いがありそうな場に出かけるときは、清楚なイメージを心がけて行くことが大切です。

モテる弁護士を落とす方法のまとめ

ハイスペック男性の代表格とも言える、弁護士を落とす方法についてご紹介しました。

モテる弁護士と出会って恋愛するためには、まず出会いの場があることと、自分自身が魅力的であることが重要です。

相手の印象に残るような素敵な女性を目指していきましょう。

Writerこの記事をかいた人

にょこ

人とはちょっと違う体験をたくさんして来ました。 恋愛、結婚を通して、自分と相手が成長出来る関係性を築いていくためのエッセンスをお伝えしていきます。