クリスマスを100倍楽しむ!カップルにおすすめのサプライズデート

あなたが恋人と一緒にクリスマスを過ごすとき、本気でしてみたいと思うデートはどんなデートですか。

夕暮れの海岸を二人で歩く?
丘の上に灯りが点在する可愛いペンションに宿泊?
見渡す限りの大雪原で二人だけの世界を満喫する?
大混雑が予想される都会のイルミネーション?

色々考えているけど、まだ決まっていないというカップルも大丈夫。

今ならまだ間に合う、クリスマスにおすすめのサプライズデートをご提案します。

愛する人と過ごす特別な日の過ごしかたを一緒に考えていきましょう。

サプライズで感動を求めるなら「リゾート地」へ

予約サイト各社が競り合うように提案する『素敵なクリスマスプラン』、あなたはもうチェック済ですか?

クリスマスシーズンになると、予約サイトではサプライズ企画に力を入れ始めます。

雑誌を賑わす有名なクリスマスイルミネーションは、確かに豪華でロマンティックです。

彼氏と一度はあの美しい街路樹の下を歩いてみたい、幻想的に彩られたテーマパークに行ってみたいと思うのは、恋する女性のごく自然な感情ですね。

でも、クリスマス当日やイブとなると、身動きが取れないほどの大混雑が予想されます。

イルミネーションを楽しむのは別の日にして、今年のクリスマスは、都会の喧騒とは無縁の広大なリゾート地であっと驚くクリスマスにしませんか?。

気がつけば、翌年もその翌年も、ふたりはリピーターになってしまっているかも知れません。

美しい景色に酔いしれるクリスマスに…

リゾート地と一口に言っても、日本は意外と広いです。

意外と広いけれど、鉄道・バス・船舶・航空と、すみずみまで交通手段が行き届いているので、北国でも南国でも比較的行きやすいです。

あなたが彼氏に見せてあげたいサプライズな景色は、どこにあるでしょうか。

ホワイトクリスマス

北国のリゾート地を選んだカップルは、「今年こそ、ホワイトクリスマスになるといいな…」なんて願わなくて大丈夫。11月初旬~中旬あたりから雪が降り始める地域は、沢山あります。

12月後半のクリスマスシーズンとなれば、多くのリゾート地が、辺り一面白銀の世界に生まれ変わります。雪国のリゾートペンション、スキー場のホテルを訪れた人々は、夜の景色に必ず圧倒されます。

まわりは360度見渡す限り真っ白な雪ですから、ライトアップされた夜は光が反射され、白夜のような世界観にひたることができます。

冬を忘れるクリスマス

クリスマスにあえて寒さから解放されてみたいなら、南国リゾートがお勧めです。日本は南西に向かえば向かうほど、たくさんの小さな島々が姿を現します。

クリスマスシーズンや年末・年始は、ホテル代がピーク適用となり、金額が跳ね上がる地域も多いですが、そこは腕の見せどころ。穴場を狙って、スペシャルなクリスマスを過ごしましょう。

南国以外の温暖地

中国地方、近畿地方、中部地方、関東地方にも、冬も比較的温暖な気候のリゾート地はいくつもあります。圧倒的な人気スポットはやはり値が張りますが、人気があり過ぎる場所を選ぶと、都会の喧騒に似たり寄ったりの混雑ぶりです。

温かくて海が近くてだけど混雑していなくて、価格設定も優しい場所は思った以上にあるものです。コツは、『太平洋側』の県を中心に検索することです。内陸部や日本海側は、どうしても冬は凍てつく寒さですからね。

情緒あふれる温泉街でのクリスマスもオススメ!

年末・年始は家族連れでにぎわう温泉街ですが、ファミリーはクリスマスを自宅で過ごすことが多いですよね。

クリスマスイブの温泉街、今年はチャレンジしてみませんか?リゾート地のホテルやペンションよりも、金額をぐっと抑えた温泉宿はたくさん見つかります。

思いきって、彼氏と一緒に露天風呂貸し切りという手もあります。

はじめから露天風呂が庭に付いている部屋は高価格のものが多いですが、時間制で貸し切り可能な露天風呂なら比較的リーズナブルでおすすめです。

ふたりでゆったりと湯につかりながら、満点の星空を眺める。世界がふたりだけのものになったような感覚に包まれていきますよ。

そして、温泉宿の最大の魅力は何といっても絶品料理でしょう。

海側の温泉宿なら魚介類、山の中の温泉宿なら肉と山の幸、美味しい料理に満点の星空に、温泉に…、そんな最高の経験ができるクリスマスはいつもとは違って100倍楽しい時間を過ごすことができると思います。

大都会やテーマパークでは決して味わえないでしょう。

宿からの優しいサプライズ

リゾート地も温泉街も、若いカップルに来てほしいという思いを強く持っています。

最近では、ホテル予約サイトと共にカップル向けプランを企画し、料理だけではなくケーキが付いている宿もあります。乾杯用のシャンパンをサービスで付けるホテルだってあるんですよ。

また、寝坊好きな若者向けに、チェックアウトの時間帯を11時や12時に設定している宿もあります。

本当の意味でロマンティックに、そして充実した時間を恋人と持ちたいなら、少し遠方のリゾート地や温泉街に繰り出してみましょう。

彼氏とふたりでスマホやパソコンを眺め、ふたりで100倍楽しめるクリスマス企画を考えるのも素敵ですね。

行きたい場所があり過ぎて、困ってしまうかも知れません。

今ならまだ間に合います。だけどこれからだんだんと満杯になっていきますので、決めるのはお早めに…。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。