「大人可愛い女性のほうが好き」って言うけど大人可愛いってどういうこと?

女性なら大人になっても「可愛い」と思われたいですよね。

可愛いだけではいずれ無理が出てくるけど、ただ年相応にシフトするのはつまらない。

可愛らしさを保ちつつ、大人ならではの魅力を身につけて、いつまでも周りに愛される女性を目指してみませんか?

魅力的な大人可愛い女性になるために、抑えるべきポイントをお伝えします!

いつまでもフレッシュな魅力がある

トレンドを抑えている

フレッシュな魅力をキープするには、アンテナを張り続けることが大切です。

同じようなヘアメイクやファッションを続けていると知らず知らずのうちに古い印象になっていまうので、トレンドは上手に活用したいですよね。

とはいえ、むやみに流行りに乗っかるだけでは大人の女性とは言えません。

トレンドは敏感にキャッチしながらも、その中から自分に似合うものや必要なものだけを選んで取り入れるのが大人流。

これまでの経験値を活かして、自分に似合うものがある程度分かってきているからこそ引き算ができるのです。

基本的にシンプルを心がけ、流行を取り入れるのはワンポイントにとどめるのがコツ。無駄がないと洗練された印象になり、若作りも避けられます。

飽きない新鮮さがある

ニュースやSNSで最新の話題をチェックして、会話にも新鮮さを取り入れられる女性は一緒にいて楽しいものです。

常にアンテナを張り巡らせているために必要なのは、新しいことを受け入れる素直さとワクワクした気持ち。

会話の中では聞き上手を心がけていると、面白そうな情報を教えてくれるかもしれません。

好奇心の強い人は自然と出会いが増えたり、楽しいイベントや趣味を見つけることにもなるので、いつも充実していて内面からの輝きも増します。

自分自身新しいことを楽しみながら、周りからも飽きがこない、また会いたいと思われる女性を目指しましょう。

大人ならではの魅力がある

振る舞いで差をつける

可愛いだけじゃない魅力をアピールするには、日ごろの話し方や所作が大切です。

言葉遣いを丁寧に美しくしたいなら、女性アナウンサーを参考にするのはいかがでしょう。

アナウンサーといえば正しい日本語はもちろん、綺麗な発音や話し方のプロ。

ニュース番組よりもバラエティー番組の方が、より自然な話し方をチェックできるのでおすすめです。

彼女たちの立ち居振る舞いを観察すると、さり気なく美しく見せる仕草や、他の出演者への気配りの仕方も学ぶことができますよ。

自分をアピールするだけでなく、周囲を気遣うことができる姿勢は人としても魅力的です。

マナーが身についている

最低限のマナーを身につけていることも大人としては基本ですね。

特に食事のシーンでは、明暗が分かれると言ってもいいほど人から見られているもの。

いくつであってもごはんを美味しそうに食べる姿は無邪気で可愛いですが、マナーがなっていないのでは台無しです。

うっかり恥をかいて魅力を損ねてしまうだけでなく、場合によっては同席者への失礼にもなりかねません。

いざという時に備えて、マナー本などでしっかりおさらいしましょう。

どうしても分からない時は、知ったかぶりをせずに素直に周りを頼った方が可愛げがありベターです。

親しみやすい可愛さがある

適度に隙を見せる

大人になると肩肘を張ることが増え、ついプライドが邪魔することもあります。

だからこそ笑顔や無邪気に楽しんでいる姿など、リラックスした様子を見せられる女性はギャップがあって可愛らしく感じるもの。

ユーモアで場を和ませて周りの緊張をほぐしたり、時には素直に甘えることで相手に「信頼されている」とやる気を感じさせるなど、上手に見せる隙は周囲をも喜ばせます。

特に年下から好かれるには、相手が壁を感じてしまう可能性があるので、こちらから気さくな様子を見せて自然に親しみやすい空気を作りましょう。

力まないスタンスは自分自身も無理しなくていいので、心に余裕も生まれます。

笑顔を絶やさない

老若男女問わず好かれるには、やはり笑顔が一番です。

仕事で普段キリッとしている女性ほど、ふとした瞬間に見せる笑顔はギャップがあり効果絶大です。

職場でも、休憩などでちょっとした会話をする機会にはニコッと微笑むことで一気に親しみやすく感じられるでしょう。

ただし笑い声を立てる際には、品がないと思われないよう程々に抑えることを忘れずに。

スイッチの入った真剣な姿とナチュラルな笑顔のギャップこそ、大人可愛い魅力を生み出す最大のコツかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

大人として抑えるべきポイントはしっかり抑えつつ、素直に自然体を楽しめる姿勢が大人可愛い魅力を醸し出してくれるのかもしれません。

外見も内面もアップデートする努力を怠らなければ、年齢とともにますます魅力が増していくはずです。

可愛いだけを卒業して新たな魅力を身につけたい方や、最近可愛げがないかもとお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Writerこの記事をかいた人

モカ

「みなさんの恋愛が一歩前に進むお手伝いをしたい!」という思いで執筆しています。一番好きな恋愛映画は『ラブ・アクチュアリー』。名前と裏腹にコーヒーはブラック派です。