「会えば会うほど好きになる」の効果とは?

オトコの扱い方
スポンサーリンク

人間の心理として、何度も会う人には好意を抱くという心理効果があります。

これは恋愛感情にも言えることで、会えば会うほど好きになるという効果ってあるのです。

いつも顔を合わせる人には自然と好意を抱くという法則を利用して、好きな人に会う機会や回数を増やしていきましょう。

スポンサーリンク

会えば会うほど好きになるって本当?

1968年にアメリカの心理学者ロバート・ボレスワフ・ザイオンスが発表した論文によると「人は同じ人や同じものに接触する回数が多いほど、その対象を好きになる」という効果があるそうです。

この効果のことを、彼の名前から「ザイオンス効果」と呼ばれるようになりました。

人は、会う回数が増えて行くほど、その人に対して好印象を持つようになるのです。

これは、対象の人と話をしなくても、会うこと(接触する)ことで起こり得る効果なのです。このことからザイオンス効果は、「単純接触効果」とも呼ばれます。

遠距離恋愛の人たちがだんだんと心が離れて行くことが多いのも、顔を合わせることや接触する機会が減るので、このザイオンス効果の裏返しとも言えるでしょう

会う回数が多い人には、自然と好印象を持つようになる、このことを恋愛にもどんどん利用していきましょう。

「会えば会うほど好きになる」の実例

「会えば会うほど好きになる」という現象で良い例は、テレビのコマーシャルです。

テレビのコマーシャルで歌われている曲を無意識に思い出して口ずさんだことや、コマーシャルされている商品を実際にお店で見たりすると、「あ!あれだ!」と思ってつい購入してしまったことはないでしょうか?

テレビのコマーシャルも何度も見れば、意識していなくても印象に残りますよね。

これも、ザイオンス効果を利用したものです。

テレビのコマーシャルでも無意識に頭に残ってしまうほどなのですから、生身の人間ではかなり影響する事がわかります。

職場のあの人…会えば会うほど好きになる?

職場やバイト先の人に恋することってありますよね。

これも、会えば会うほど好きになるザイオンス効果が働いています。

毎日職場で会う2人は、仕事上の会話も増えるでしょうし、自然と仲良くなることが多いです。

特に協力しあって仕事をする忙しい職場などでは、2人の距離が縮まる可能性も高いです。

「恋人同士になったきっかけが職場恋愛」という人が多いのは、このザイオンス効果が発揮されているからという理由も大きいでしょう。

会えば会うほど好きになるのは、時間ではなく回数!

「会えば会うほど好きになる」という法則は、実は時間ではなく回数なのです。

とある実験によると、1回に2時間たまに会うよりも、短時間でもちょこちょこと会う回数が多い方が、人の印象に強く残るという効果があります。

ということは、私たちは、月に1回会う人よりも、毎日10分間だけでも顔を合わせる人のことを好きになる確率が高いのです。

ですから、気になる人と長く会う事が出来なくても、会ったタイミングで挨拶をしたり、話しかけたりすることを意識して見ましょう。

もし可能であれば、メールアドレスやラインの交換が出来ると、メッセージのやりとりでもザイオンス効果を発揮する事が出来ます。

適度な間隔でメッセージを送る事が出来るようになると、リアルに顔を合わせることだけでなく、相手にあなたを印象付ける事が出来ます。

あなたの印象を相手にインプットする

「会えば会うほど好きになる」という効果の裏付けとしては、毎日会う相手のことは自然と頭の片隅にインプットされて行くのです。

例えば、毎日駅で見かける人とは会話をしませんが、駅以外の別の場所でその人を見かけると「あ!あの駅の人だ!」と思い出しますよね。

これは、毎日会う相手のことが、頭の中にインプットされている証拠なのです。

ですから気になる人には毎日顔を合わせる機会を作り、明るく笑顔で挨拶をして、あなたの印象を良くしていくように動いてみましょう。

相手からしてみると、毎日挨拶をしてくれる人のことは「明るく元気な子だな」や「いい子そうだな」というポジティブなイメージとして残って行くようにザイオンス効果を利用すると、「会えば会うほど好きになる」という効果が出やすくなり、自然と恋愛感情へと移行する可能性が高まります。

大切なのは、プラスのイメージを与えること!

「会えば会うほど好きになる」という法則は、あくまでも相手にプラスの印象を与えるためです。

例えば「顔も見たくないほど嫌な相手」と毎日顔を付き合わせても、うんざりする一方ですよね。

ですから、相手から嫌われている状態の時に、無理やり会いに行くことは絶対にNGです。

さらに相手から嫌われてしまう可能性があります。

もしも、今気になる相手から「何と無く嫌われているかも…」や「迷惑がられているかも…」など感じている時は、毎日顔を合わせることは控えておきましょう。

そして少し期間を空けてから接触するようにすると、また新たな印象を作り上げて行く事ができる場合があります。

会えば会うほど好きになることについてのまとめ

会えば会うほど好きになることについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

心理学で使われるザイオンス効果は、「会えば会うほど好きになる」という効果のこと、気になる人とは顔を合わせる機会を積極的に作って、一歩進んだ関係になれるように頑張ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オトコの扱い方
シェアする
ラブベイト