成功率アップ?!復縁を求める時の告白の仕方

失恋・復縁
スポンサーリンク

別れたのにどうしても忘れられない人、誰でもそんな経験があるかもしれません。

そんな時、どうにかして復縁したい!と考えますよね。

「一度別れたのだからもう難しいかもしれない…」と悩むより行動しましょう!

復縁の成功率が上がる告白の仕方について見ていきましょう♪

しつこくしない

一度別れてしまっている彼と関係を戻すには、相手に少しでも「やっぱり無理…」と思われてはいけません。

いくら元カレの事がまだ好きだったとしても、しつこく連絡をするのはあまり効果的ではありません。

嫌いで別れたわけではない場合でも、元カノから何もなかったかのように連絡が来たり、何度も告白されたりすると、うっとうしく思われてしまいます。

誰だって好きでもない人にしつこく言い寄られると嫌な気分になります。

相手は新しい彼女を見つけたり、次のステップに進みたいと考えていても元カノの存在がちらつくと煩わしいと思われてしまいます。

その為、復縁をしたいと望むのであれば、適度な距離感でいる事をお勧めします。

完全に身を引いてしまっては元カレに新しい彼女が出来てしまう可能性も高くなります。

季節の変わり目や、何かのイベントの日、誕生日などふとした瞬間にラインの一通でも入れてみましょう。

「元気してる?」「久しぶり!最近どう?」など当たり障りのないやり取りをしましょう。

そうする事で、相手は「自分の事を気にかけてくれている」と感じます。

別れてしまっても相手への気持ちがあるという事が伝われば、復縁の成功率がアップするでしょう。

友達に協力してもらう

もし、お互いの共通の知り合いや友達がいるのであれば、その人に協力してもらうというのも一つの手です。

直接告白するよりも第三者から、まだ自分の事を好意的に思っているという情報が伝われば、自然と意識してしまうものです。

例えば、「元カノがまだ引きずっているらしいよ」「ヨリを戻したいと思ってるみたい」などと言ってもらうといいでしょう。

本当にあなたの事が嫌いで別れたのでなければ、少しでも心が揺れ動くかもしれません。

共通の友達と元カレの関係性が強ければ強いほど心強いでしょう。

また、何人か共通の知り合いや友達がいる場合は、何人かに協力してもらって外堀からうめていくのも効果的です。

ポイントはあなたが意図的にしているという事が、バレずに伝えてもらうという事が大切です。

あまりに露骨にいろんな人から元カノの話をされると、裏で根回ししていると思われ、いい気はされないでしょう。

本当に落ち込んでいて、未だに忘れられず元カレを想っているという風に伝えてもらうといいかもしれません。

友達として

今までカップルとして一緒に過ごしていたら、再び友達として過ごすなんて考えられないかもしれません。

ですがその後も友好関係を築いて置く事で、復縁の告白も成功しやすくなるでしょう。

普通にご飯を食べに行ったり、買い物に行ったり、あくまでも友達関係だという事を忘れないようにする事が大前提です。

もし、今までの延長線上で体の関係を持ってしまえば、セフレにしかなる事ができません。

男性にとって元カノほど都合よく体の関係を持てる人はいません。

こちらに好意がある事をいいことに、その気持ちを利用されてしまう事もあります。

都合のいい関係になってしまえば、彼女というランクに上がれる事はなくなってしまいます。

甘い言葉に誘惑されたとしても、決してその一線だけは超えないように気を付けてくださいね。

時間を置く

復縁したいと思ってもあなたがフラれている側だった場合、告白したところで復縁するのは難しいでしょう。

いくらあなたが元カレの事をまだ好きで、今までの自分を改めるとしてもすぐに受け入れる事はできません。

お互いに冷静になる為の冷却期間というものが大切です。

あなたに嫌気がさして別れてしまったとしても、時間を置く事であなたと付き合っていた頃の楽しかった思い出や、あなたの好きなところを思い出す事もあるでしょう。

いろいろな事が重なって頭に血が上ってしまい、別れを切り出したという可能性もあります。

冷静になった時に、あなたの大切さや必要性が分かるかもしれません。

くだらない事で怒ってしまったなと反省したり、後悔したりする可能性もありますが、プライドの高い男性だと自分からは復縁を言い出せない人もいます。

時間ってどのくらい置いたらいいの?と思う人もいますよね。

少なくとも3か月は期間を置き、その間は連絡しない方がいいでしょう。

3ヶ月経つと元カレの方も気持ちも落ち着いて、寂しいなという気持ちになっている可能性も高くなります。

そんな時にあなたからの連絡が来ると復縁の告白の成功率もぐんと上がるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

どうしてももう一度やり直したいと思うのであれば、ただ押せばいいというものではありません。

大前提に、別れる原因になった問題は解決しなければ、どれだけ頑張っても難しいという事は忘れないでくださいね♪

失恋・復縁
シェアする
ラブベイト