彼を虜にする女の特徴4選!これで彼はあなたから離れられなくなる…!

今回は、「彼氏の気持ちが冷めないか心配!」「大好きな彼氏を誰にも取られたくない!」という女性に必見の話題です。

テーマは『彼を虜にする方法』です♡

彼の愛情が長持ちするかどうかは、女のコントロール次第。

男心をしっかり掴める言葉や行動を活用して、彼をあなたから離れられなくしちゃいましょう。

愛され上手は『彼を虜にする』方法を知っている

週末も連休も。

誕生日もクリスマスも。

当たり前のようにデートしまくるラブラブなカップル。

長く彼に愛され、ずっとそばにいられるなんて、同じ女として羨ましい限りですね。

でも、カップルが長続きするのも、彼からベタ惚れしてもらえるのも、ただの偶然ではありません。

ふたりの関係を良い雰囲気のまま持続させる鍵を握っているのは、彼女のコントロール力です。

男性心理をしっかり押さえ、彼女がしっかり彼を虜にすることが関係持続の鍵となります。

具体的な方法を以下に紹介していきますね。

外してはならない「絶対条件」

見た目でのアプローチは忘れちゃダメ

彼にとって好きで好きでたまらない彼女になりたいなら、『見た目からのアプローチ』は外してはならないポイントです。

なぜなら男は目で恋をする傾向が非常に強いからです。

男の心を捉える見た目とは

『見た目』と聞くと、女性の頭では『美』という言葉に直結しやすいですね。

確かに男は美人に弱いですし、彼のために美しくいる努力はしておいた方が良いです。

但し、彼を虜にする見た目には、他にも色々な要素があります。

  • 立ち居振舞いが丁寧できれい
  • TPOに合わせた色んなファッションを見せて楽しませてくれる
  • 笑顔で彼の話を聞いてあげる
  • 彼に対しても彼以外の人に対しても、好感度の高い表情や態度で接する

彼と見つめ合っているときや、キスするときだけが彼女というわけではありません。

彼の視野に入っているときは、いついかなるときも『彼に見られている』という意識を持つことが大切です。

あなたのことを思い出したとき、彼が思わず笑顔になってしまうような好印象をたくさん与えましょう。

絶妙なタイミングで大切な言葉を伝える

男の恋心を鷲づかみにできる女性は皆、言葉を巧みに選んで使います。

伝えたいと思う言葉が相手の心に印象づけられるように、普段は「好き好き」「会いたい」などの言葉は控え目にします。

彼に愛情を伝える言葉は、たとえば彼からハグされたときや、デートの帰り道にムードが高まったときなど、彼の気持ちがこちらにしっかり向いたタイミングで放ちます。

  • 「本当はなかなか会えなくて寂しかったの…」
  • 「会いたくてたまらなかった…」
  • 「だいすき」

絶妙なタイミングで愛情表現をしてあげると、男はメロメロになります。

逆に彼がバタバタ忙しいときや、疲れて集中力が落ちているときに「好き」や「会いたい」のセリフを頻発しても、心には響きません。

彼にとってあなたの愛情の言葉が、ただの聞き慣れたセリフにならないようにしたいですね。

男を夢中にさせるキス

ワンパターンなキスになってない?

キスが上手な彼女は、男を本能的に燃え上がらせることに長けています。

キスなんていつもしてるし、私と彼は相性も良さそう。

…なんて油断していると、彼に飽きられてしまう可能性もありますよ。

男は女に触れたいという欲求を強く持っていますが、触れ方がワンパターン化してくると刺激を感じなくなる特徴があります。

もちろん女性もワンパターンすぎてドキドキしなくなったと感じることはありますが、男性の方がそのスピードは速いです。

わかりやすくいえば、男は飽きるのが早いってことになります。

意外性のあるキスで彼を虜にする

彼の読み通り流れていくキスばかりだと、ふたりの雰囲気はマンネリ化してきます。

意外性のあるキスとは、ふたりにとって慣れ親しんだパターンと違うキスです。

  • 頬に不意打ちのキスをする
  • 軽いキスだけで「おやすみ」と言って帰る
  • 自らキスを仕掛け、逆・床ドンに持ち込む
  • 顔や首にはキスしてあげるけど、肝心の唇へのキスをじらす

キスが受け身で彼まかせにならないよう、毎回色々試してみてください。

彼が夢中かどうかは、彼の態度を見ればきっとわかります。

メンタル面のお世話は重要ポイント

「俺の彼女はこの人じゃないとダメだ」と思ってもらうためには、メンタル面のお世話が重要ポイントとなります。

そもそも男は、色々とお世話を焼いてくれる女性のことが好きです。

風邪っぽいときにマスクや薬をさり気なくくれたり、家に来たときに美味しいおかずを作ってくれたりするというような出来事は、男にとっては感動モノです。

さらに彼を虜にするのが、精神面でのお世話です。

彼の愚痴を受け止め、優しく励まし、包み込んであげれば、彼はあなたから離れられなくなります。

時には「けなげな態度」も効果的

男性はあまりにも好き好き言われたり、追いかけられると逃げたくなる習性があります。

程よくあしらい、ちょうど良い距離感で駆け引きをしていった方が、男性は夢中になります。

ただ、男性には自分は彼女にとってのヒーロー的な存在でありたいという欲求もありますので、時には『あなたなしではいられないの…』というような、けなげな態度を見せるのも効果的です。

LINEやメールの返信に、「メッセージが嬉しすぎて泣いちゃった」と書いてみたり、「もうすぐ会えると思ったら、いくらでも頑張れる」と書いてみたり、彼が「そんなに俺のことが好きなの?」と感じるような言葉を時折伝えてあげましょう。

彼自身が「俺、あいつじゃなきゃダメなんだよな」と彼女に思うこと。

そして、「あいつも、俺がいないと無理だろうな」と思ってもらうこと。

この2つの意識によって、彼の心はずっとあなたに寄り添い続けます。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。