愚痴っぽい男はあなたに気があるから愚痴をこぼす!

男性から「最近上司がさぁ」「彼女とうまくいってなくて」と、仕事や恋愛の相談を受けたとき、「もしかして私に気がある?」と気になってしまったことはありませんか?

場合にもよりますが、男性が愚痴っぽくなるのは、あなたに脈があるからです

もし、あなたも彼に気があるなら、そのまま恋愛に発展させるチャンスかも!

絶好の機会を逃さないためにも、詳しくみていきましょう。

男は愚痴をこぼす生き物?こぼさない生き物?

基本的に、男性は愚痴をこぼさない人の方が多いです。

女性はおしゃべりをすることでストレスを発散しますが、男性の場合は趣味に没頭したり、体を動かしたりすることでストレスを発散しています。

そのため、よほどのことが無い限り、女性に愚痴は言わないでしょう。

でも、そんな男性が思わず愚痴をこぼしてきたなら…?

そこには、こんな男性心理が隠されているかもしれません。

甘えたい

社会に出てひとりの力で何とか頑張ってきた男性は、いつもどこかに心の拠り所を求めています。

そんな時、自分の話を真剣に聞いてくれる女性が目の前に現れたら…?

そこが心の拠り所だと感じ、無意識に愚痴をこぼしてしまうでしょう。

そうやって女性に甘えることで、心を落ち着かせているのです。

男性がこのような態度を見せるのは、女性のことをよほど信頼しているから

職場の仲間や友達とは違う、なにか特別な感情が働いていると言ってもいいでしょう。

気を引きたい

「最近彼女とうまくいってなくて」「こういう女性ってどう思う?」など、彼女や知り合った女性の相談をしてくるのは、あなたの気を引きたいと思っているからです。

ちょっとした惚気(のろけ)ではなく、本気で愚痴を言ってきているのなら…割と本気であなたとのことを考えているのかも。

モテない、別れたいなど「自分は恋愛で上手くいっていない」というアピールをすることで、あなたと恋人になりたいと望んでいる可能性があります。

もし、あなたが彼のことを好きじゃなければ「随分勝手な男だな」と話を聞き流せばいいし、あなたも彼に気があるなら、別れてくれる絶好のチャンスだと考え、彼の話をしっかりと聞いてあげるといいでしょう。

心を許している

男性が愚痴を言ってくるのは、あなたに対して警戒心がまったく無いからです。

何でも話せるほどあなたのことを「安心できる存在」だと思っていて、相当心を許しているということが分ります。

男性はどうしても見栄やプライドが邪魔をして、素直な気持ちが言えないもの…。

そんな彼の壁を取っ払い、解放してくれるのがあなたという存在なのです。

警戒していませんよ、信頼していますよ、と思ってくれるのは、脈あり以外の何物でもありません。

好きな人に話を聞いて欲しい

男同士で集まっても仕事の悩みを言わないほど、男性は「問題は自分で解決する」という傾向が強いです。

でも、好きな人だと違います

仕事の悩みも友人や家族間で起こったトラブルも、何でも話しを聞いてもらいたいと思うもの。

これは、将来を見据えている男性ほどその傾向が強くなります。

もし普段は無口なのに、珍しく「実はさ…」とあなたに愚痴を言い始めたのなら、あなたにその気があるという証拠です。

なかなか感情を表に出さない男性からのアプローチはとても分かりにくいので、見逃さないように注意してください。

愚痴をこぼされた時の対処法

愚痴の中に「男性の秘められた感情」があると分かったとき、女性はどのように対応するのが一番なのでしょうか?

次の二つのケースで考えてみましょう。

あなたも彼のことが好き

愚痴を言ってきた彼のことをあなたも好きなら、「相談内容に口を挟まない」のが一番です。

男性は自分で問題を解決する術をもっているため、女性に問題の解決方法を言って欲しいわけではありません

あくまでも、話を聞いて欲しいだけです。

「うんうん」「大変だね」「わかるよ」「それは酷いね」と共感して欲しいのです。

だからこそ、この先彼との進展を考えるなら、彼よりも詳しい情報をもって問題を解決しようとしたり、それはどうかな?私なら~と優秀な姿を見せることだけはやめましょう。

全然好きじゃない

全然好きじゃない人の愚痴ほど気が滅入るものはありませんよね。

そんな時は、話題を180度変えることをおすすめします

「そうなんだ。じゃぁスパっと忘れるためにカラオケ行こう!」と愚痴に対して深入りしないこと。

話を聞いてあげればあげるほど、あなたという存在が大きくなるため、あえて話を聞かないでその場を乗り切るのが一番です。

それでも愚痴を言い続けるようなら、「私もさ~」と、自分の愚痴を話し始めるのもいい対処法になりますよ。

男の愚痴は分かりにくいアピールだと思って

なかなか愚痴を言わない男性が、相談しにくそうにあなたに伝えてきたのだとしたら、そうとう切羽つまっているのでしょう。

何かに対して限界を感じていて、話を聞いて欲しいと選んだのがあなたなら、そこには恋愛の感情が隠されている可能性があります。

それは、「甘えたい」「気を引きたい」「心を許している」「話を聞いて欲しい」という、あなたに対する愛情表現のひとつかもしれません。

愚痴っぽくて嫌だなとか男らしくないなど、ネガティブな方向に捉えないで、愚痴の内容やテンションから判断し、柔軟に対応してあげてください。

きっと彼はあなたに気があるだけかもしれませんから。

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。