そのアプローチミスってるかも?!的確なアプローチ方法教えます!

気になる人が出来たら、どうやってアプローチをしようと考えますよね。

あまり恋愛をしたことがない人なら、なおさらアプローチの方法がわからないという人も多いでしょう。

そこで、男性への的確なアプローチ方法を伝授しますね。

好きな人へのオススメなアプローチ方法

好きな人へのアプローチは、まずはあなたのことを印象付けることから始めましょう。

しょっちゅう顔を合わせる機会を作り、あなたのことを覚えてもらうようにします。

そして、頻繁に挨拶をしたり話かけたりしながら、1日に何度か言葉を交わす機会を作ります。

するとだんだん、相手はあなたが自分に好意を寄せていることに気がつくでしょう。

好きな人へのアプローチはタイミングが大事!

好きな人へ話しかける時は、タイミングがとても重要です。

例えば同じ職場の人を好きになった場合は、相手の仕事を邪魔しないタイミングで声をかけるのが大切です。

また、職場の人を好きになった場合は、気になる彼に仕事の相談をしてみるのもオススメです。

「仕事の相談があるんですが…」と声をかけて時間を作ってもらいましょう。

好きな人を見つめるアプローチ

「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、会話をしなくても想いは伝わるものです。

同じスペースに気になる人がいる時は、じっと相手を見つめるというアプローチ方法もおすすめです。

見つめていたらいつかは目が合います。

目があった時は、慌ててそらしたりせずに微笑みかけるようにすると、あなたの印象も良くなります。

目があって微笑むことが2〜3度続くと、相手もさすがにあなたからの好意に気づくでしょうし、あなたに対して興味を持つようになります。

ダメなアプローチ方法1:ガツガツしている

ここでダメなアプローチ方法もご紹介しておきます。

恋してしまった状態は、頭も混乱して焦ってしまうことがあり、ガツガツしたアプローチをしてしまうこともあります。

多くの男性は、女性からガツガツしたアプローチをされると引いてしまいます。

すぐに2人きりになりたい、デートしたいと自分の欲だけでアプローチをするのはNGです。

相手の様子や予定、タイミングなどすべて配慮しながら、声をかけるようにしましょう。

ダメなアプローチ方法2:いきなりのボディタッチ

ダメなアプローチ方法として、いきなり好きな人にボディタッチをするということがあります。

人にはパーソナルスペースというものがあり、他人が自分に近づく時の許容範囲があるのです。

パーソナルスペースにはいるということは、心理的な人の領域を侵すことになります。

ある程度信頼があり、関係性が取れた人なら許せることもありますが、それ以外の人がパーソナルスペースに入ってくると拒否反応を示すことが多いです。

一般的には、恋人同士など親密な関係の人が近寄っても許せるパーソナルスペースはボディから50cm前後とされていますが、それ以外の人がその距離にいると不快感を覚えます。

ボディタッチは、パーソナルスペースには入りますし、いきなり体に触れることになるので、とても驚きますし嫌がられる可能性も高いです。

触る方は「ボディタッチ=親密」と思っているのでしょうが、いきなりボディタッチをされた側は、大抵はドン引きします。

また、「いきなり体に触ってくるなんて、ちょっと軽い女なのかな」と思われてしまう可能性もあります。

ボディタッチは、ある程度関係性が取れた人同士でするものなので、付き合う前のアプローチ方法としては不向きです。

ダメなアプローチ方法3:しつこい

ダメなアプローチ方法として、明らかに相手が嫌がっているのに何度も誘うなど、しつこい行為をするのはNGです。

でも、好きな人には熱心にアプローチをしたくなるので「ちょっとしつこいかな…」と思っても、押し切ってしまった経験がある人もいるでしょう。

突然会いに行く、押しかけるなどを何度もするのはもちろんしつこいですが、メールやラインの連投などもしつこいアプローチになってしまいます。

しつこいと思われてしまうと、そのイメージを消すのはとても大変です。

ですから、「あ、もしかして嫌がられてるかな?」と思ったら、一旦間をおきましょう。

相手から返事が来ないのに、返事がほしいあまりに何度もメールやラインをするのは絶対にやめましょう。

しつこいアプローチをする人は、自分勝手な人が多いです。

でも、恋愛って相手がいることなので、自分の思い通りにはいきませんよね。

相手のことを思う気持ちがある人が、周りの人からも大切にされるようになります。

まずは相手のことを思って行動するようにしましょう。

好きな人への的確なアプローチ方法についてまとめ

好きな人への的確なアプローチ方法についてご紹介しました。

逆にダメなアプローチ方法もご紹介しましたので、「もしかしてアプローチの方法ミスってたかな?」と思う人は今日から気持ちを切り替えていきましょう。

自分も相手も楽しくなるような恋のアプローチ方法にチャレンジしてみて下さいね。