彼氏を嫌いになりそう…別れるか迷った時の決断ポイントとは?

「この人しかいない!」と思っていたのに、まさか「彼氏を嫌いになりそう」と感じる日が来るなんて…。

付き合ってから初めて浮気癖のある男だと知ったり、仕事が続かないダメ男だと気づくこともあります。

長く付き合っていると、そのうちお互いが本音を言わなくなり、目も合わせない仲になってしまうことも。

こんな時、「いっそ別れてしまった方がいいのでは?」なんて迷うのではないでしょうか。

今回は、そんな時の決断ポイントを紹介していきます。

他に気になる人ができた時は彼氏の魅力を再確認!

他に好きな人ができた時、「早く結論を出さなくちゃ!」と焦りますよね。

好きな気持ちは抑えられないし、このまま気持ちを偽り続けるのは彼氏に対しても残酷です。

こんな時、焦っても後悔するだけなので、まずは彼氏の魅力を再確認してみましょう。

恋に夢中になってしまうと、その人のいいところばかりが見えてしまい、他の良さに目がいかなくなることもあります。

彼氏を嫌いになりそうなのは、一時的に彼氏の魅力に目がいかなくなってしまっただけかもしれません。

彼氏を好きになった理由やその時の気持ち、他の男性にはないステキな部分などをたくさん思い浮かべてみてください。

彼氏の魅力を再確認したら、自分の心の変化に気づいてみて。

自然と涙が出ていたり、好きという気持ちが蘇っていたりしませんか?

それなら別れる必要なんてないし、それがないようなら気持ちは冷めて切っている証拠です。

彼氏のダメな部分…受け入れられる?直してもらえる?

付き合ってから初めて本当の彼氏を知るケースもよくあります。

実は浮気性だった、借金癖や仕事をサボるクセがある、暴力を振るう、束縛がひどいなど。

こんな彼氏のダメな部分を知ったら、嫌いになりそうになるのも当然ですね。

でも、別れを決断できないのは、彼氏を好きという気持ちがどこかに残っているからです。

それなら、彼氏のダメな部分を受け入れられるか自分に問いかけてみましょう。

浮気も1回だけなら許せる?

束縛がひどいのも愛情表現と思えそう?

受け入れられそうに感じても、我慢するだけじゃ彼氏は変わってくれないし、不安が続くだけです。

少しでも直してもらえるように話してみましょう。

そして、「これなら大丈夫」と思えるか、「やっぱり無理かも」と思うのか、その時こそしっかりと答えを出します。

愚痴っぽい彼氏がストレス!まずは理由を考えてみて

愚痴っぽい彼氏がストレスで嫌いになりそうなら、まずはその理由を考えてみてください。

あなたが聞き上手だから彼氏を甘えん坊にさせているのかも?!

愚痴を言える友達に恵まれていないということかもしれませんね。

自分にばかり愚痴を言ってくる理由がわかれば、あなたの彼氏に対する接し方も変わります。

いい女ぶるのをやめて、「こっちも愚痴を聞いてもらっちゃえ!」と甘え上手な本来の自分を見せるのもいいですね。

すると、頼られることに気を良くした彼氏が、愚痴を言わない男らしい男性に変化するかもしれませんよ。

愚痴を言える友達がいないのは、それだけ彼氏との時間を独り占めしているせいなのかも。

友達との飲み会や遊びの機会を奪ってしまっていませんか?

別れを決断するのは、こんなことを試してからでも遅くはありません。

彼氏に刺激を感じられなくなった時は自分から行動!

長く付き合っていると、相手のことがよくわかるようになり、次第にケンカも減ってきます。

それはいいことのように思えますが、中にはぶつかり合うのが面倒なだけというカップルも多いようです。

本音を言わなければケンカもないし、目も合わせずお互いがそれぞれのことに夢中になっていれば相手が気になりません。

でも、それって刺激がなさすぎて、そのうち彼氏のことを嫌いになりそうですよね。

マンネリ化は危険信号。

「もう別れるしかない」と思いがちですが、これを乗り切ってこそさらに強い絆が生まれます。

別れるのは簡単でも、復縁はなかなか難しいことです。

できれば別れないで済む道から模索してみましょう。

そのために自分から行動してください。

少しずつでも、相手に気持ちをぶつける努力をしてみたり、目を合わせてにっこり笑うように心がけてみる。

刺激がないなら自分から刺激を生み出し、彼氏がそれに応えてくれるか、自分にドキッとする気持ちが残っているか試します。

別れるか迷っても一旦違う角度から問題を見てみよう

彼氏を嫌いになりそうだと感じたら、ひとつのことに固執していないか、答えを急ぎすぎていないかよく考えましょう。

別れるか迷っても、一旦違う角度から問題を見てみると感じ方も変わってきます。

問題は自分のせいで起きていたり、お互いが無頓着になっているせいかもしれません。

こちらが不満に思っている時、相手も何かに不満を感じていたりもします。

踏みとどまって自分にできることを考えたら、お互いが本音を言い合える時間を作りましょう。

そして、後悔しない答えを二人で導き出してください。

Writerこの記事をかいた人

monshi

恋愛の記事を書きながら、人との向き合い方についていつも考えさせられているわたしです。 恋愛に正解なんてないけれど、いろいろな考え方をわかりやすくお伝えしてヒントにしてもらえたら…。 そんなわたしのささやかな願いを受け取ってもらえたら嬉しいです。