片思いの彼へさりげなく好意を伝える7つの方法

ふみ
ライター: ふみ
片思い
スポンサーリンク

片思いの彼に気持ちを伝えたくても、いきなり告白するのは勇気がいりますよね。

好きな人と両思いになるためのファーストステップは、まずあなたの思いに気づいてもらうところから。

彼の意識をあなたへ向けなければ、何も始まりません。

そこで今回は、意中の男性へさりげなく好意を伝える方法を7つご紹介します。

スポンサーリンク

目を合わせる

興味があるものにはつい目線を向けてしまうのが人間の性です。

ということは、あなたにずっと見られていることに気づいた彼はきっと「自分のことが気になるのか?」と意識してしまうはずです。

彼と目が合ったときは、恥ずかしそうに目をそらしてもいいですし、にこっと微笑んでみるのも効果的です。

どちらも意味深で彼をドキッとさせる行為なので、あなたのキャラクターに応じて使い分けてくださいね。

彼も照れたように目をそらしたり、微笑み返してくれるなら、あなたのことを好意的に感じているはずです。

いつも笑顔でいる

いつも笑顔でいる人は、魅力的です。

男性だって、悲しくて暗い雰囲気をまとっている女性よりも明るくてポジティブな女性と一緒にいられたらと思っています。

あなたの気持ちに気づいてほしいなら、彼と一緒にいるときは常に笑顔を忘れないようにしましょう。

人は、自分に笑顔を向けてくれる人を「好意的に見てくれている」と判断します。

特定の女性が自分と接するときにいつも笑顔だと「どうしていつも機嫌がいいんだろう、もしかして…」と意識せざるを得なくなります。

「一緒にいると楽しい」

好きな人と一緒に過ごす時間って楽しいですよね。

その気持ちをぜひ言葉にして伝えるようにしてください。

好きな人と一緒にいて楽しいのは、誰にとっても同じことです。

だから、あなたに「○○君と一緒にいると楽しい」と言われると、彼は「一緒にいて楽しい人には好感を持たれているはずだ」と思うはずです。

「楽しい」を伝える頻度が高いほど、「この子はもしかして自分に好意があるのかも」と感づいてくれる可能性は大きくなります。

「○○君といるときはいつも笑ってる」「こんなに楽しく話せたのは初めて」など、いろんなフレーズで「私にとって特別な存在」であることに気づいてもらいましょう。

具体的に褒める

「男性を落としたいならまず褒めよう」なんていうテクニックは、もう彼らの間でもおなじみになっています。

「かっこいい」とか「すごいですね」といったフレーズでは、男性も「はいはい」と聞き流してしまうでしょう。

好きな彼を褒めたときに社交辞令だと受け取られるのは悲しいですよね。

褒めるときは、他の人が気づかないような彼のいいところを具体的に伝えてみるようにしてください。

「○○君はぶれないのに社交性があるところがかっこいい」「資料のレイアウトと色使いがきれいですね」など、細かすぎるくらいのほうが効果的。

「そんなとこ見てくれてるの?」とちょっぴり驚かせてしまいましょう。

彼の言葉を肯定する

「男性はプライドが高い生き物」だとよく言われますが、それも仕方がないこと。

競争社会に生きる彼らのまわりには、敵がたくさんいます。

共感し合うよりもいかに自分が優れているかを証明しなければいけないのです。

ときには攻撃を受けることもあるでしょう。

そんなとき、自分の言葉を素直に肯定してくれる女性が現れたら。

目を輝かせて自分の話を聞いてくれる女性に出会ったら。

彼はきっと砂漠のオアシスを見つけたような「癒し」をあなたに感じるはずです。

聞き上手になる

おしゃべりな女性に辟易している男性は多いものです。

ですが、一般的に見ると言語能力に長けているのは女性のほう。

たいていの男性は「またか」と思いながら適当に聞き流しています。

彼にさりげなく好意を伝えたいなら「聞き上手」になって他の女性と差をつけてみませんか?

聞き上手になるポイントは、相手の話に興味を持つこと。

ただ相槌をうつとかオウム返しをするだけでは、あまり効果はありません。

まずはしっかりと彼の目を見て、興味があることをアピールしましょう。

少しでも疑問に思ったことは質問すること。

彼への関心=好意をさりげなく伝えることができます。

さりげないボディタッチ

女性から思わぬタイミングで体に触れられると多くの男性はドキッとします。

ボディタッチは彼へ好意を伝えるのにぴったりな方法ですが、一歩間違えると逆効果になってしまう難しいテクニックでもあります。

彼へさりげなく気持ちを伝えるには、意図しているのか偶然なのか分からないくらいのボディタッチが効果的。

笑いながら腕に触れたり、席を外すときに背中へ手を添えたり、男性が「あれ?」と少し意識する程度の「さりげなさ」がポイントです。

あからさまにベタベタすると「男好き」だと思われてしまうので要注意です。

まとめ

大人の恋愛では、好きになった人にいきなり告白をしてOKをもらえるようなことはまず起こりません。

誰かを好きになったなら、まずは自分の存在をアピールする必要があります。

とはいえ、彼がまだあなたの好意に気づいていない時期に、あえてそっけなくしてみたり、ミステリアスなオーラを放ってみたり、小悪魔的な駆け引きをするのは逆効果。

好きな男性との距離を縮めるファーストステップは、今回ご紹介したさりげない方法から試してみてください。

彼がまんざらでもない反応を示してくれたら、ひとまず作戦成功です。

「不安で誰かに相談したい」「彼の本音を知りたい」という方には電話占いがオススメです
<当たる電話占いランキング!恋愛相談におすすめ人気サイトの口コミと評判>はこちらへ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
片思い
シェアする
ラブベイト