気になる彼を振り向かせる!男を恋に落とす魔法のシチュエーション

『あ、素敵…』と感じる男性と出会ったら、恋心になるのに時間はかかりません。

『ちょっと気になる』は、すぐにすごく『気になる』になり、いつの間にか頭の中は彼でいっぱいに…。

そして心はこんなふうに変容していきます。

『なんとかして彼を振り向かせたい。できれば彼女になりたい!』

今回は、気になる彼を振り向かせるにはどうすれば良いかというテーマを取り上げます。

男性はどんなシチュエーションに弱い?女性のどんな部分にドキドキするの?

読者の皆さまの素朴な疑問に答えていきます。

Easy come, easy goにならないように

恋は盲目ということわざがあるように、彼のことばかり考えていると、見える答えも見えなくなってしまいます。

ここでは一度、頭を恋から遠ざけてみます。

親からもらったお小遣いや、正月に集めたお年玉を、子供が瞬く間に使ってしまうというのは、よくある話ですね。

自分がなぜ売れたのかよくわからないままフィーバーしてしまったアイドルや若手芸人が、一発屋として消えてしまった。これもよくある話です。

この2つは全く異なる事例ですが、共通点があります。
それは、『簡単に手に入ってきたものは、消えるのも早い』ということです。Easy come, easy goとはそういう意味なのです。

でも、お小遣いやお年玉を使いまくってきた少年が、高校生になってバイト先から得たお金だけは大事にするという現象もよく見られます。

給料は簡単に手に入るものではありませんね。大変な思いをして手に入れたお金は、簡単に手放したくないという心理が働くからです。

男女関係にも、同じ定義が成り立つことがあります。

簡単に落とせた女、付き合う前に男の部屋にあっさり来た女、告白したとき2つ返事でOKを出した女などは、『努力なしに手に入ったもの』という印象になります。

このことをまず、胸に深く刻んでおきましょう。

但し、結成してすぐに売れたお笑い芸人であっても、右も左もわからないアイドルであっても、『このままでは自分は消えてしまう』という危機感を持ち、奮起して、勝ち残ることはあります。

もしも次の恋が比較的簡単に実ったなら、そこで気を抜かず、叩いても壊れない強い絆を築くことを意識しなければなりません。恋の一発屋にならないよう気をつけたいですね

男を恋に落とす5つの魔法

季節性の魔法

夏なら海辺、冬ならきらめく街の輝きなど、季節ごとに恋に落ちやすいシチュエーションがありますね。特にこれからの季節は、圧巻のイルミネーションが手っとり早い魔法となるはずです。
気になる彼に会うならば、時間帯を夜に、場所をイルミネーションがある街に設定しておきましょう。きらきら輝く夜景の中で、ふたり揃って魔法にかかっちゃってください。

セクシーな魔法

まずは、男性が女性のどんな部分にドキドキするのかを挙げます。昔から定評があるのは、『胸』『腰などのくびれ』『お尻』です。
胸やくびれに自信のある女性は、ボディラインを目立たせる服を選ぶだけで、男性はぐらっと来るかも知れませんね。
他に多い意見としては、細い首すじとうなじが挙がっています。特に女性の『うなじ』にセクシーさを感じる男性は多いので、髪をかき上げてみるとか、アップにしておく方法を取り入れてみます。
また、女性の口のまわりにあるほくろ、胸元のほくろに色気を感じるという男性も多くいます。
チャームポイントは女性によって違いますので、自分のどこを魅力としてアピールするかを考えてファッションを選ぶと良いですね。

言葉の魔法

一般的に女性が男性に『勝てない』と感じる部分を褒めてみてください
男性はそのことを喜ぶと同時に、あなたに女を感じます。あなたが『男』として褒めてくれたことで、反対にあなたに『女』を感じるようになるのです。

・体の大きさを褒める(背が高い、背中が大きい、手が大きいなど)。

・体の強さを褒める(力持ち、体力があるなど)。

・内面の強さを褒める(一緒にいると安心する、男らしいなど)。

・技術を褒める(運転が上手い、ゲームの高得点を褒めるなど)。

右耳の魔法

左脳は言語を正しく理解することを担当しています。あなたの一言一句をちゃんと理解してほしいときには、左の脳に働きかけるようにします。但し、『左脳』は『右半身』に直結しているので、左脳に働きかけたいときには、『右の耳に』話しかける必要があります。興味のある人は脳について検索してみてください。興味のない人は、とりあえず『右耳に』話しかけることだけ覚えておけば良いですね
愛の告白や、デートの約束は、彼の右耳へどうぞ

包み込む魔法

男が持っていなくて、女が持っているものは、胸やお尻だけではありません。
男性は、女性の母性に本能的に安心感を覚えます。趣味の話や仕事の話を、優しく聞いてあげることも一つです。他には、飲み終わったジュースの缶を代わりに捨ててきてあげる、手や口を汚したらハンカチやティッシュを差し出すという行為にも、男性は好感を持ちます。
常に母親と子供のような関係でいる必要はありませんが、要所・要所で母性を発揮すると、彼はあなたに安心感を持つようになります

まとめ

恋がスタートしたときや出会ったときには、多くの男女がまるで魔法にかかったように夢見心地になるものです。でも、覚めない夢がないように、解けない魔法もありません

最初にお伝えしたように、絆を強く結ぶ努力をしなければ、手に入ったものはあっという間にあなたの手からこぼれ、消えてしまいます。魔法であなたの元に来てくれた彼に、あなたの中身をしっかりと伝えていきましょう。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。