「彼氏ができなくてもうイヤ…」恋活に疲れた女性に贈りたい6つの処方箋

彼氏が欲しくて出会いを探しているのに、思い通りにいかず疲れてしまっていませんか?

そのような状態が長く続くと自信を喪失したり、自分自身を責めて心が病んでしまう場合も…

恋活に疲れたと感じた場合は、そのまま無理をせず自分を見つめなおすことが大切です。

今回は、そんな恋の疲れに悩む女性に贈りたいアドバイスをいくつかご用意しました。

無理していい女になろうとしていませんか?

恋人が欲しい、男性に愛されたいと思うばかりに自分磨きを頑張っているあなた。

無理にいい女になろうとしすぎて逆に疲れてしまっていませんか?

いい女になろうとすることは、理想を自分自身に押し付けること。

誰でも理想を押し付けられすぎると疲れてしまうもので、それは自分自身に対しても同じです。

恋活に大切なのは、いい女であることよりもお互いの相性です。

自分で思う理想の女性像を無理やり演じても、それは無個性なハリボテ状態。

そうやって無理をするうちにどんどん「恋愛ってしんどい…」と思い込み、恋活を負担に感じてしまいます。

また、理想のいい女は男性にとって都合のいい女となってしまう場合もあります。

疲れたと思ってしまうほどに背伸びをしないで、あなたらしさを大切に自然体でいることが恋活疲れを解消する方法の一つです。

男性を減点方式だけで評価するのはやめましょう

あなたは気づかないうちに、出会う男性を減点方式だけで評価してしまっていませんか?

特に合コンやマッチングアプリ、恋活パーティなどで男性と出会う機会の多い女性が陥りがちなのがこの状態です。

どんな人間でも欠点の一つや二つはあるもので、そこばかりに捉われ「この人はここが悪いからダメ」と切り捨ててばかりいれば絶対に恋人はできません。

相手の悪いところばかりをチェックする癖がついてしまうと、あなたにとって大切な彼の大切な長所を見逃してしまうことに。

また、恋愛においてお互いの欠点を許し補い合える関係はとても大切なものです。

他の良い面を沢山見つけている相手の場合、多少の欠点も可愛く思え許せてしまうもの。

どうしても許せない欠点は仕方がないですが、そうでない場合は出会う男性の長所も平等に見て、しっかり比較し見極めるようにするのがベストです。

クズ男がトラウマに…男性を一括りにして怖がらないで

恋活中に嫌な男性に出会ってしまった、または過去の恋愛でトラウマがある…

そんな経験を持つ女性は無意識に男性を恐怖に感じてしまい、恋活疲れを引き起こしてしまいます。

新たな男性と出会っても警戒してしまったり、辛かった過去を思い出してしまったり…

恋をしても常にネガティブな感情に支配されている状態になっていては、あなたが疲れたと思ってしまうのは当然のこと。

ですが、同じ男性と言っても性格や考え方は十人十色。

女性間でも気の合う仲間やそうでない相手がいるのと同じように、男性にも様々なタイプが存在します。

運が悪く立て続けに嫌な男性と出会う場合もありますが、あなたのことを大切にしてくれる優しい男性も必ず存在します。

過去のトラウマから男性を一括りに怖がってしまわないで、それぞれが一人の人間であると思って新たな気持ちで接するようにしてみてください。

理想や目標を組み立てすぎると恋は遠ざかるもの

恋活に意欲的なばかりに、具体的な理想や目標を組み立てすぎてしまっていませんか?

理想の恋人像や、いつまでに恋人が欲しい、その為に月にどれだけの男性と出会うかなど…

しっかり理想を決めて計画を立てれば成功に近づくと思いがちですが、現実は中々予定通りには進まないもの。

計画通りにいかないことで焦りや不安などのネガティブな感情を生み、どんどんあなたの心は疲れた状態になってしまいます。

恋活疲れを防ぐ為にも、理想や目標は細かく決めすぎないことが重要。

また、予定通りに行かなかった場合もプレッシャーに感じず、それならそれで仕方がないと前向きに切り替えることが大切です。

世の中には全く理想の相手や出会いではなかったのに、結果的に幸せな恋や結婚をしている女性も多くいます。

恋を手に入れたい目標があればこそ、理想や計画よりもフィーリングやタイミングを大切にしましょう。

恋以外のことに目を向けるのも大切です

恋人が欲しいという目標が大きいばかりに、恋愛ばかりに捉われがちになっていませんか?

恋活が上手くいかないのに恋愛以外のことと向き合っていない状態は、あなたから余裕を奪いどんどん疲れさせてしまいます。

余裕がなく疲れたように見える女性は多くの男性にとって魅力的な存在とは言えません。

心に余裕を持ち健康な状態で恋活を進めるためにも、あえて恋愛から離れて自分自身をリラックスさせる時間を持つようにしましょう。

趣味があるならしばらく没頭してみたり、一人で落ち着ける場所でぼーっとしてみたり…

そうすることであなたの恋活疲れは自然と癒されるはず。

心の充電が完了したら、きっとまた恋にも前向きになることができるでしょう。

彼氏がいない=ダメ女ではありません

あなたがもし「彼氏がいないとヤバい」と思って恋活に必死になっているのなら、その考え自体を改めることが必要です。

彼氏がいないのは女としてダメと思い込んでしまうことは、現在恋人がいない状態のあなたを否定しているのと同じこと。

そうなると恋人ができない期間が長引けば長引くほど、「私はダメな女なんだ…」と思ってしまいがちに。

ですが、恋人がいない女性はダメという考えに根拠は全くありません。

たとえ恋をしていなくても、あなたの女性としての魅力には何も関係のないこと。

恋活疲れをストップさせるためにも、その考え方はいったん捨てるようにしてください。

さいごに

心が疲れたり焦っている状態で無理をしても恋活をしても上手くいく可能性は低いです。

ネガティブな気持ちが強くなってしまったと感じたら、一旦休んで自分を癒す時間を作ることも大切です。

疲れたと感じたときはしっかりと心を修復して、また素敵な恋を見つけてくださいね!

Writerこの記事をかいた人

Yuka

恋愛といっても、考え方や捉え方は人それぞれ。同じような気持ちに共感したり、全く違う感覚を知ったりすることで、より良い恋をする為のヒントになるはずと考えています。「誰にも相談できない、でも気になる…」そんな女性の心に寄り添えるよう、色々な視点や切り口の記事を紹介したいと思います。