2018年も彼と一緒!愛が深まるカウントダウンの過ごし方

彼氏持ちの女性にとって、今年最後の重大イベントがいよいよ近づいてきましたね。

もちろん、『恋人と一緒に年越し!カウントダウン!』です。

白い息を吐きながら、ふたり肩を寄せ合ってその時を迎える…。
2017年から2018年へ、愛する人と共に。

想像しただけでテンションmaxではないでしょうか。

皆さんはもちろん、大晦日の彼氏の予定、押さえ済ですよね?『ヤバい、予定まだ訊いてない!』という人は、ラブベイトを読んだら、彼氏に連絡しましょうね。

『カウントダウンの過ごし方』オススメ7選!

大晦日の日はいつも、何とも形容しがたい不思議なムードが漂いますね。何となくみんながそわそわして、落ち着きがなくなります。

ここでは、カップルに人気があるカウントダウンの過ごし方をご紹介します。

テッパン中のテッパンは

毎年、『カウントダウンはここで』というランキングで必ず上位に入るのは、やっぱり有名どころのテーマパークです。

まばゆいほどの光の中で、彼氏と手をつないで「3、2、1、ゼロー!」と叫ぶ体験、今年こそどうですか?

関東圏であれば、やはりディズニーランド・ディズニーシー。どちらも「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」が販売されます。関西圏ならやっぱりUSJでカウントダウン!が大人気です。

なお、地方の小さい遊園地でも、大晦日は深夜営業していることがありますので、穴場かも知れませんね。

深夜の白銀の世界で花火

リゾートホテルに宿を取り、スキー場で花火を見ながらみんなでカウントダウン!というのも盛り上がります。

白銀の世界に打ち上げられる花火は、街で見る花火とは異質ですよ。寒くても彼氏がそばにいてくれれば平気という女性にオススメです。

まったりカウントダウン

カウントダウンはまったりしたいという人には、お家でまったり大晦日が最適。

ふたりでコタツに足を突っ込んで、鍋を囲みながら超盛り上がるテレビ番組を見まくるというのも、楽しいものです。

自宅なら、行列に並ぶことなく年越しそばも食べられます。お酒が進みそうですね。

温泉付きホテルでカウントダウン

まったりしたいんだけど、家だとくつろぎ過ぎて寝ちゃう…という人は、温泉付きのホテルで過ごす大晦日がオススメです。

刺身や肉に舌つづみを打ちながら、ふたりでまったりカウントダウン。もちろん年越しそばも食べられます。

ただし、年末・年始は宿代が最も高くつく時季ですのでご容赦を…。

カウントダウンジャンプ

大晦日の夜は、水族館も営業しているところがありますよ。カウントダウンに合わせて、イルカの大ジャンプの催しを見られるなんて、貴重な体験です。

日本各地の水族館でいろんな企画がありますので、『水族館・カウントダウン』と検索してみましょう。

光のページェント

「仙台の“光のページェント”は最高にロマンティック!」と言うカップルが多いことをご存じでしょうか。

きらきらとした光りの国のような世界で、彼氏と過ごすカウントダウン。『SENDAI光のページェント』が公式ページです。

大晦日は24時まで開催です。もちろん、宮城県だけでなく多くの地方で、大晦日だけは深夜までライトアップしている街がたくさんありますので、こちらも要チェックですね。

カウントダウン・サプライズ

誕生日やクリスマスはサプライズが付きものですが、年が変わる瞬間にサプライズというのもカップルでは定番です。

あなたなら、どんなサプライズプレゼントを用意しますか?思い切って、『逆プロポーズ』なんてどうですか?

「実家に帰る」と言う彼氏の説得法

もしも彼氏が、「年末年始はいつも実家で過ごしてるから、今年も帰る」と言ったら、どう説得するのかも考えてみましょう。

『ゴネる・強引に押しきる・泣く』の3つはNGです。そういう行動を取ると、盛り上がる大晦日も盛り上がらなくなりますね。方法を2つご紹介しておきます。

両方の顔が立つ提案

カウントダウンはふたりで過ごすことをお願いし、翌朝から実家に戻るという提案をしてみます

そうすれば、彼氏は彼女の顔も親の顔も立てることができますね。

「お正月まで一緒にいてとは言わないから、カウントダウンは一緒にやろうよ」と可愛く甘えてみてください。

実家に向かいながらカウントダウン

彼氏の実家の方面にふたりで向かい、途中の土地で1泊するという方法です。

年が変わる瞬間はホテルで過ごし、翌日チェックアウトしたら、実家に向かう彼を見送ります。

ただし、大晦日に行き当たりばったりでホテルを見つけるのは困難を極めますので、事前に彼氏と相談して予約を入れておきましょう。

年越しそばはお熱いのがお好き?

皆さんのご家庭では、年越しそばは『熱いそばを食べる派』ですか?

この質問をすると、熱いそばを食べる地域の人は「熱いそばに決まってる!」と言います。

でも、冷たいそばを食べる地域の人は「熱いそば食べる派の人なんているの?」って言うんです。

意外なようですが、冷たいそばで年を越す土地が結構あります。たいていは寒冷地の『そば処』と呼ばれている土地です。

遠距離恋愛をしている人で、「それ、わかるー!」と言う人もいるかも知れませんね。

まとめ

彼氏とカウントダウンしたときに、『やっぱり俺の彼女はきれいだな…』と思ってもらえるように、今日から自分磨きを頑張りましょう

恋する女子にヒマはありません。
愛され女子は努力に支えられて出来上がっていくのです。

Writerこの記事をかいた人

リヤ・あーりーばーど

執筆スタイルは、あるある言動の事例展開とテレビ番組などの部分抜粋からテーマにズームインしていくこと。 「人生1回しかない」が口癖。 やりたいことは是が非でもやり抜く、しぶとさが強み。 結婚経験は2回。 シングル時代、子連れでハワイ暮らしをしていたことも。 今は雪山が見える森の中で執筆生活中。 夫は経営者、妻はフリーランスで働き、お互いがやることに関与しないし干渉もしない。 自由奔放で、再婚15年の今もラブラブ。