プロポーズされたらまずやるべきことって?

大好きな彼からプロポーズされたら、もう幸せの最高潮♡

だけど、夢のような気分に浸ってばかりもいられないかも!?

プロポーズされたら、その後にやるべきことがたくさん待っているのです!

ハッピーな瞬間を満喫したら、結婚に向けてやるべきことをチェックしましょう。

プロポーズされたら二人で話し合いを

これから具体的にいつ・何を・どうするか、二人で話し合いましょう。

まず大まかな日取りを決めてから、やるべきことのスケジュールを組んでいきます。

おめでたい事なので、日程を決める時には六曜(大安など)も意識するのがベターです。

いざ結婚となると準備することがたくさんあるので、無理のない計画を立てましょうね。

後で慌てないよう、それぞれの予算についても必ず確認しておくようにしてください。

  • 入籍日について
  • 結婚式について
  • 新婚旅行について
  • 新居、同居について
  • 周りへの報告について

この他に、二人の将来計画についても、十分に話し合う必要があります。

後から意見の食い違いでトラブルにならないよう、生活や子供についてもお互いの考えを改めて確認しておくといいですね。

二人の意思とプランを確かめ合ったら、いよいよ準備に向けて動き出しましょう。

両親への挨拶

結婚することを決めたら、まずはお互いの両親へ挨拶に行くこと。

一般的に女性側へ先に伺うことが多いですが、ルールはないので都合に合わせてOKです。

報告形式ではなく、結婚したい旨の意思表示をして、両親から了承をもらいましょう

お互いの両親の好みを確認した上で、菓子折りなどの手土産を用意してください。

当日はスーツやワンピースなど、身だしなみに気をつけて臨みましょうね。

結納、両家の初顔合わせ

それぞれの両親への挨拶が済んだら、結納や両家の顔合わせを段取りします。

最近は結納をせずに、婚約食事会といって顔合わせのみを行うのが一般的です。

婚約食事会のみであれば、決まったしきたりはないので、比較的自由に決めてOK。

場所はホテルや料亭を利用することが多いですが、必ず個室を選んでください。

費用や手土産、司会などについても、事前にしっかり分担を決めておきましょう。

婚約指輪、結婚指輪の準備

プロポーズされたら、同時に婚約指輪を受け取っている人もいるかもしれませんね。

これから二人で選ぶという方は、結婚式の半年前までには準備するようにしましょう。

両家の初顔合わせや婚約食事会の際に、婚約指輪をお披露目すると場が盛り上がります。

結婚指輪は、結婚式の当日までに用意すればOKですが、慌てないようにしてくださいね。

指輪を選んでから手元に届くまでに、1か月以上かかることもあるようです。

結婚式の準備

式の日取りが決まったら、遅くとも半年前には準備に取りかかっていきましょう。

なお、プロポーズから挙式まで10か月ほどかけるのが平均的と言われています。

式場、ゲスト、ウェディングドレス、演出、引き出物…その他にも決めることがたくさん!

招待状を送るのが挙式の3か月前くらいなので、それを目安に動いてください。

ブライダルエステを申し込む方は、結婚式の準備と並行して半年前から通いましょう。

新婚旅行の準備

ハネムーンを計画しているという方は、早めの予約を心がけてください。

行き先や日程にもよりますが、人気の海外ツアーなどはかなり予約が混みあう可能性も。

また、余裕をもって予約すれば、早割などのキャンペーンが適用されるかもしれません。

結婚式の準備で忙しくなる前から、旅先の情報収集などもしておくのがおススメです。

もちろん、職場への有給休暇の申請など、スケジュール調整も入念に行いましょう!

職場へ報告

職場への報告は、迷惑をかけないよう、挙式の3か月前までに済ませておいてください。

ここで気をつけなくてはならないのは、最初に報告するのは、必ず直属の上司からです。

仲のいい同僚に早く報告したいという方は、報告前に上司に伝わらないよう細心の注意を。

結婚をきっかけに、退職や新しい働き方を考えているなら、早めに相談しましょう。

結婚式や新婚旅行などで、有給休暇の取得を考えている場合も、できるだけ早く対応を。

友人、親戚へ報告

結婚式の招待状を出すタイミングを踏まえて、お互いの友人や親戚に結婚報告を。

仲のいい親友には、プロポーズされたらすぐ報告するのもOKです。

ただし、独身の友人に報告する際は、言い回しなどに気をつけて伝えましょう。

うかつなのろけ話などは、結婚ラッシュに乗り遅れた友人の心を傷つけてしまうかも。

披露宴での受付や余興、二次会の幹事をお願いする場合は、早めに伝えてくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?

周りから見ると羨ましいプレ花嫁も、実は浮かれる間もないほど大忙し。

こうして見ると、やるべきことが多すぎて、目が回りそうなほどです(笑)

プロポーズされたら、そこはゴールじゃなくて結婚生活のスタートライン。

彼と二人で力を合わせて、結婚という人生の一大イベントを満喫してくださいね♡

Writerこの記事をかいた人

モカ

「みなさんの恋愛が一歩前に進むお手伝いをしたい!」という思いで執筆しています。一番好きな恋愛映画は『ラブ・アクチュアリー』。名前と裏腹にコーヒーはブラック派です。