あなたは隠れ構ってちゃんかも?!構ってちゃんの特徴と対処法

この人なんだか面倒くさい!と思われてしまう構ってちゃん。

自分はそんな気はないのに、いつの間にか人に嫌われてしまう構ってちゃんの特徴とは?

ついつい出てしまうその言動に対しての対処法までチェックしていきましょう。

被害妄想が激しい

構ってちゃんの特徴の一つとして、被害妄想が激しいというのが挙げられます。

普通の人であれば何とも思わないような事でも、構ってちゃんは自分の事を噂されているかのように捉えてしまいます。

例えば、ちょっと目が合っただけで「私の事を好きに違いない」ととんでもない思考になりがちです。

相手は全く何も思っていないのに勝手に気持ち悪い人扱いしてしまうのです。

さらにひどいのは、周りの友人などにその話をしてしまう事です。

話をオーバーにするくせがあるので、初めのうちは共感してくれるかもしれませんが、段々と「この人またこんな事言ってる」とイタイ人になってしまうのです。

対処法

その思いは自分の中で留めましょう。

普通の人は「自分に好意があるかも?」と思っても、何かしらの確信がないと人に話したりはしません。

構ってちゃんのイタイ所はイケメンなら喜びますが、そうではない人に対して露骨に嫌な態度を出してしまう所です。

もし、好意があるのかもと思っていても他言するのはやめておきましょう。

本当に相手に好意があっての相談や、状況がエスカレートして危険を感じた時だけにしておきましょう。

ネガティブな発言が多い

構ってちゃんは自分に自信がない事から、ネガティブな発言をしがちになってしまいます。

誰しもネガティブになる事はあるかもしれませんが、構ってちゃんの場合、その発言に同情してほしいという気持ちが込められています。

「私なんてどうせ誰にも好きになってもらえないし…」の言葉の裏には、本当にそう思っているわけではありません。

「そんな事ないよ!○○ちゃん可愛いし」という言葉を待っているのです。

対処法

友達と一緒にご飯に行って毎回ネガティブな発言を聞かされるとどうですか?

そんな発言ばかりするから悪い事が起きるのだ、と思いませんか?

あなたはそんなに意味もなくネガティブ発言をしているかもしれませんが、やはり周りからすると嫌な気持ちになります。

遊んでくれる友人がいなくならないうちにやめておきましょう。

SNSでも構ってちゃん

あなたはSNSで自虐ネタをつらつらと綴ってはいませんか?

何か嫌な事があった時に「あの店員腹立った~」などを呟く程度であれば、よくある事かもしれません。

しかし、SNSを開くと長文の文章。

自分がダメな人間だとか、誰からも好かれないなどの重たい内容…。

構ってちゃんは素直に友達にこんな事があってと相談するのが苦手です。

その為、SNSという不特定多数の人間に向けて発信してしまいます。

構ってちゃんは人一倍に承認欲求が強い為、自分が発信した言葉に対してのレスポンスを期待しています。

無意識のうちに、同情の言葉をかけてもらう事で自分の存在意義や価値を見出そうとしています。

同情の言葉が少なくなってくると、さらにエスカレートして自傷行為をほのめかすようになってくるとかなり重症です。

対処法

SNSから離れてみましょう。

嫌な事があったら誰かに聞いてもらいたかったり、同情してほしい気持ちも分かります。

しかし、他人は人のネガティブな発言は出来るだけ聞きたくないというのが現実です。

そこで嫌な気持ちになった時は、別の事でストレス発散をしましょう。

例えば、身体を動かしたり、友人と飲みに出かけたり、感動物の映画を観て思いっきり泣いたり、なんでもいいのでうじうじした感情を別の事で吐き出しましょう。

すぐ自分の話にすり替える

これはもちろん意識的に行っている訳ではないと思いますが、友達や彼氏と雑談をしていて、お互いに話しているはずなのにいつの間にか自分の話になっているという事はありませんか?

構ってちゃんは、自分の話をするのが好きなので会話の中に自分が分かる話や関連する話が出てきたら「あーそれ分かる!この間ね、こんな事があって」と話を割り込んでしまいます。

事あるごとに割り込んだり、話題を持って行かれるので会話が成り立ちません。

そうなると相手は自分の話も出来ず、あなたと話すのが嫌になってしまうかもしれません。

対処法

最後まで相手の話を聞きましょう。

人として当然のことですが、中々できない方も多いのです。

自分が話したいと思って話し出した話題に対して、途中で中断されてしまうともやもやしてしまいますよね。

例え興味のない話だったとしても最後まで聞いて自分の話をしましょう。

人との会話は一人が喋って成り立つものではありません。

構ってちゃんまとめ

いかがでしょうか?

ここまでひどくないと思っていても何かしら片鱗は見えているかもしれません。

嫌な事を嫌と言い、自分の好きな話をし、SNSにぶつけるのも悪い事ではありません。

しかし、そういう言動から友達をなくしてしまわないように気を付けてくださいね。

Writerこの記事をかいた人

みお

女性は常に悩みながら生きている。恋愛に仕事や友人関係。 そうやってたくさん悩みながら、美しく逞しい女性になっていくのだと思います。 そんな頑張る女性たちの生活をちょっとでもステキにするお手伝いができたらと思っています☺