「程よい距離感」が彼に愛され続けるコツ!恋愛を長続きさせるテクニック

女性って、恋愛に夢中になりすぎると、相手との距離感がつかめなくなってしまうことがありますよね。

好きだからもっと相手を知りたくなるし、自分の気持ちをちゃんとわかっていてほしい。

だから、つい距離を詰めすぎて鬱陶しがられてしまいます。

逆に、嫌われるのが嫌で、遠慮ばかりしているうちに心がどんどん離れていってしまう場合も。

恋愛を長続きさせるのに必要なのは、お互いが「程よい距離感」を意識することです。

今回は、そのために大切なポイントを紹介していきます。

連絡は相手にとっての「ちょうどいい」を見極めて

相手への連絡は毎日するのが当たり前なのでしょうか。

「付き合っていたら当然でしょ?」

そんな風に思っている女性もいるかもしれません。

でも、毎日だと面倒に感じる男性もきっといますよね。

連絡の頻度が多すぎると、話題も尽きて会話を盛り上げるのにも苦労します。

連絡が日常業務になってしまったら、新鮮さも喜びも薄れてつまらなくなってしまうかもしれません。

恋愛に程よい距離感が必要なのはこういった理由からです。

「会えない時間が会いたくさせる」なんて一面もあります。

恋愛が負担になってしまわないように、相手にとっての「ちょうどいい」を見極める必要がありますね。

恋人関係でも発言には気を使ってあげなくちゃ

恋人関係でも、いつ何を言ったって許されるというわけではありません。

触れて欲しくない話題だってあるでしょう。

それに、いつまでもしつこく聞かれたら、好きな女性でもさすがにイラっとしてしまいます。

距離感を見誤ると、恋愛ムードをぶち壊し、ただのデリカシーのない女性に成り下がってしまうだけです。

恋愛を長続きさせるには、相手の反応に敏感でいなければいけませんね。

話の途中に相手の表情が曇ったら距離感を調整しましょう。

自分の言動に問題がなかったかを振り返り、同じ失敗を繰り返さないようにしてください。

でも、一番いいのは最初から発言には気を使っておくことですね。

一人になりたい男の気持ちを理解してあげよう

仕事を必死に頑張っている男性は、家に帰ると一人になってやっとひと息つけます。

そんな時に彼女から連絡があり、長時間長電話につき合わされたとしたらどう感じるでしょうか?

恋人同士でも、四六時中べったり一緒なんて息が詰まってしまいますね。

放っておかれるのは寂しすぎます。

でも、「今は一人になりたい」…そんな時もあります。

理不尽に上司から叱責された後は、じっと一人静かにイライラを鎮め、いつもの自分に戻ろうとします。

仕事で頑張った後は、一人でニヤニヤお酒でも飲みながら、その達成感に酔いしれていたい時もあります。

そんな男の気持ちを理解できてこそ、距離感を計るのが上手と言われる愛され彼女ですね。

長くその恋愛を続けていきたいなら、一方的に一緒の時間を押し付けてはいけません。

甘えすぎる女性は時に男を不安にさせる

女性の中には、好きという気持ちを甘えることで表現しているつもりの人もいますね。

べったり甘えてあげないと、相手は不安になっちゃうと思い込んでいるようです。

でも、本当にそうなのでしょうか?

むしろ、甘えすぎる女性の方が、男を不安にさせているような気もします。

愛されているという自信があるなら、そこまでべったりしなくても余裕でいられるはずですから…。

何度も好きと言ってもらいたがるのは、気持ちを疑われているようで男としては複雑に違いありません。

他の女性の前でくっついてくるのも、そうでもしないとフラっとどこかへ行っちゃいそうと思われているみたいです。

もちろん、そんなつもりがなくても…です。

だから、この恋愛に自信をもってもらえるよう、程よい距離感でドンと構えていることが大事ですね。

人前ではかっこつけたい男の気持ちに合わせてあげて

恋愛で程よい距離感が必要なのは、人前ではかっこつけたくなる男性が実際にいるからです。

2人の時は甘えん坊でも、友達や親が見ている前では自分が主導権を握っていると思われたい!

ささやかな男のプライドですね。

空気が読めない女性は、そんな気持ちも知らず、いつものように彼と接してしまいます。

例えば、普段は可愛らしくあだ名で呼んでくれる彼が、友達や親の前でだけ違うように呼んでくる時です。

急に名前を呼び捨てにしてきたら、「いつもと違うけどどうしたの?」とつっこみたくなっちゃいますよね。

でも、この素直なひと言が男のプライドを傷つけてしまいます。

彼に愛され続けるコツは、時には気づかないフリをして付き合ってあげることなのかもしれません。

「程よい距離感」と遠慮は違う

恋愛を長続きさせたいなら、2人にとっての「程よい距離感」を大切にしたいですね。

恋人関係でも、踏み込んではいけない部分は少なからずあります。

でも、何でも遠慮すればうまくいくというわけではありません。

相手が不安に感じたら、ちゃんと本当の気持ちを伝えて愛情で満たしてあげる必要があります。

はっきりと意見を言って助けてほしい時もあるでしょう。

だから、近づくべきか離れるべきか、彼の言動や状況を見て判断できる女性でいたいですね。

Writerこの記事をかいた人

monshi

恋愛の記事を書きながら、人との向き合い方についていつも考えさせられているわたしです。 恋愛に正解なんてないけれど、いろいろな考え方をわかりやすくお伝えしてヒントにしてもらえたら…。 そんなわたしのささやかな願いを受け取ってもらえたら嬉しいです。