お正月の「あけおめメール」で男性が喜ぶLINEメッセージ6選

お正月といえば「あけおめメール」ですね。気になるあの人にどんな内容でLINEをしようかな…と今からドキドキしているかもしれません。

今年を振り返って感謝の気持ちを伝えるのも良し、来年も仲良くして欲しいと気持ちを伝えるも良し!

ただし、男性が喜ぶ内容じゃないとただの連絡で終わってしまいます。それじゃ勿体ないですよね。

そこで、女性から送られてきて嬉しいと思うLINEメッセージは何なのか、6つご紹介します。

ちなみに、この方法は片思い中の女性も、恋人がいる女性にも使えますよ。ぜひ、試してみてください。

午前0時丁度にメッセージをする

1月1日午前0時に送られてきたメッセージは、特別な意味を持ちます。

遠距離恋愛で気軽に会えない人、好きな人はいるけど会う口実を作れなかった人など、カウントダウンを好きな人と一緒に過ごせなかった女性もいるはず。

だからこそ、「誰よりも早く」おめでとうを伝えたいという気持ちがこのLINEから伝わってきます。特別な人でなければ、そもそも午前0時丁度に送りたいとは思いません。

男性もこうした女性の気持ちをわかっているからこそ、恋人同士ならより彼女のことを愛おしく感じられて、恋人ではない女性の場合でも「ドキッ」とするはずです。

自分に好意を寄せてくれているのかな?と少しずつあなたの気持ちに気づいてくれるはず。

お正月のLINEをきっかけに、彼もあなたを意識し始めるかもしれませんね。

素直な気持ちで「去年はありがとう」と伝える

あけおめメールの定番といえば「去年はありがとう」です。

ありがとうの言葉と共に1年を振り返るメッセージがプラスされていると、彼とあなたの楽しい思い出が甦り、また会いたいな遊びたいなと思ってくれます。

また、新年のお祝いメールだからこそ、日ごろの感謝の気持ちを伝えやすいというもの。

なかなか口に出して言えてなかった「ありがとう」を伝えることは、あなたはもちろん男性にとっても幸せなことです。

だからこそ素直な気持ちでありがとうを伝えてみましょう。

「今年も頑張るあなたを応援したい」と激励する

お正月を迎えると、新たな気持ちで頑張りたいと思う人も多いはず。

新年一発目のLINEが、男性を応援する内容だとしたら、彼も「よし頑張ろう!」「力づけられる!」と喜んでくれるはず

とくに、片思い中の女性は積極的に彼の夢ややりたい事を応援することで、彼との距離も縮まりやすくなりますよ。

「○○君へ」と彼だけに向けた内容を送る

テンプレートメッセージほど気分が萎えるものはありません。それがたとえ、年賀状代わりのあけおめメールだとしてもです。

友達に一斉送信できるように作られた内容はとても平凡なので、彼もサッと目を通して終わってしまいます。

テンプレではなく、「○○君へ」「○○君明けましておめでとう」と彼のためだけに考えた内容を送るのがおすすめです。

ちょっとした事かもしれませんが、この小さなことが一瞬にして脈ありになるか、脈なしになるか変わってしまうもの。

好きな人に想いを届けたいなら、こうしたひと手間を惜しまないで試してみてください。

彼の好きなキャラクターのスタンプを添える

メールで好印象を持ってもらうために必要なのが、相手の好みに合わせるということです。

そこで、注目してほしいのがLINEのスタンプです。
使うシーンやキャラクターなど何万個もある中で、彼がいつも使っているスタンプがあるはずです。

あけおめメールと一緒に彼の好きなスタンプを送ると、「あ!同じやつだ!」と盛り上がってくれるはず。そして、わざわざ同じやつを買ってくれたんだと喜んでくれるでしょう。

あなたも、彼が自分の好みのスタンプを送ってきてくれたら嬉しいと感じませんか。

「あ!彼と好みが一緒だったんだ」とついつい嬉しくなっちゃうはず。

お正月も「会いたい」を匂わせる

片思い中だと、お正月休み中は会いたくてもなかなか会うことができません。

何かきっかけがあれば…と思っているあなた。

そんな時は、あけおめメールで「今年もいっぱい遊ぼう!」「お正月は暇してるからいつでも誘ってね」と会いたいということをメールで匂わせておきます。

男性は女性からのお誘いを純粋に嬉しいと思ってくれるもの。片思い中の女性はこのきっかけを逃さないようにしましょう。

また、恋人同士なら「会いたい」というフレーズは、恋をより加速させてくれます。彼にしっかりとあなたの愛情表現が伝わるので、恋も冷めにくくなりますよ。

あけおめメールで彼を喜ばせたいあなたへ

メールでは声の大きさもテンションも、言葉の強さもダイレクトに伝わりません。

だからこそ、スタンプで色々な感情を表現できるLINEで「あけおめメール」を送ると、彼に気持ちが伝わりやすくなります。

年賀状のように「明けましておめでとう。今年もヨロシクね!」だけで済ませるのではなく、今年は愛情がこもった「あけおめメール」を送ってみましょう。

Writerこの記事をかいた人

しょこ太

生まれも育ちも大阪。関西人ならではの笑いと鋭い切り口で恋愛コラムを執筆中。 「恋愛初心者さんにもわかりやすく」をモットーに、自身の恋愛経験や失敗談などを含めてご紹介しています。 読んだ後にくすっと笑えて、なるほどと思ってもらえるような、楽しくキャッチーなコラムをお届けします。