告白成功のコツはタイミングにあり!片思いの彼に告白してOKをもらうには?

片思い
スポンサーリンク

告白する前は、毎日がドキドキですよね。

タイミングを見計らうのはもちろんのこと、どんな風に言えばいいのか、シチュエーションなど細かいことまで気になってしまうもの。

特に、成功させたいと思うと力が入ります。

そこで今回は、片思いの彼に告白するベストなタイミングを探っていきたいと思います。

現在の関係性によって、成功確率が変化する!?

実は、告白する前に知ってほしい事があります。

それは、告白の「成功率」。

せっかくあなたが勇気を振り絞っても、上手くいかなければ意味がありませんよね。

しかも、何も知らないまま告白してしまうと、あなただけが傷を負ってしまう可能性があります。

ですから、告白する前に「どれくらい成功する可能性があるのか」を知っておくようにしましょう。

「どんな女性から告白されても嬉しい」という男性は、3割程度と言われています。

男性も告白がどれだけ大変なことか分かっていますし、無条件で喜んでくれる男性は確かに存在します。

それに、どことなく「男性が告白するのが当たり前」という風潮があるため、女性から告白すること自体にドキマギしてしまう人が多いといえるでしょう。

ただ、現在がどういった関係性かが意外と大事になってきます。

男性の中には「友人や同僚からの告白に戸惑う」という人が一定数いるのです。

友人であれば、恋愛対象外である可能性が高く、友人関係も崩したくないからだそう。

そのため断りにくく、告白を半ばイヤイヤOKしてしまうというケースもあるのだとか。

同僚ですと、友人よりも断った後の付き合い方が難しくなってしまうもの。

ですから、告白のタイミングうんぬんの前に「この人に告白したら成功するかどうか」をしっかりと見極めてからにしましょう。

彼の態度や言動に普段から注目して、あなたのことを恋愛対象として見ているのかを確認してみてくださいね。

3回以上会う仲になったら告白のタイミング!

さ、ここまでの内容はOKですか?しっかりとクリアしているでしょうか?

クリアしている方は、いよいよ告白のタイミングをきちんと知ることが大事です。

まず絶対にやってはいけないのは、まだ会って日が浅いのに告白することです。

もし、あなたが「この人は絶対に私のことが好きだ」、「振られることはない!間違いなく付き合える」という自信があるのであれば効果的でしょう。

ですが、それ以外であれば思いっきり相手に引かれる可能性があります。

「重たいな」と思われてしまう可能性もあるので、やめておきましょう。

では、いつのタイミングがベストなのか。

それを知るためにも、2人きりで会う回数に意味があることを知るのが大事です。

1回目は友達と一緒にいる時のあなたではなく、1対1でいるときのあなたの人となりを純粋に見てくれる段階です。

2回目は、友達枠から抜け出せるかどうかの段階です。

そのため、彼にあなたの事を恋愛対象として見てもらえるよう、少しアピールしてもいいかもしれませんね。

そして、いよいよ3回目。

3回目があるということは、お互いがそれなりに好意を抱いている証拠です。

相手がどんな人なのかもだいたい分かってきて、ある程度の信頼関係もできていることでしょう。

男性も、あなたに好意があり「もう一度2人きりで会いたい」と思っているのですから、告白をするのであれば、3回目の2人きりで会った後がベストと言えるでしょう。

告白のやり方は彼の性格に合わせるのが正解!

ただ、告白のタイミングがよくても、やり方がまずいと失敗に終わってしまう可能性があります。

男性には2パターンあるので、しっかりと見極めることが大事です。

「シンプルに想いを伝える」を好む人

何事もはっきりしたいタイプ、男らしい人はこちらに当てはまります。

こういう方には「あなたのここが好きになりました!」と直球で伝えるようにしてみてください。

シンプルに伝えると言うと「好き」だけで済まそうとする方がいますが、せっかくの想いを伝えるのにそれだけではもったいないです。

「どこが好きなのか」を加えて、あなただけの告白をしましょう。

せっかく勇気を振り絞って告白するのですから、より多くの気持ちを伝えることが大事ですよ。

言われた方からしてみても、「好き」だけではイマイチぴんっとこないですからね。

そうならないためには、告白する相手のどこが好きなのかをしっかりと考える事が大切です。

ちょっと「遠回しな告白」にして欲しい人

奥手な人や、ゆっくりと愛を育んで行きたい人はこちらに当てはまります。

こういうタイプは「ストレートな告白だと引いてしまいそう」、「照れながらそれとなくのほうが可愛いらしい」と思っているようで、あまりハッキリした言葉よりも、なんとなく伝える方がおすすめです。

確かに「好き」と言われると、YESかNOで答えねばと思いがちですよね。

ですが、ちょっとオブラートに包まれた告白であれば「ちょっと考えさせて」と、相手に考えてもらうための間を与えることができます。

奥手な人は、ゆっくり考えたいのです。

ですから、ちょっと考える時間を与えるほうが告白の成功率も上がりやすくなりますよ。

さいごに

告白は本当に緊張するもの。

でも、あなたが動かないと成功も失敗も、状況は変わりません。

行動を起こして、彼をGETしてくださいね。