苦くて甘い「大人のバレンタイン」を成功させる4つのコツ

片思い
スポンサーリンク

人は、いくつになっても恋をします。

大人にだってバレンタインから始まる恋があってもいいはず。

若い人たちみたいに浮かれているのが恥ずかしいなんて、そんなことはありません。

恋のイベントの1つ、2月14日のバレンタインを上手に使って大人の恋を成功させてみませんか?

学生のころとは一味違う、大人のバレンタインを成功させるコツをお伝えします。

スポンサーリンク

大人のバレンタインは恋のきっかけ

大人になると、学生のころより恋愛をうまく進めるのが難しいと感じることが多くなります。

20代前半あたりまでは、告白に失敗したとしても後がありますし、経験が浅いためとにかくまずはアタックしてみようという勇気もあります。

ところが、さまざまな経験を経て大人になると、いろんなことを考えてしまい恋愛に歯止めをかけるのです。

過去に失敗の経験があるから今回もきっとだめだろうとか、告白して関係を悪化させたくないとか…。

そんな大人の恋愛を進展させるのに、バレンタインは最適のイベントです。

恋のイベントといえばクリスマスや相手の誕生日など他にもありますが、まだ片思いの段階であれば「義理チョコ文化」のあるバレンタインデーこそ、大人の恋のきっかけとしてぴったり

大人のバレンタインでは、片思いの相手に本命チョコは渡してはいけないのです。

大人の片思いはバレてはいけない

大人の片思い相手にバレンタインの本命チョコを渡してはいけないのには理由があります。

それは、大人の恋を上手く進めるためには「自分が彼に気がある」ということがバレてはいけないからです。

学生の恋なら一目惚れをした相手にいきなり告白をしても、見た目や評判などが相手のタイプであればOKをもらえる可能性もあります。

でも、お互いが大人になった今は、見た目やまわりの評判よりも自分が相手に対して何を感じ、どんな人なのかしっかり分かってから恋愛をスタートさせたいという思いのほうが強いでしょう。

そんなときにあなたの好意がバレてしまったら「自分はまだそこまで盛り上がっていない」「ここで親しく接しても恋愛対象として見られなかったら申し訳ない」という気持ちが彼に起こり、すっと身を引いてしまいます。

彼もあなたも慎重になっている大人の恋だからこそ、恋愛モードが伝わりすぎないように、彼にとって心地のよいレベルの好意を少しずつ見せていく必要があります。

バレンタインの「義理チョコ」は、そのちょうどよい距離感を作るのにぴったりな手段なのです。

バレンタイン前に時間をかける

大人の恋を成就させるのにバレンタインの義理チョコは有効なアクセントになります。

とはいえ、義理チョコとはいってもそこから恋を進展させるためにきちんと活用できなければ意味がないですよね。

バレンタインを大人の恋のきっかけにするには、当日いきなりチョコを渡すのは避けましょう

本当にただの義理チョコだと思われてしまうかもしれませんし、渡し方によっては彼があなたの好意に気づいて関係がぎくしゃくする結果に終わるかもしれません。

そうならないように、バレンタイン前から下準備をしておくのです。

目指すのは、バレンタインの当日までに「彼にとって居心地のよい存在」になることです。

彼の価値観や仕事観を褒めたり、尊敬の気持ちを示す、愚痴や弱音を聞いてあげる、欠点を受け入れてあげたりしながら、彼に「この人といるとなぜか心地いいな」と感じさせるのです。

難しいことではありません。

彼の話を否定せずに聞き、失敗しても責めることなく、自慢話も笑顔で聞いてあげましょう。

このとき、恋愛感情を表に出す必要はありません。

彼が意識するまでもなく「いい人だな」と感じてもらえる距離感を作るように努めましょう。

告白はしない

チョコを渡す日までに「彼にとって居心地のよい存在」になれたなら、大人の恋が成功する可能性は十分に高まっています。

いよいよバレンタイン当日。

下準備が整っていれば、この時点ではもうすでに彼はあなたにプラスの感情を持っているはずです。

でも、忘れないでください。

あなたが渡すのは本命チョコではなく、義理チョコです。

本命チョコが姿を隠した義理チョコといってもいいかもしれません。

大人のバレンタインでは、告白しないほうが上手くいきます。

相手のペースに合わせながら少しずつ距離を縮めていくのが大人の恋愛です。

彼にとって居心地のよい存在になれたなら、次のステップは彼に追いかけてもらうこと。

義理チョコをきっかけに「もしかして俺のこと?」と気にかけてもらうのがバレンタインの最大の目的です。

それまで何とも思っていなかったけれど、一緒にいて心地のいい女性からバレンタインにチョコレートをもらった。

告白はされなかったけど、どうして自分にくれたんだろう?

義理にしてはお高めのチョコだけど渡し方は義理っぽかったし… いったいこれは何なんだろう?

バレンタインデーをきっかけに、彼はあなたのことを意識するようになるのです。

バレンタイン以降も彼にとって心地のよい女性でいるよう心掛けてみてください。

彼から連絡が来るようになったからといって距離を一気に縮めるようなことはしないように。

きっと嬉しい変化が起こるはずですよ。

(まとめ)バレンタインから始まる大人の恋

大人の恋愛は複雑です。

年を重ねるごとに失敗や傷が怖くなり、積極的なアプローチができなくなります。

相手の気持ちへも素直に応えられなくなります。

だからこそ、あまり親しくないうちから好意を見せてしまったり、いきなり告白をしたりしても上手くいかないのです。

それなのに、バレンタインで白黒つけようとしてしまうのはもったいないこと。

大人の恋は、小さなきっかけを積み重ねることで成就します。

好きという気持ちから感謝まで、チョコレートひとつでどんな気持ちも伝えられるバレンタインデー。

恋のきっかけづくりが成功したら、あとは彼のアプローチを待つだけでいいのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
片思い 特集
シェアする
ラブベイト