「次のデートの約束を確実にGETしたい!」女がとるべき4個の言動とは?

オトコの扱い方
スポンサーリンク

初めてのデートを終わらせて、さぁ次の約束をしよう!と思っても、断られる不安や、上手な誘い方が分からないなどの理由から、困り果ててしまっている女性は少なくありません。

次のデートの約束を確実に取り付けるためには、4個の言動を試してみるのが効果的です!

それでは早速、次のデートの約束を確実に勝ち取る魔法のテクニックを見ていきましょう。

スポンサーリンク

次のデートの約束を確実にGETする方法って?

皆さんは、女性からアプローチするのが難しいからといって、つい受け身になってしまってはいませんか?

しかし、気になる男性と仲良くなりたいのなら、ただ受け身で男性からのお誘いを待つだけではいけません。

次の約束を確実にGETしたいのならば、受け身になったり、先延ばしにするのではなく、その日のうちに次の約束を取り付けることが大切なんですよ!

まずは、次のデートのお誘いを確実に成功させるために、その日のうちに使うべき恋愛テクニックをご紹介します。

テクニック① デート中の会話に注目!

「映画鑑賞が趣味」「お酒が好き」「近所に新しいイタリアンのお店ができた」など、デート中に彼が何気なく話しているようなこれらの会話は、次のデートの約束を絶対に成功させたいあなたにとっては凄く重要なキーワードですので、必ず覚えておきましょう。

会話というものは、次の約束に繋げるヒントがたくさん散りばめられています。

次のデートのお誘いをするときには、「映画が好きなら今度公開する○○を観に行きませんか?」と、言った風に、デート中に交わした会話に絡めた誘い方をすると上手く約束を取り付けることができるでしょう。

テクニック② 誘いやすい雰囲気を作っておく

次の約束を確実にGETするためには、男性も誘いやすい状況を作ってあげるのも効果的です。

ただし、男性の誘いを待つと言っても、ただ受け身でいるだけでは絶対にダメ。

こちらからさりげないボディタッチをしてみたり、常に笑顔で楽しい雰囲気を作っておく、などのアクションを起こして、「この子は俺に気があるのかな」と思わせることで誘いやすい雰囲気を作ることができます。

男性は基本的に、デートに誘って断られたらどうしよう…と不安に思っています。

これは女性も同じですよね。

そんな男性のためにも、誘っていいよ♡という雰囲気を醸し出しておく必要があるのです。

テクニック③ 別れ際に思いを伝えるのは超重要!

デートをしている男女の感情は別れ際に一番高ぶる傾向にあり、解散してから時間が経てば経つほど感情はクールダウンしていきます。

感情が高ぶっている間に「今日はありがとう」「一緒にいれて嬉しかった」「次も会えるの楽しみにしてるね」などという、素直な感謝の気持ちを伝えましょう。

お互いの気持ちが高ぶる別れ際だからこそ、自分の想いをしっかり伝えることが重要なのです。

テクニック④ 別れた後のアプローチも忘れない!

別れ際にお礼や感想を言った後は、ダメ押しとしてメールやLINEでも、今日のデートの感想やお礼の言葉を伝えましょう。

そしてさらに、それらの言葉に添えるような形で「次はどこに行きましょうか?」という一文を加えれば、かなり自然に「次もあなたとデートがしたい」という意思を伝えることができますよね!

別れた後のアプローチ連絡は、別れた後~帰宅するまでの間にするのがベスト。

楽しかったデートを終えて、お互いの興奮が冷めないうちに、次のデートを具体的にイメージさせることが、次の約束をGETする確率を上げる手段なのです。

要注意!こんな断り方は社交辞令かも!

デートを誘って断られても、諦めてはいけません。

本当に彼の都合が悪い場合はまた別の機会に誘うべきでしょう。

ただし、注意すべきなのは、大人の男女の付き合いには「社交辞令」も存在しているという点です。

社交辞令を見抜けずにアプローチを続けてしまえば、仲良くなるチャンスを逃してしまう結果に繋がるかもしれません。

そこでここからは、男性が次のデートを避けたいときに使う社交辞令の一例をご紹介します。

社交辞令① 「予定が埋まってる」

断り文句として、予定が埋まっていると言ってくる男性は、あなたに脈が無いことが見て取れます。

本当に気がある女性からデートに誘われた場合は、何としても予定を空ける努力をしますし、どうしても外せない用事だったとしても、代わりのデートプランを提案してくることでしょう。

このように、デートに誘っても「予定が埋まってる」という一言だけで片づけられてしまった場合は、しつこく誘うのはやめて、少し間を空けてから再度チャレンジすることをおすすめします。

社交辞令② 「今度食事でも行こう」

社会人ならば頻繁に聞くワードですが、しつこくデートに誘ってくる女性に対して、会話を終わらせる社交辞令として「今度食事でも!」と、言ってしまう男性は大勢いるようです。

男性が好意を抱いている女性に対して、食事デートを誘う場合は「今度」なんていうあやふやな言葉は使わずに、きちんと「日付」を指定するものです。

「食事に行こう!」と誘われても、具体的な日付の指定がなければ、それは確実に社交辞令と言えるでしょう。

もし、「”今度”食事に行こう」と言われても、いつですか!?と食い下がるのはやめて、「楽しみにしてます」の一言で終わらせるようにしましょう。

さいごに

どうでしたか?

次のデートの約束をGETするためのテクニックはマスターできましたか?

気になる彼との仲を進展させるには、デートの約束を上手に取り付けるテクニックを使って、デートを積み重ねていくことが重要です。

社交辞令と本気の恋を見抜いて、楽しいデートをたくさん作り上げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オトコの扱い方
シェアする
ラブベイト