指輪なしのプロポーズってぶっちゃけアリ?ナシ?

女の子なら一度は夢見たことがある、結婚式やプロポーズのシーン。

好きな人のそばに永遠にいられるなんて、想像しただけでうっとりしてしまいますね。

だけどもし、恋人が指輪なしでプロポーズしてきたとしたら…。

あなたは不安になりますか?それとも気にしない?

恋人同士から夫婦になるためのプロポーズのとき、指輪なしってぶっちゃけどうなんでしょう。

今回は指輪を買ってくれない彼氏との結婚をテーマにしました。

「指輪なし」でも夫婦は夫婦

プロポーズ時に指輪なしだったとしても、当たり前ながら結婚生活を送ることはできます。

すでに既婚者であるまわりの夫婦を見てもわかるように、男女ともに指輪をしていない夫婦はたくさんいます。

別に婚約指輪なんて要らない、結婚指輪も必要ないという考えを持つ女性というのは、そんなに珍しい存在ではありません。

家事の邪魔になるから指輪なんてしないという人もいますし、仕事にバリバリ燃えている女性の中には指輪は仕事の妨げになると言う人もいます。

宗教的に薬指に指輪をすべきという方でなければ、結婚に向けて指輪を用意する義務はありませんね。

そういう視点で答えを出すなら、指輪なしのプロポーズは「有り」だといえます。

証(あかし)を大切にするカップル

指輪を買う義務はないにしても、それはそれとして「やっぱり結婚に向けて、指輪くらいは欲しい」と考える人も多くいます。

最近では女性だけでなく、婚約後や結婚後にふたり揃って指輪をする男女も多くなってきています。

ふたりにとって一番大切なのはもちろん『愛』です。

でも、その愛を表す『証』も同じように大切だという価値観を持つカップルもいます。

左手にきらりと光る指輪を見る度、彼の愛を感じるのは女性にとって最高に幸せなことですね。

指輪は、婚約者(夫)の愛を何度も感じさせてくれるものです。

また、指輪に気づいた女友達から羨ましがられたり冷やかされたりするのも、これまた女としては嬉しい出来事だったりします。

付き合ってるとき、誕生日に指輪やアクセサリーを買ってもらった経験がある女性は多くいるかと思いますが、結婚に向けて彼が用意してくれる指輪というのは格が違います。

なぜなら、ふたりの関係を『恋人』から『夫婦』へと発展させていきたいという彼氏の気持ちがこもっているからです。

どこにお金をかけたいか

結婚にお金がかかるのは今さら説明するまでもないですが、全てにMAXでお金をかけるのは不可能というのが多くのカップルが抱えている問題です。

彼氏とあなたの価値観は?

  • 生活費のことを考えて、できるだけ結婚前は出費を抑えておきたい。
  • 盛大な結婚式を挙げたい。
  • 新婚旅行に思い切ってお金を使いたい。
  • 新居と引っ越しに多めに予算を取りたい。

一口に結婚といっても、結婚生活をスタートさせるまでの道のりはカップルによって違います。

結婚式と披露宴が何より楽しみというカップルもいれば、挙式には興味がなくて新婚旅行を楽しみにするカップルもいます。

いくらでもお金が用意できるのであれば、あれもこれもパーフェクトに計画すれば良いのでしょうが、限られた予算の中ではふたりが『何に価値を置くか』を決めていくことが重要なポイントとなります。

マリッジブルーという言葉があるように、結婚直前になって気持ちが沈んでしまう新婦は世界にたくさんいます。

結婚ぎりぎりになって「こんなはずじゃなかった…」「もっとこうしてほしかったのに…」と思わなくていいように、ふたりでお金の使い方を決めていくことをおすすめします。

「ふたりだけの問題じゃない」という考え方

結婚すれば、ふたりは赤の他人ではなくなります。

籍を入れるということは、同じ戸籍にふたりの名前が並ぶことになり、法の下において家族になるわけですね。

そうなると、黙っていられなくなるのが両親です。

全ての親が結婚に対して口を挟んでくるとは限りませんが、子供を可愛がって育てた人ほど色々言いたがるのが世の常です。

当の本人たちよりも両親がワクワクしてしまって、頻繁に連絡してくるというのもよくあることです。

この場合、実際に結婚計画が本格化していく時期には、「ああ、面倒臭い…」「私たちだけで計画したかったのに…」と思うことが何度も何度も訪れます。

そこで是非、50歳に程近い筆者からおすすめしたいことがあります。

それは、結婚についてあれこれ両親が口を出してきたなら、その親を上手に利用した方が良いという考え方です。

「結婚式はちゃんと挙げた方がいい」とか「指輪は大事だよ」と言ってくる親は、まるで自分たちが結婚するかのように色々夢見ますので、しゃべっているうちに金銭的に援助したいという気分も高まってくるものです。

花嫁の衣装選びのときに親を連れていったら、元々考えていた予算の数倍の衣装を借りることができちゃったという逸話は、あちこちに存在します。

キーワードは「せっかくだから」です。

親というのは、可愛い子供に対し、せっかくだからという気持ちになりやすい生き物なのです。

  • せっかくだから指輪くらいちゃんと用意しようよ。
  • せっかくだからお色直しもした方がいいよ。
  • せっかくだから結婚式にはたくさん友達を呼んであげなよ。

親は面倒臭いものです。

結婚式に対する考え方も古かったりダサかったりします。

けれど、子供を応援したいという思いだけは誰より強く持っています。

思いが強い親ほど、結婚に向けて財布のひもが緩くなります。

結婚する意志が固まったら、互いの親と上手に関わりましょう。

きっと、左手には素敵な指輪が輝き、大勢の友達に祝福されることでしょう。

業界人のセリフ

最後に結婚式に携わる業界人から聞いた話をご紹介します。

業界人とは、ホテルの結婚担当者やMC(司会者)、ウエディングプランナーなどです。

若い男女が一人前に婚約指輪を用意したり、結婚の準備をするのが大変だということは、業界人は熟知しています。

しかし、色んな形のゴールインを見てきた彼等が言うには、チャペル前での指輪交換という花嫁の夢を実現させたり、頑張って自分たちなりに結婚式や披露宴を挙げた男女というのは、婚姻関係が持続する確率が高まるそうです。

ゴールインと言いながら、結局は結婚というのはスタートです。

ふたりの意志で夫婦としてスタートする大事な『節目』において、両親や友達の前で愛を誓い合った男女というのは、その後の結婚生活で大喧嘩した場合などに、「あの日のことを思い出す」のだそうです。

  • あんなに大変な目をして結婚を実現させたのに…。
  • あんなにたくさんの人に祝福してもらったのに…。

原点を持つふたりは、そう簡単に別れないということなのでしょう。

結婚への道は千差万別です。

指輪があってもなくてもプロポーズや結婚はできます。

まずは彼とあなたが何に価値を置くか。

そして、両親や友達の顔を思い浮かべてみる。相談してみる。

段階を踏みながら、徐々にふたりらしい結婚を形にしていけるといいですね。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。