最近増えているのはなぜ?事実婚のメリット&デメリット

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などでも認知度を広めた、事実婚。

法律婚とはどう違うのか?メリット&デメリットはあるのか?

海外では当たり前となっている事実婚ですが、最近では日本でも事実婚のカップルが増えてきています。

そこで今回は、事実婚をするにあたってのメリット&デメリットをご紹介していきます。

事実婚とは?

メリット&デメリットを説明する前に、「事実婚」という名は知られていても、詳しくは知らないという方もまだまだきっと多いはず。

簡単に言うと、

事実婚とは婚姻届を出さずに、社会的に夫婦と同じ生活を送ることを指します。

ただ同棲していれば事実婚になるというわけではなく、お互いに夫婦だという意識を持っている場合、事実婚と認められます。

事実婚のメリット

夫婦同姓にしなくて良い

法律婚で結婚したカップルは夫婦どちらかの名字に揃えますが、事実婚の場合は名字を変える必要がなく、夫婦別姓でいられるのです。

名字が変わった場合、免許書やパスポートをはじめとした、様々な変更手続きが必要になりますが、そのめんどうな手間も省くことが出来ます。

これまでは、“結婚したら女性は仕事をやめなければいけない”“男性に養ってもらう”という考えの人が多かったですよね。

ですが近年では、自立していて最前線でバリバリ働いていて、仕事上名字が変わると働きづらくなるという女性も少なくないのです。

男性に養ってもらわなくても十分な収入がある女性、仕事を優先させたい女性からすると、事実婚はとても魅力的なのです。

実際に、事実婚のカップルは、財布は別々にしている場合が多いと言われています。

別れても離婚歴が付かない

法律婚をした場合、別れると戸籍に離婚歴が付きます。

離婚歴が付くと、再婚する時に気にする人もいますよね。

一方事実婚の場合、離婚歴は付きませんし、ただ住民票を移してさよならするだけなんです。

子どもがいても、事実婚カップルの場合は、親権は母親にあるので揉めることもありません。

親族づきあいが楽

法律婚なら、相手方との親族づきあいや集まり、介護など様々な問題と、向き合っていかなければいけません。

ですが事実婚の場合、法律婚のような婚姻関係ではないので、煩わしい親族づきあいも楽になります。

親族と良い関係を築いていれば、億劫になることもありませんが、人間合う合わないはあって当たり前です。

家族だからと言って、縛られる必要はないのです。

法律婚の夫婦と同じような権利がある

婚姻届を提出していなくても、公的機関から事実婚でも夫婦と認められれば、法律婚の夫婦と同じような公的サービスを受けることが出来ます。

年金・社会保険・携帯電話の家族割引などのサービスを受けれる場合もあるのです。

また、慰謝料や財産分与・養育費を請求することも可能です。

サービス面で普段、日常生活において困ることはほとんどないそうです。

事実婚のデメリット

周囲から理解されにくい

事実婚は、まだまだ日本では浸透していないので、「なぜ結婚しないんだ」「いつでも別れられるという逃げ道を作りたいだけ」など、反対意見も多くあります。

そう言われるたびに説明して納得してもらうのも一苦労です。

社会的信用がされにくい

事実婚の場合、夫婦である証明が難しくなるのが現実です。

例えば、住宅ローンを夫婦の共有名義で組むことは出来ないですし、所得税の配偶者控除を受けることも出来ないのです。

相手に急な手術が必要となった場合、親族として同意書にサインすることも出来ません。

また、事実婚では夫婦間に相続権はありません。

相続したいときは遺言書が必要だったりと、不便なことも少なくありません。

子どもが出来たら認知が必要

事実婚夫婦の間に子どもが出来た場合は、非嫡出子として扱われます。

非嫡出子とは、法律上の婚姻関係がない夫婦の間に生まれた子どものことを言います。

非嫡出子として生まれた子どもは、自動的に母親の戸籍に入ることになりますが、法律的な父子関係を得るためには、父親の認知が必要になります。

父親の認知がないと、父親の相続人になれず、父親の戸籍に入れないので父の名字を名乗ることも出来なかったりと、様々な問題があります。

事実婚のメリット&デメリットまとめ

事実婚のメリット&デメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

事実婚をする人は、

  • 法に縛られたくない
  • 仕事上名字を変えたくない
  • 名義変更などの面倒な手間が省ける
  • 男女対等でいられる
  • 事実婚でも法律婚とほぼ同等の制度が受けられる

など、上記の理由が多いようです。

海外では 半数が事実婚という国もあります。

女性の社会進出が増えている現代、事実婚のほうがメリットがある女性は増えてきています。

フリーランスで働いている人や、十分な収入がある人は、事実婚にデメリットはないと考える場合が多いですね。

“女性が男性に嫁ぐ”という考えは、もう古いのかもしれません。

今は理解が得られにくい部分、法的に不便な部分もありますが、数十年後には、日本でも事実婚が浸透し、制度も良い方向に変わっているのではないでしょうか。