彼氏も欲しいし結婚もしたい!なのに恋ができない女性の心理とは

いい人だと思ってもそこから恋に発展できない…

合コンや婚活に行っても何か違うと思ってしまう…

本当は恋人が欲しいのに何故か恋ができない、そんな女性が増えています。

「このままじゃもう一生恋愛も結婚もできないかも…」

今回は、そんな悩みを抱える女性の隠された心理を分析しました。

自分に自信がない

好きと思える人はできても、付き合ったり恋愛に踏み出すことができない…

そんなあなたは自分に自信がないのではないでしょうか?

せっかく気になる相手から好意を寄せられても「この人に私はもったいない」「私なんかのことを好きになるのは何かの間違いだ」と壁を作ってしまいます。

そうやって自己評価が低いばかりに、ダメ男にばかりハマってしまう女性も…

そんなあなたは低い自己評価ばかりにとらわれず、まずは相手の好意や言葉を素直に受け止めてみましょう。

褒められても否定しないで、まずは「ありがとう」と言ってみて。

案外、自分よりも他人の方があなたの素敵な面をたくさん見つけられているもので、知らなかった自分を知ることができるチャンスかもしれません。

さらに好きな人ができてもフラれる想像しかできず、好意を伝えられないのもこのタイプ。

男性は本能的に、女性よりも沢山の人にモテたい意識が強いもの。

たとえ特別意識していなかった女性からでも、好意をアプローチされると嬉しく思う男性は多くいます。

もし気になる男性がいるなら、一歩踏み込んでフレンドリーに接していけば相手の意識も変わるかもしれません。

自信を持つために、自分で自分の好きだと思えるところを探してみるのもポイントです。

「もっといい人がいるかも…」と思ってしまう

何をするにも決断が苦手で迷ってしまう、そんな優柔不断なあなたが陥りがちなのがこの心理です。

一緒にいて悪くは思わないし、相手もそれなりに好感を持ってくれていそうな雰囲気。

なのに何かが足りない…

そんなあなたは「この人も悪くないけど、他にもっといい人がいるかもしれない」と、更に理想の出会いを心の底で追い求めてしまっているのではないでしょうか?

特に婚活やアプリなどで多くの男性に出会う機会が多いと、ついもっとレベルの高い男性との出会いに期待してしまいがちに。

本当に存在するかもわからない理想の男性との出会いに夢を見すぎてしまうばかりでは、あなたが現実で幸せになるチャンスを逃してしまいます。

それよりも、まずは今目の前にいる男性の素敵な面と向き合うところからはじめてみましょう。

過去の恋を引きずっている

元カレや片思いのまま終わってしまった恋、それをいつまでも引きずっている為に次の恋愛ができないというケースもあります。

そんなあなたは新たな出会いがあっても「でも前の彼氏はこうだった」「あの人はもっと素敵だった」と、つい過去の恋と比べてダメ出しをしてしまっていませんか?

新たに出会った人は昔の男性が持っていた良い部分を持っていなくても、逆に昔の男性にはなかった別の良い部分を持っているかもしれません。

過去は過去、未来は未来。

全く違う世界に踏み込んだと思って、まずは昔の男性と比べてしまう気持ちを断ち切ることが大切です。

過去を振りきって新たな幸せを手にした時、それらも心地よく懐かしい思い出に変わるかもしれません。

自分から動くのが面倒くさい

  • 友達や恋人に自分から連絡をしたり誘ったりできない
  • 合コンも誘われないと行かない
  • 気になる人がいてもこちらからアプローチをしたことがない

何をするにも「受け身気質」な女性が陥りがちなのがこの心理です。

特に社会人になると、日々の忙しさから出会いや恋愛のチャンスは一気に減ってしまいます。

特に奥手な男性が増えている現代、いくら可愛くて女性としての魅力があったとしても声をかけられる機会は少なくなっています。

「待っていればいつか男性が声をかけてくれるかも…」

なんて他人に期待しているうちに、時間はどんどん過ぎ去ってしまいます。

もしかすると今でもあなたのことを素敵だと思っていながら、声をかける勇気がなく様子をうかがっている男性もいるかもしれません。

そうでなくても、出会いを増やすことはあなたにピッタリな男性を見つけるチャンスを増やすということです。

またあとで…というのは卒業して、その気になった今こそ自分から動いてみましょう。

あなたの時間は限られています。勇気をもって一歩踏み出して!

いかがでしたか?

すべてのタイプの女性に共通するのは、幸せになれる恋のチャンスを逃してしまっている可能性があるということです。

チャンスは目の前にあったのに、自分の心の問題ですべて逃してしまっていたのだとしたら、それはとても残念だと思いませんか?

年齢を重ねるほど、恋愛も結婚もどんどん難易度が上がってしまうというのが現実…

あとで「あの時ああしておけばよかった!」と後悔する前に、まずは自分の心理を知って向き合ってみてください。

私にはできないと思っていても、まずは勇気をもって一歩踏み出してみれば、きっと幸せな恋のチャンスにたくさん出会えるはずです。

Writerこの記事をかいた人

Yuka

恋愛といっても、考え方や捉え方は人それぞれ。同じような気持ちに共感したり、全く違う感覚を知ったりすることで、より良い恋をする為のヒントになるはずと考えています。「誰にも相談できない、でも気になる…」そんな女性の心に寄り添えるよう、色々な視点や切り口の記事を紹介したいと思います。